花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルネリウスPV「FUTURE NEVER DIES」が本日解禁!&ディスク・ユニオン・アルバム評

本日、2つ目の記事です。

VAPからとうとうPVが来ました~!!
10/5発売ガルネリウス・ニューアルバムPV「FUTURE NEVER DIES」
赤と黒がイメージカラーなのでしょうか?Syuさんの赤髪、小野さんの赤シャツなどなど。
そして、綺麗な女性、蝋燭の火メラメラ。画面が細長すぎるのがちょっと(汗)
でも、前回と違って、これはドラマティックに出来ていますよ~!!お金かかってそうです。
それなりに売らなくちゃって感じガンガン来てます(笑)
いいじゃありませんか~広く皆に知ってもらい聴いてもらう姿勢は♪


[PV]  FUTURE NEVER DIES -  GALNERYUS  はこちら


それから、ガルネリウス・ニューアルバム「PHOENIX RISING」、小野SHO正利「The Voice-Stand Proud!」の解説が早くもディスク・ユニオン新宿ヘヴィメタル館に上がっていますので、下記に転載しました。

ますますワクワクしてきます!
早い所ではリリース日の前日、明日10/4にも手にすることが出来ますね♪

アルバムの各店特典、内容詳細はブログの過去記事をご参照下さい。


ディスク・ユニオン新宿ヘヴィメタル館 (転載記事)

今回も激アツな仕上がりですよ~!【10/5(水)発売予定 GALNERYUS / Phoenix Rising】
http://blog-shinjuku-metal.diskunion.net/Entry/4010/

ガルネリウス「PHOENIX RISING」初回限定盤            ガルネリウス「PHOENIX RISING」通常盤
 初回限定盤[CD+DVD]¥3,900(税込)    通常盤[2CD]¥3,000(税込)


GALNERYUS / Phoenix Rising
日本最強のメロパワ・バンド、前作「Ressurection」に続き早くも10/5(水)に'11年新作リリース予定です!またまた一足先に聴かせていただいた私から作品を紹介させていただきます!

全体的には前作と変わりなし!前作は前半に英詞の歌、後半に日本語入りとなっていましたが、今作はそのような区切りはなく、英詞の曲、日本語の曲入り混じっています。疾走度も前作と同等で、疾走あれば、より叙情的なミドル・チューンあり、EVERLASTING系統のPOPさを感じさせる曲ありと前作が気に入れば問題なく楽しめるいかにもGALNERYUSらしい仕上がり!

Tr.1はイントロダクションなのですが、なんとまあ勇壮なメロディーが頭から流れますこと。そして、Syuの掠れたデス声での囁きが乗っかり、王道疾走曲のTr.2へという流れはいつもどおり。この流れはLIVEで再現したら凄く盛り上がりそう。

印象的なのはEVERLASTINGがより爽やかになったようなTr.3。非常に聴きやすくもあり、非常にテクニカルなソロありの聴き応え抜群の曲。

そしてTr.5は来た!いいところにYuhki曲!やはりYuhki氏<Key>の曲はALHAMBRA臭がするというか、若干PROGRE臭が強まります。和風なメロディーもいい感じ。毎度GALNERYUSの中でもいいアクセントになるYuhki曲。今回もSyu曲とは一味違ったいい仕上がりですよ。Syuの激泣きギターが聴きたい方はスロー・ナンバーのTr.6、8を!ソロにてDRAGON FORCEを思わせるユニゾン・フレーズが聴けるTr.7も面白いです。

ギター・ソロ、キーボード・ソロ共に圧倒的にテクニカルながら、圧倒的に構築感があり、そこがまた毎度凄いと思わされるところです。Syu、Yuhki両氏の豊かすぎるフレーズの引き出しに今回も激しく魅了されました。

というわけで、メロディアスさ、パワー、そして超絶技巧ぶりの全てが高水準に保たれた素晴らしい作品がまたしても完成となりました。皆さんもぜひ入手してください!やっぱりGALNERYUSは凄い!
<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>
 

小野正利の歌唱が冴え渡る!【10/5リリース予定 小野"SHO"正利 /ザ・ヴォイス - スタンド・プラウド
★10/5(水)GALNERYUSの小野"SHO"正利、HM/HR/AORなどのカヴァー・アルバムをリリース!★
http://blog-shinjuku-metal.diskunion.net/Entry/4009/

小野SHO正利「The Voice -Stand Pround!-」  定価¥3,000(税込)

小野”SHO”正利 /ザ・ヴォイス - スタンド・プラウド!-
というわけで、GALNERYUSに前作より加入した超絶クリア・ハイトーン・ヴォーカル「小野"SHO"正利」がメタル/ハード・ロック/AORなどの曲をカヴァーしたアルバムをGALNERYUSの新作リリースに合わせて10/5(水)リリース予定です!演奏もGALNERYUSのメンバーはじめ実力者多数!ではまた皆さんより一足先に聴かせていただいた私から作品紹介を…。

まず一曲目が『CRIMSON GLORY』という渋すぎる選曲ですが(笑)、小野さんにとって思い出の曲らしいです(詳細はライナーをご覧ください)。しかし改めて名曲ですよコレは。

そして小野さんの歌唱ですが、その『CRIMSON GLORY』の曲では、亡き超絶ハイトーン・ヴォーカル、「MIDNIGHT」がこの世に甦ったかと思わせるようなそれっぽい歌唱に驚き!その後も各ヴォーカリストの歌い方に合わせた歌唱を聴かせる小野さん!とにかく驚いたのが、Tr.3の『TNT』の激クリア・ヴォーカルから、Tr.4の『DIO』の曲に切り替わった瞬間!

まるで別人のような本当にDioのような声を聴かせてくれます!なるほど、コレがヴォーカリストに焦点を当てたカヴァーか!そう思わせてくれます!いや~、GALNERYUSでもその実力は折り紙付きですが、ここまで多彩な歌唱ができるとは平伏するしかありませんよ…。
コレ何も知らずに聴いたら、たぶん何かのオムニバスだと勘違いする人たくさんいると思います。それほど一人のヴォーカルが歌っているとは思えぬ多彩なヴォーカリゼーションっぷりに脱帽!CHEAP TRIKの曲での歌唱が最も普段の小野さんに近いような?

SCORPIONSだとクラウス・マイネっぽくなるし、WHITESNAKEだとカヴァデールっぽなるんですよ~。凄いなコレは。

TOTOもあえてファーギー・フレデリクセン時代唯一の作品「Isolation」からとまあ渋い選曲です!

決して冒険している作品ではなく、大胆なアレンジの違いなどはほぼ無いに等しく、純粋にカヴァー作品っていった感じですが、それでも小野さんの歌唱を楽しむのには全く文句の無い作品!帯にあるように、クリア・ハイトーン!・・・の出番は実はそんなに多くなかったりしますが、それでもこの小野さんの多彩な歌唱、どんな曲でも激ウマにこなしてしなう歌唱力に圧倒されること間違い無しです!

曲を知らない新しい世代のファンはこれを聴いて原曲を探るもよし(当店中古フロアでぜひお探しください(笑)、タイトルによっては新品もございます。)、原曲を知っている皆様は懐かしんで聴くも良し!アレンジに大きな違いが無い点では懐かしんで聴くにはたぶん最適。

個人的にはTNTのTonight I'm Fallingを聴いて「ああ、やっぱりいい曲だなあ」と改めて思わせれましたね~。泣きそうっす!

各曲ギター・ソロなども原曲よりテクニカルに弾きまくっているところもありながらも、きちんとその曲にハマったソロに仕上がっている辺りさすがです。WHITE SNAKEの「Foll For Your Loving」のソロいいですよ~。

GALNERYUSの新譜共々要注目です!お楽しみに!
<新宿ヘヴィ・メタル館 梶原>


では収録曲をご紹介。
Tr. / 曲名 / アーティスト / 原曲収録アルバム

  1. Lasy Of Winter  / CRIMSON GLORY / Transcendence ('88)
  2. Spotlight Kid / RAINBOW / Difficult To Cure ('81)
  3. Tonight I'm Falling / TNT / Intuition ('89)
  4. Rock'n'Roll Children / DIO /Sacred Heart ('85)
  5. Mighty Wings / CHEAP TRICK / Top Gun ('86)
  6. Never Surrender / LION / Dangerous Attraction ('87)
  7. Angel Don't Cry / TOTO / Isoration ('84)
  8. Stranded / AIRPLAY / Airplay ('80)
  9. Fool For Your Loving / WHITESNAKE / Ready An' Willing ('80)
10. I Want Out / HELLOWEEN / Keeper Of The Seven Keys Part 2 ('88)
11. Lovedrive / SCORPIONS / Lovedrive ('79)
12. Open Arms / JOURNEY / Journey ('81)


演奏参加メンバーはこちら!
【GUITARS】
Syu (GALNERYUS)
小林信一 (地獄カルテット)
KENTARO (Gargoyle)
ルーク篁 (CANTA / 聖飢魔Ⅱ)

【BASS】
MASAKI (CANTA / 地獄カルテット)
TOSHI (Gargoyle)
TAKA (GALNERYUS)

【DRUMS】
KATSUJI (Gargoyle / ザ・クロマニヨンズ)
JUNICHI (GALNERYUS)
雷電湯沢 (CANTA / 聖飢魔Ⅱ)

【KEYBOARDS】
YUHKI (GALNERYUS / ALHAMBRA)


◆[PV]  FUTURE NEVER DIES -  GALNERYUS  はこちら



現在、アルバムの試聴がHMV通販サイトで出来ます。

GALNERYUS PHOENIX RISING (+DVD)【初回限定盤】試聴 ディスク 1のみ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4165727

GALNERYUS PHOENIX RISING (+DVD)【初回限定盤】試聴 ディスク 1.2
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4165729

 

ガルネリウス オフィシャル
http://galneryusyumacher.com/

小野正利オフィシャル
http://www.onomasatoshi.com/index.html


[ 小野正利/ガルネリウス ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-31.html

[ 小野正利 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-2.html

[ 小野正利/AKB 48 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-45.html

スポンサーサイト

Comment

MVの見過ぎ 

ほとんどの皆さんと違って、私は弟が買って郵送してくれるので、CD+DVDはまだ少なくとも数日は見られませんが、MVをもう何回となく見て、あれこれ憶測してます。(暇ですね~。)ガルの演奏に織り込まれているイメージの方、きっとどこかにすでに何のことか、あるいはいずれどこかに書かれるでしょうが、やはり、3.11に絡めて、あの天変異変を黙示録に予言されている災いの1つとほのめかし、汚れない霊感のある乙女が、永劫に燃えていなければいけない聖なる火が、その異変で消えたのをもう一度ともしに行く、みたいな。。。日本の現実の状況から、場所や設定をわざわざ遠ざけて作ったんだと思います。

MVは、私としては、TAKAさんと潤一さんをもう少し撮ってもよかったんじゃないか、と。でも数分のことですから、今回は許しますが。小野さんのアップ、むか~しの歌顔に近いようで、わたしとしてはうれしく見ました。
  • posted by 三枝 
  • URL 
  • 2011.10/04 10:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

>三枝さん
そんなにご覧になったんですね~♪
あのイメージはおっしゃる通りかもしれませんね~。

昨晩というか数時間前、
小野さんはFBの某所であのPVのシーンは皆さんそれぞれで思い描いて下さい、
みたいなことをおっしゃってました。
そのうち、どこかで撮影秘話とか意味合いとか、
話す機会があるかもしれませんね~。

メンバーの顔があまりよく映っていませんよねぇ、ちょっと不満。
画面の切替も早いから、TAKAさん、JUNICHIさんの場面も少なめ。
アイドルじゃないから仕方ないか(笑)

こちら↓↓のPVの方が画質・音質が良いです!

GALNERYUS - 高画質 "FUTURE NEVER DIES" Official Music Video
http://www.youtube.com/watch?v=SzMnEPGTah4
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.10/04 11:52分 
  • [Edit]

高画質!ありがとうございます 

ものすごく鮮明で、音もよくて、ずっと楽しいです。なぜか、公式のVAPのアップのほうが質が(すごく)悪いのはなぜなんでしょう?VAP公式バージョンのコメントにも、音質悪いが、とありました。おかげで、見えなかったものが全部はっきり見えます。TAKAさんは、赤いベースですね。純正品じゃなくて苦労している機材だと理解してますが、色はぴったりですね。

何度も見た・聞いたのは、一つには、なにが書いてあるのか、見ようとしたためなので、今度ははっきり見えます。だからって、作者の意図は完全にはわかりませんが。。。

それにしても一介の個人がどうして公式のよりいいものを即アップできるんでしょうか。とにかく驚異です。

あ~、えすえさんはもう今頃新作CDを聞いているのかなあ。

いつもすばらしいブログありがとうございます!
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.10/04 13:37分 
  • [Edit]

はやとちり 

ごめんなさい、一介の個人じゃなくてこのMVを作った会社がアップしたんですね。どうりで。もしかしてVAPのバージョンがあんまりひどくて、腹立ったのかしら。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.10/04 13:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

>三枝さん
私も最初個人が画質・音質の良いものをUPしたのかと思いました。
よく見ると制作会社名が載っていましたね。
VAPのPVがあまりに酷かったからUPしたのかもしれませんね?(笑)
今、やっとガルネリの初回限定盤の方を観聴きし終えたところです。
今度は小野さんの方をこれから聴くところです。
三枝さんも遠くなので、何かと待ち切れないでしょうね?
もう少しの辛抱ですよ♪
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.10/04 21:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。