花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELUHI について土屋京輔さんtwitterコメントのまとめ

今日3つ目の記事になります。今日は一日連続更新の可能性大です。

DELUHI をデビューの時からいつも温かい目で支えて下さっていたライターの土屋京輔さんが、twitterでDELUHI について語っておられます。


DELUHI 解散の日の8/7からtwitterで語っておられ、その時から土屋さんのコメントを楽しみにしていました。
最新は今朝7時頃の連続発信です。
土屋さんの何回かに分けられたtwitterの内容を今回まとめてこちらに掲載します。
次回のDELUHI についての最後のtwitterでは大切な話があるそうですので、次がいつなのか?見逃せません。


DELUHI のギタリストLedaさんはご存知のように、YU-TOとしてベースでガルネリウスにかつて在籍。
ガルネリウスとDELUHI のファンでもある私には、以前からガルネリで言われている「誰も予想し得ない凄い発表」と、今回土屋さんがほのめかされた「大切な話」というのを、ついついイコールにしてしまいたくなります。
だって、あまりにも、遡っても・・・タイミングが合い過ぎるんですもの。
イコールではないかもしれませんが、一体、双方の「それ」って何なんでしょう?
土屋さんからの大切な話に今からドキドキです。

DELUHI Leda CCレモンジャンプ     DELUHI CCレモンステージ     DELUHIアーティスト写真2010
DELUHI CCレモン・ラストライヴ 2011/8/7          DELUHI 

-----------------------

土屋京輔さんのDELUHI についてのtwitter一覧 2011/9/16現在
土屋京輔/@kyosuketsuchiya

【DELUHI/1】
個人的にはLedaが上京した直後からの付き合いだったり、その他諸々があったり、DELUHIとは半ば身内のような接し方をしてきた立場なので、特にライヴ後などは、口うるさいこともさんざん言ってきた。メンバーもそれを求めていたと思う。それぐらいみんな向上心があった。
8月9日 webから

【DELUHI/2】
8月7日はいろんなことが思い出された。冒頭からいきなりモニターに映し出されたのも、池袋サイバーでの初ライヴ。2008年2月29日。当然だけども、まだまだな内容だった(笑)。ところが、たった結成1周年で初ワンマンを行えるまでになった。
8月9日 webから

【DELUHI/3】
その渋谷O-CRESTでの初ワンマンを観て直感したのは、さらに1年後には、間違いなくO-EASTで単独公演ができるバンドになっているだろうということ。それは終演後にLedaにも話した。彼は「えっ!?」と驚いていたけど(笑)、案の定、予感は現実になった。
8月9日 webから

【DELUHI/4】
そのO-EASTでのワンマン(2010年1月9日)で印象深いのが「星の無い夜に」。特にこの曲に思い入れが強かったJuriは、序盤から涙してまともに歌えなかった。「観客を泣かせる前に自分が泣いてどうするんだ?」と、冗談のようだけど、彼にはそう言った。
8月9日 webから

【DELUHI/5】
そして、「もし次に泣くとしたら、それは日本武道館のステージに立ったときにしようよ」とも言った。それぐらいDELUHIには希望が見えていた。実際、それ以降、Juriは「星の無い夜に」では涙を見せていない。きっと心の中では泣いていたんだろうなとは思う。
8月9日 webから

続きはまた……今日か明日か明後日か(^^;
8月9日 webから


【DELUHI/6】
この日は<ソールド・アウト>と銘打ってもおかしくない動員数だったが、4人はわずかな売れ残りを容認せず、“リヴェンジ”として、改めてO-EASTで単独公演を行うことを決めた。周囲に蔓延する、実際よりも大きく見せる“まやかし”など、彼らは求めなかったのだ。
8月24日 webから

【DELUHI/7】
あとは実行のみ。以降、精力的にイヴェントに出演し、約半年後に行われたO-EAST公演(6月5日)は完全ソールド・アウトに。自身で課した課題を見事にクリアした。これはLeda、Juri、Aggy、Sujkの妥協のない取り組み姿勢がわかるエピソードの一つだろう。
8月24日 webから


【DELUHI/8】
Ledaと初めて会ったのは陰陽座の中野サンプラザ公演(2006年2月25日)。あのとき印象的だった瑞々しい目の輝きは今も変わっていない。当時からギターの腕は抜群だったが、その天才肌の人物がさらなる鍛錬を積み重ねたからこそ、現在の卓越した姿がある。
9月16日 webから

【DELUHI/9】
子供の頃にミュージカルへの出演経験はあったとはいえ、前身のGRAVE SEEDで初めてヴォーカリストになったJuri。いい声を持っていたと思う。MC等での天然っぷりも人気だったが、言い換えれば、それは純粋な感性を持つ証。これからが面白いかもしれない。
9月16日 webから

【DELUHI/10】
Aggyで真っ先に思い出すのは初取材時のエピソード。彼は音楽的ルーツの一つにINUの『メシ喰うな!』を挙げたが、その話が通じたのが嬉しかったとラスト・ライヴの打ち上げでも笑っていた。馬鹿正直なほど実直な性格も魅力的だった(もちろん今も)。
9月16日 webから

【DELUHI/11】
最近のAggyのベースに明らかな変化を感じ取っていた人もいるだろう。DELUHIの楽曲に求められる技巧的要素は多いが、さらに細かなニュアンスを意識したプレイまで見せつつあった。今後の理想となる到達点が気になってくる。
9月16日 webから

【DELUHI/12】
Sujkと初めて顔を合わせたのはDELUHIの初ライヴの終演後。会場の外まで挨拶しに来てくれた彼は何と裸足……。今も言葉数は決して多くない男だが、あれは「待たせちゃいけない」という気遣いだったのだろうと思う。
9月16日 webから

【DELUHI/13】
Sujkのドラマーとしての成長には目を見張るものがあった。初期を思い起こすと、彼がこんなプレイヤーになるとは想像していなかったが、これぞまさに努力の賜物である。
9月16日 webから

※以前のDELUHI話ですが、<1〜5>は8月9日、<6〜7>は8月24日にツイートしています。興味のある方は遡ってご覧ください。次回の更新で最後にする予定ですが、その時に大切(?)なお話もします。
9月16日  webから


--------------------

DELUHI について土屋京輔さんtwitterコメントのまとめ 続編+α
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-646.html


Leda出演 ロックミュージカル「ROCK OF AGES」オフィシャル・サイト
http://www.rockofages.jp/


DELUHI オフィシャル
http://www.deluhi.com/index_pc.html

DELUHI オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/deluhi-official

Leda Facebook (こちらにアクセスすると殆どのDELUHI 関係に繋がります)
https://www.facebook.com/pages/Leda/139445956131667


[ DELUHI ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-44.htm

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。