花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー五輪閉会式にニール・ヤング出る!!

NHKの夜のニュースの五輪閉会式を何気なく観ていたら、聖火が徐々に消えていくシーンにかぶさるように聞き覚えのある声が・・・。
もしや、カナダ出身のニール・ヤングでは??あの特徴のある声は、もしや??

我が家のD音楽評論家にこのことを伝えるも、「そんなはずないだろう?!」と一笑されました。

開会式ではカナダ出身のジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」がしっかり使われていてとても良かったのでした。
ジョニは体制派だから使われてもおかしくないけれど、ニール・ヤングは反体制だから出るわけないと、D評論家の弁。
でも、あの声は・・・。

で、念のためにネットで検索したら、やはりニール・ヤングが出たのでした!!
しかも、会場でギターとハーモニカを吹きながら歌ったらしい。
やっぱりそうだったんだ!!

北京五輪の閉会式には次のロンドン五輪への橋渡しとして元ツェッペリンのジミー・ペイジがギター演奏したし・・・。
今や、「そんなことあるわけない」のロックの大御所がこうして五輪にも登場してくるのですね。
なんだか、良いのか悪いのか、それにしても、感慨深いものがあります。
時代は変わったのですね。

閉会式の模様は一部、職場のTVで観て、まるでショーだなぁと思いましたが、あいにくニール・ヤングのシーンは観ていません。
ニュースで歌声を一瞬聴いただけなので、ぜひ、どこかの局でまたやってくれたら、しっかり観たいものです。

ニール・ヤングといったら、「After The Gold Rush」(1970年)も良いですが、私はやはり「孤独の旅路」が入っているアルバム「Harvest」(1972年)が最も大好きです。

私が若かりしあの頃、いつも出入りしていた西荻窪のライヴハウスで、皆で声を揃えて歌った「孤独の旅路」が懐かしい・・・。
皆で歌ったって言うのも、今思うとかなり変だったかも(笑)

 

 「HARVEST」ニール・ヤング                            「青春の光と影」ジョニ・ミッチェル
「Harvest」ニール・ヤング(1972年)  「青春の光と影(Clouds)」ジョニ・ミッチェル (1969年)

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。