花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本恭司WILD FLAG 2011/12/16高円寺ShowBoatライヴ報告

先週12/16(金)に山本恭司さんのWILD FLAG高円寺ShowBoatのライヴに行きました。
山本恭司さんはガルネリウスのギタリストSyuさんのお師匠さんでもあります。
そして、ずっと昔から大好きなギタリストの一人です。


なかなかレポを書く時間がなくて遅くなってしまいましたが、レポというよりは報告です。
しかも、昨晩やっと書き終えてブログにUPしようとした寸前に突然PCがブチギレて、全てチャラになっていしまい大ショックでしたが、気分を入れ替え新たに書き直しました。


今回の恭司さんのライヴは12/6のShowBoatでの宮原学さんのライヴで知り、急遽行くことを決めたのでした。
このShowBoatであるなら、ぜひ観たいと。
どうやら、今年はここでWILD FLAGは何度かライヴを演っていたようです。


山本恭司WildFlag高円寺ShowBoat20111216
WILD FLAG(山本恭司V&G・満園庄太郎B・満園英二Ds)
高円寺ShowBoat
19:00OPEN  19:30START  adv.4000円 door.4500円
高円寺ShowBoat  http://www.showboat.co.jp/


<ライヴ前>
ライヴに向かい高円寺の駅に降り立った際、念のためにFacebookを見ると、宮原学さんが恭司さんのWILD FLAGのリハを觀に行っていて帰宅したばかりの報告があり、恭司さん達と撮った写真もFacebookにUPされていました。
ひゃ~~!なんだぁ!宮原さんとニアミスじゃありませんか!会えずに残念!!


高円寺ShowBoatに着くと、もう開場後時間が経っていたので予想通り混雑!!
さすがに男性客も多い。
早速、Facebookでお友達をさせて頂いている音楽評論家の大野祥之さんがいらしたので、お声をかけて少しお話しする。
大野さんが今日ここに来ることは事前に知っていましたが、実際にお会いするのは初めてでした。
そうこうしているうちに、恭司ファンのお友達にも会うことが出来ました。


私は恭司さん及びWILD FLAGのライヴは初めてですが、当然どちらもずーっと以前から知っていますし、恭司さんについては遙か昔から好きです。


Wild Flag高円寺ShowBoat告知看板20111216 高円寺ShowBoat  WILD FLAG 告知看板

<ライヴ>
遅く着いたので後ろの方にいましたが、ステージ近くは椅子席で殆ど女性が座り、後方はスタンディングで男性も多く、これではあまり見えません。
始まる寸前に、お友達を誘って図々しく隙間から前の方に移動
これでかなり近く、良く見えます!!


開演時間を10分位押しての登場で、姿が見えるなり「うぉぉぉーーーっ!!」の凄い歓声に迎えられる。
座っていた前列も全員スタンディングになり、拳を振り上げ凄い熱気!!
いつもの恭司さんだ!!実際にステージで観ると、映像で観るのとはやはりオーラが違う!!


ヒョウ柄系の黒っぽいベルボトムに同様のタンクトップ、黒い小さめのハット。
WILD FLAGのベースの庄太郎さんは身長181cmあるイケメンで、恭司さんと絡むとステージが狭い狭い!
ドラムスの庄太郎さんの兄、英二さんはパイレーツ・オブ・カリビアンの目の周り真っ黒のメイクでかなりウケていました。
英二さんのドラムスの音を半端無くズシズシ全身に頂きました!!
ローディーの方のお一人も同じアイメイクで、あまり似あっておらず、それが逆にウケていました。


宮原学&Wild Flag高円寺ShowBoatリハ20111216 ShowBoat 当日リハのWILD FLAG と宮原学さん


WILD FALGの曲は知らないのですが、恭司さんのあの感じなので、全て大好き!ノリまくりました!
途中で、パープルの「ブラック・ナイト」、ZEP「ハート・ブレイカー」「天国への階段」をちょっとずつ織り交ぜメドレーにした部分もあり、好きな曲だらけで、ますます私はハイテンション♪
みんなも凄いノリです。(ただし、メタルの時のようなヘドバンはない)


ステージの脇にあるやや高い台に乗ってお客さんを煽りながら弾いたり、ステージ・センターの淵ギリギリで弾いたり、こんな間近でこんなに熱いライヴを観られるなんて嬉しすぎます!!


庄太郎さんも煽る!煽る!
アンコールの頃だったか?庄太郎さんがWILD FLAGの大きい旗(FLAG)で客席をザザーーッと低く煽ること数回!!
これは盛り上がります!腰を低くした私の頭の上もにも旗が通過しました!


アンコールは3回あったような気がしたのですが、十分バッチリ堪能させて貰いました。
三人仲の良いバンドって感じが伝わって来ました。
指弾きベースの庄太郎さんも、キャラを含めて良かったです!!
特に最後の最後はジミヘンの「パープル・ヘイズ」、爆音の中、盛り上がりは最高潮!!
私の大好きな曲で最後を締めて貰いました。


男女比は女性の方が多かったですが、男性も積極的で熱気ムンムン!!
これはまた行きたくなるライヴです!!
私は、こういうハードロックが昔から好きなんですよね~♪


恭司さんのギターの音と音の隙間にあるロックの心を聴く・・・。
そして、スリーピース・バンドの絶妙な音のバランスと連帯感。
2時間超のライヴを丸ごと楽しみました!!


<アコギ・コーナーと数字のコーナー>
中盤では恭司さんのアコギコーナーで、座ってアコギに持ち替えます。
「ずーっとエレキばかり演ってきましたが、この頃アコギも弾きたくなりました」と恭司さん。
最初の「ボロロン♪」(こんな表現しか出来ないけど)の音で私は一気に堕ちました!!
WILD FLAG の曲のようですが、いいです!染みこみます。
アコギの良さがしっかり伝わります。


後半は「今日初めての人!?」と手を挙げてもらって、初めての人に数字の1~7までの好きな数字を言って貰い、その数字の組み合わせのコードの曲をやりました。
数字が決まって、ヒソヒソちょっとメンバーが相談して、「バラードとハードな曲とどちらがいい?」とお客さんに聞いてハードな曲になりました。
ちょっと打ち合わせしただけで、すぐ演ってしまうのがまた凄いし楽しい!
数字の「7」までなのに(ドレミファが7までだから)、「8」を言ってしまった人とか、お客さんとのやり取りも楽しかった♪


山本恭司 山本恭司さん


<恭司さんと庄太郎さんのMC>
アコギ・コーナーの時だったか?恭司さんが一人ステージに居てMC中、「おい!楽屋の声がここまで聴こえてきてうるさいんだよ!(笑) 庄太郎の声が聴こえてくるんですよ!ね?聴こえるでしょう?」とお客さんに話しかけたり・・・(笑)


恭司さんが、最初BOWWOWに入った時、ギタリストで後から入ったので、ギターだけやっていればいいと思っていたら、歌も歌うことになってしまい、最初のレコーディングの時の曲は凄く下手だった・・・のような話をされました。


語り口のソフトな恭司さんが主にMCをされましたが、ベースの庄太郎さんとのやり取りがめちゃくちゃ楽しい♪
「庄太郎がこんなに喋ったの初めてだよな!」と、恭司さん。
庄太郎さんの好青年風明るいキャラと、落ち着いたソフトな恭司さんとのやり取りが絶妙!!好感度抜群!!


庄太郎さんについては物真似も上手!
天国への階段」の演奏ではZEPのロバート・プラントの声に似ているわ!ポーズも似ているわ!感動!!
庄太郎さんについては、演奏以外のことで多く書いてしまいました、すみません(苦笑)


庄太郎さんは他にも、昨年の紅白歌合戦で登場して来るシーンの矢沢永吉さんも!そっくり!!
「あんまり真似しちゃ、イケナイんでしょうけど・・・(笑)」とおっしゃってましたが・・・。
「紅白を観ていたら、(矢沢さんの)隣に恭司さんが何気にギター弾いているのが映ってビックリしましたよ!」と庄太郎さん。
恭司さんは笑いながら無言。
「恭司さんはすでに紅白に出たけど、今度はWILD FLAGで紅白に出たいっすよね?!」と、庄太郎さん。
やっぱり皆、紅白に出たいんだぁ!そうですよね!


そんな紅白に出たいWILD FLAGは、来年結成20年(20周年?)だそうです。
いつまでも若造みたいな庄太郎も、ベテランの域になってきたし・・・みたいなニュアンスの恭司さんの話もありました。


それぞれのライヴを告知するコーナーでも、たっぷりスケジュールを紹介。
恭司さんは年内ライヴ続きでお忙しいようです。
庄太郎さんも、別にやっているバンド、サーキット9のことを、「まだまだ皆さんの応援が必要なバンドなんで、宜しくお願いします!」とアピール。

3757CIRCUIT9 2012129ShowBoat    CIRCUIT9アルバム
             CIRCUIT9


<ライヴ終了後>
熱いライヴの熱気に包まれたまま、お客さんもまだそのまま居残っている。
私もビールを追加で飲みながら、かかっている曲はZEPの1stアルバムで超ゴキゲン!!
恭司さんのセレクトなのかどうか?


再び、大野さんを見つけて色々お話しを・・・。
iPhoneから美人の奥様の写真や話題の愛犬の写真を見せて頂いたり、素敵可愛いKISSのイラストのバッグから、レアグッズを見せて頂いたり、一緒に写真も撮って頂きました!


そうこうしているうちに、メイクを落とした英二さんがかっこ良く楽屋から出てこられたり・・・。
庄太郎さんが終演後訪れたと思われる奥様と、可愛い娘さん二人と手を繋いで・・・。
2~4歳と思われるとても可愛い娘さん二人は、ステージのドラムスを叩いて遊んでいました。
大野さんとお話していたら、恭司さんがやってきて、大野さんと私のすぐ横でお話しが始まりました。


閉店頃までいて、一般客は出るように言われた頃、お友達が恭司さんと握手。
私も続けて握手して頂き、Facebookで「いいね!」を貰えてうれしかったこと伝えると、ニッコリされる。

Wild Flag高円寺ShowBoat入り口階段21111216 ShowBoat  入り口階段


<大野さんとカレー屋さんへ>
店を出る時、友達と大野さんと一緒で、大野さんが食事に誘って下さる。
大野さんが一度行ってみたかったという高円寺駅南口近くのカレー屋さん「花菜」へ。
インド系の方のお店で、お値段も安い感じ、皆同じサラダと漬物が付いたセットを注文。
それ程辛くなく、大きな鶏肉がゴロンゴロン入っていて、美味しく頂きました。
うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。

Wild Flagのあとで高円寺カレーの「花菜」で食事20111216 高円寺南口カレー屋「花菜(カーナ)」


ここでも、音楽の話だけでなく、色々三人でお話して、楽しい時間を過ごしました。
Facebookで早くからお友達をさせて頂いていた大野さんですが、今日リアルにお会いして、お食事までご一緒させて頂けるとは!!有難いですFacebook。


とても寒く、夜になってますます冷え込んでいましたが、温かく楽しい夜でした。



WILDFLAG - WILDLAND
http://www.youtube.com/watch?v=pjkzMT3kvBw

Purple Haze/WILD FLAG(Live Ver.) feat.Kyoji Yamamoto
http://www.youtube.com/watch?v=xts4fJ6ldds


山本恭司Facebook
http://www.facebook.com/kyoji.yamamoto

BOWWOWオフィシャル
http://www.wildland.co.jp/bowwow/

満園庄太郎オフィシャル
http://www.shotaromitsuzono.com/


NHKTV 5/29 BOWWOWライヴを観た!
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-465.html


[ 山本恭司 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-47.html

[ 好きな邦楽 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-25.html

スポンサーサイト

Comment

本物 

これは、本当に本物の音楽家達、コンサート、お客さんですね。そして、大人の。えすえさんがぴったりはまっているのが伝わってくる。私の感覚でも、こういうのがぴったりです。家族ぐるみとか、人間が躍動してます。こんな風に音楽で生きていける才能のある音楽家は幸せだと思いました。PCこわれて書き直して、書く方は大変だったと思いますが、細かいところとかが整理されてよくなっているのでは?などと勝手なことを思いながら読みました。流れがすごくいいです。こういうコンサートに、定期的に行けると、いいでしょうねえ、と思いながら楽しく読ませていただきました。
  • posted by 三枝 
  • URL 
  • 2011.12/23 01:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

>三枝さん
う~ん!歳は大人ですが、中身がミーハーで
年齢のように大人になっていませんで・・・(汗)
この報告も作文状態ですし、音楽の話は殆どないし・・・お恥ずかしい限りです。
ただ、こういう感じだったということを想像して頂ければと・・・。

音楽は昔から好きで、こういうライヴハウスには、遙か昔からよく行っていました。
それが最近、復活してきたという感じですね。
ホールでのライヴと違って、人間の手作り感、
生の声、音がしっかり伝わる場ですね。
特にここはミュージシャンの方々とも直接触れ合えるお店で嬉しいです。
読んで下さって、お褒めの言葉も下さって、ありがとうございます!!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.12/24 01:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。