花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の音楽遍歴11 1967年頃からGSの影響で洋楽を聴くようになる

前回、1967年頃のことをGSを中心に書きました。
この頃の私と音楽との関わりについては、あまりに様々なことが多すぎて、書くのに整理がつきにくくて困ります。

今回はGSと関わりある洋楽について書いてみます。

GSの出会いと共に、ラジオの音楽番組をよく聴いていたため、GSの影響から洋楽にもかなり耳を傾けるようになりました。

たとえば、カーナビーツの大ヒット曲「好きさ 好きさ 好きさ」は言わずと知れた洋楽のカヴァー曲です。
では、本家の洋楽の方はどんな曲だろうかと聴くわけで、カーナビーツのこの曲がヒットしていたため、ラジオでも本家の曲をよく流したりしていました。
「好きさ」の本家はゾンビーズで、私はカーナビーツの方がインパクトがあって全然良いと思いました。
ドラムスのアイ高野がスティックを耳に当てシャウトする、あの振りとちょっと甘えたあの声は、当時とんでもないインパクトでした。

カーナビーツはその後も「オーケイ!」(デイヴ・ディー・グループ)や「オブラディ・オブラダ」(ビートルズ)などのカヴァーもやっていました。

またデイヴ・ディー・グループは鞭の音で有名な「キサナドゥーの伝説」(1968年)で大ヒットするのですが、この曲はジャガーズがカヴァーしました。

「好きさ」の本家、イギリスのバンド、ゾンビーズは「シーズ・ノット・ゼア」が1964年に全英で大ヒットしたようですが、日本では後に「二人のシーズン(Time Of The Season)」の大ヒット(1969年)で有名です。
この曲は私の大好きタイガースもステージでカヴァーしていました。

またテンプターズの「今日を生きよう」はショーケン(萩原健一)のリードヴォーカルで、デビューシングル「忘れ得ぬ君」の裏面の曲ですが、グラスルーツというイギリスのバンドの曲でした。
裏面の曲でも、これはショーケンが歌っているせいかラジオやTVでもテンプターズで頻繁に聴くことが出来ましたし、本家の方も時々ラジオで流れました。
これもテンプターズの方が私は良かったです。

こうした関わりから、私は洋楽も聴くようになっていきました。

この頃、GSはイギリスのバンドの影響を大いに受け、イギリスのバンドは大御所、ビートルズやローリングストーンズは勿論のこと、日本の音楽ファンにも、とても大きな影響を与えていました。
当時はアメリカのヒットチャートとイギリスのヒットチャートの両方のランキングが音楽雑誌に載っている時代で、両国ではランキングが大いに異なっていました。
現在は殆どアメリカの音楽市場中心で、アメリカのビルボード・チャートが世界の音楽を動かしているようですが、この頃は違いましたね。

そうそう、イギリスのグループとして「ダンス天国」(1967年)などの大ヒットを持つウォーカー・ブラザーズも忘れる事が出来ません。
ウォーカーズ三兄弟は今で言うイケメンのポップ・ヴォーカルグループでした。
GSが揃う日劇ウェスタンカーニバルなど、大勢が揃うと必ず全員でこの曲を歌うってこともしばしばありました。

タイガースやテンプターズはローリング・ストーンズの影響を強く受けていて、TV番組「ヤアヤア・ヤング」などでは両グループでのストーンズ合戦、ストーンズ・メドレー、ビートルズのカヴァーなども人気を呼びました。

こうして、私はいつのまにか洋楽にもハマって行きました。

 

   ウォーカー・ブラザーズ
     ウォーカー・ブラザーズ


私の音楽遍歴(幼少期~小学校3年生位まで)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-29.html

私の音楽遍歴2(小学校高学年)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-30.html

私の音楽遍歴3(小学校高学年その2)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-33.html

私の音楽遍歴4 加山雄三(中学1年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-39.html

私の音楽遍歴5 布施明(中学1年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-40.html

私の音楽遍歴6 徐々にグループサウンズへ傾く(中学1年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-43.html

私の音楽遍歴7 グループサウンズブーム到来(中学2年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-55.html
 
私の音楽遍歴8 1966年~1967年頃好きだった曲(中学1~2年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-58.html

私の音楽遍歴9 あまりに早く亡くなったGSの人達
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-59.html

私の音楽遍歴10 懐かしい音楽やGSのことを思い出しながらも・・・
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-60.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。