花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/10 林田健司ミニライヴ&握手会

 2ヶ月も前になりますが、林田健司作家デビュー20周年記念セルフカヴァーアルバム「WORKS」の発売記念ミニライヴ&握手会に参加した時のことを思い出しながら…。
本来はこのブログ、この話題を最初に書きたかったのでした。

1993年に林田健司のファンになってかれこれ16年位経ちます。
かつてはファンクラブにも入り、ライヴにも通い、ネットのファンの方々とやり取りもしました。
その後、私自身に色々あって10年程彼の音楽はもとより音楽を聴くことから遠ざかっていました。
しかし、今年の6月頃林田がアルバム「WORKS」を出すことを知り、再び彼の音楽に舞い戻って来ました。

ラフレス   かつてのファンクラブ林田健司を励ます会(ファンクラブ会員証) 

林田健司は1991年デビューですが、作曲・曲提供活動はそれ以前からで、林田健司としてはあまり有名でないけれど、SMAP他、ジャニーズ系アーティストへの提供曲で大ヒットを飛ばしています。
今回はその中から、SMAP「青いイナズマ」、Kinki Kids、関ジャニ∞、ブラックビスケッツ、郷ひろみ、中森明菜、中山美穂他、に提供した曲を彼自身が歌っています。
歌唱力、リズム感抜群の林田の様々なタイプの曲をこのアルバムで堪能できます。
才能ある人ですが、今までなぜかブレイクしていません。

この7/1リリースのアルバムとタダで見られるミニライヴ&握手会のことを知り、早めにアルバムをGetするのは止め、握手会参加券がもらえる新宿HMVで当日わざわざ買ったのでした。
握手なんてどうでも良かったのですが、すぐ傍で観られるミニライヴが魅力でした。

こういうイベントには、かれこれ40年近く前、某アーティスト(GSのザ・タイガースを脱退してソロになった「加橋かつみ」)ので何度か参加して以来のことでした。
恥ずかしいですね~(汗) 40年も前から??そんなことやってた??(笑) えへ、あの頃はちょっとした追っかけまでしていました(汗)

       林田健司握手会  

   7/10(土)新宿HMV セットリスト 
  ♪イッツ マイ ソウル (関ジャニ∞)
  ♪強引 Love (郷ひろみ)
  ♪青いイナズマ (SMAP)

3曲ぐらい演るかと予想はしていましたが、林田自身がギター弾いて歌うのかと思いきや、なんとカラオケで歌いました。
ガンガンイケイケの曲ばかりで、振りもつけて、店の片隅の狭いステージでお得意のターンや脚上げもやってくれました。

登場から1曲目の途中まで、相変わらずサングラスを掛けていて「チェッ!つまんない」と思いましたが、途中で外してくれて皆大喜び。
曲の合間に林田はミニタオルで汗を拭き拭き、ドリンク飲んで扇子で扇いで(苦笑)
「強引 Love」のしょっぱなでは歌詞を忘れるハプニングで笑っていました。
歌詞を間違える、忘れるはいつものことじゃん!という方も多いかと(笑)

黒のパンツ、黒のシャツで胸のポケットに光るワンポイントの文字が入っていて何のブランドなのか気になりました。
靴は先が尖って光った感じでシルバーかゴールドのような色のカッコイイ靴でした。
太った痩せたといつも騒がれますが、予想以上に痩せていて安心しました。
最近のロングヘアが不評を買っているようですが、人様の手前、綺麗にカールもついていて、後ろで上部の髪だけ一部束ねていて私は嫌ではなかったです。

曲が終わって握手会。
握手なんてみっともないから止めようかと思ったけれど、せっかく来たのだから(笑)
列に並んで、一人ずつステージに上がって握手をして、何かしゃべって林田からオリジナルポストカードを渡される、という形。
握手する男性ファンもいました。へぇ、いるんだ~。
皆、握手しながら何だか色々林田と話しをしています。
へぇー!話しをする?何話そう??話しなんてすることないんだけど…で、順番待ちながら話す内容を考えて(笑)

健ちゃん!」と声を掛けて、10年振りに来たことを告げると、びっくりしたような顔をしたので「こーゆー訳で」と林田に伝えて。
「頑張って下さい」は失礼になりそうなので言うまいと思っていたのに、最後には「頑張って下さい」と言ってしまいました(汗)

握手したかどうか舞い上がってしまい覚えてなくて、もう一度握手して話をしようと思い…(笑)
とっさに林田の別のアルバム(昨年出てまだ持ってっていなかったアルバム)を店で買い、どっちみち近々買おうと思っていたアルバムで、これにも握手券が付いていたので…。
その握手券を持って再び、列の後ろの方に並んだのでした(笑)

今度は「もう一枚買ってまた来ました!」と林田に伝える(汗)
「主人もいつも一緒に聴いていて、一緒に来たんだけれど、テレくさいので向こうの方にいます」と言うと、「ご主人様に宜しく」と林田。
握手の感触は「ふんわり」していた感じでした。
私の手は肉がなくてゴツゴツしているのですが、林田の手はふんわりお肉が付いているからね。
公表178cmの背も接近間近で見ると、そこまで高くはなかったです。
パッチリ丸い可愛い目が印象的でした(笑)

握手会は20分程で終わり、多分50人程度だったように思われます。
最後にステージで脚上げをして歓声が上がり終了。
HMVの人と一緒に出て行ってしまいました。
肩に黒い大きなバッグを掛けて歩いて行く後姿が印象に残りました。

10年前の林田は握手会のようなイベントはやっていなかったと記憶しています。
あの頃は中野サンプラザが満員になるほどファンも多かったのですが…。

今までのライヴで前の方の席だったこともあったけれど、こんなに目の前で聴けて、話して、なんて初めてのこと。
バカバカしいと思いつつも参加して良かった一日でした。
この後、8/8にラゾーナ川崎でも握手会&ミニライヴがあり、こちらではもっと曲数多くやったそうですが、残念ながらこちらは都合で行けませんでした。


林田健司オフィシャルサイト
http://www.raphles.com/hauoli-mate/news/index.cgi
     

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。