花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が来れば思い出す曲「海の底から」

夏が来ればいつも思い出す曲は「海の底から」。
暑くても夏が好き、背泳ぎしか出来ないけど海が好きな私は、夏になるといつもこの曲を思い出します。
以前にも「私の音楽遍歴」等で書きましたが、大好きな曲「海の底から」。


夏が来れば思い出す~遥かな尾瀬 遠い空~♪
こちらの「夏の思い出」はNHKのラジオ歌謡で昭和30年代に流れ、その後、「みんなのうた」で歌われ、教科書にも取り上げられ、広く一般的になった曲ですが、「海の底から」は全く一般的にならず、「夏の思い出」と並ぶ名曲だと思いますが残念なことです。


「みんなのうた」で発表後、世の中でこの曲を取り上げなかったことがこの曲を埋もらせてしまった原因でしょう。
NHK「みんなのうた」で取り上げた曲はNHK「歌のメリーゴーランド」でも取り上げることが多いのですが、この曲は私が覚えている限りでは当時1回あった程度でした。


NHKみんなのうた「海の底から」(山本直純作曲/伊藤敬子作詞)は1966年7月に放送され、今から45年前ですが、当時としては画期的にスケール感のある感動的な美しい曲に出会えたと思いました。
ビートルズが来日した年で中学1年の時でした。


今聴くとちょっとのんびりな感じもしますし、私も大人になり、当時の感動ほどではなくなっているのですが名曲です。
しかし、あまり多くの人に知られていないように思い大変残念です。
故山本直純さんは「さあ太陽を呼んでこい」「一年生になったら」他にも多々有名な曲がありますが、本当に良い曲を書く方です。


「みんなのうた」では梓みちよ&杉並児童合唱団でしたが、下記のYouTubeは違うので少々感じが違っています。
梓みちよさんのヴォーカルがないため、原曲より少々押しが弱い感じです。
この曲に海の中の美しい映像が伴ってTVで流れ、それが益々感動を呼んだのだと思います。
どうか、聴いてみて下さい、清清しいこの曲を!!


私はわざわざ当時譜面をNHKから取り寄せたのですが、どこへしまったか不明です。
この曲の映像はNHKでも探し中とのことです。
当時は家庭用ビデオもなかったし、録音さえしにくい環境でしたから、出て来たら本当に貴重です。


YouTubeの記載では作詞が伊藤敬子さんになっていますが、NHKでは佐藤敬子さんとなっていますが、どちらが正しいのでしょうか?


海の底から (当時NHKから取り寄せた譜面より歌詞)

海の底から 僕は生まれた
海の底から 歌が生まれた
青い海の言葉と 真実の瞳
そして広い心と 大きな希望よ
海と一緒に 僕は生まれた
海と一緒に 僕は歌おう


海はいつでも 僕の友達
海はいつでも 僕を見ている
黒い僕のからだと 強い力
そして若い涙と 優しい勇気よ
海と一緒に 僕は育った
海と一緒に 僕は歌おう


海の向こうで 僕を呼んでる
海の向こうで 誰か呼んでる
遠い空の果ての 太陽の国へ
そしていつも静かに 燃えてる島へ
海と一緒に 僕は行こうよ
海と一緒に 僕も行こうよ  


<YouTube紹介文の引用>
昭和40年に行なわれた海の歌の歌詞懸賞募集コンクール(日本海事広報協会主催、NHK及び運輸省後援)で1等に入選し、運輸大臣賞をうけた新潟県新発田市の伊藤敬子さんの作詞に、審査員のひとりである作曲家山本直純氏が曲をつけたもの。 伊藤敬子さんは、当時西新発田高校の3年生で、運輸大臣賞を受賞した海の記念日の7月20日が、満18才の誕生日だったと言うことです。歌っているのは当時の東京放送児童合唱団(現NHK東京児童合唱団)です。 [Solo by GAMA]


海の底から/東京放送児童合唱団 YouTube

NHK みんなのうた 海の底から リクエストサイト
http://cgi2.nhk.or.jp/minna/search/index.cgi?id=MIN196606_01

山本直純 Wikipedia


「海の底から」に関わる当ブログの記事
 
「海の底から」をYouTubeにUPしました!
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-1255.html

4/3放送 みんなのうたスペシャル60年代セレクション
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-401.html

NHK「みんなのうた」の「ポンタ物語」
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-261.html

私の音楽遍歴8 1966年~1967年頃好きだった曲(中学1~2年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-58.html

私の音楽遍歴2(小学校高学年)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-30.html


[ 私の音楽遍歴 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-9.html

スポンサーサイト

Comment

『海の底から』 

この曲が大好きで、女声合唱にarr,して、コンサートで披露します。茅ケ崎市で活動している、アンサンブル・プラムベリー
という合唱団です。来年2013年秋にみなとみらい小ホール
で、コンサートの予定です。
  • posted by アンサンブル・プラムベリー 
  • URL 
  • 2012.07/18 18:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

>アンサンブル・プラムベリーさん
コメント、ありがとうございます!
今でも、この曲を女性合唱にして披露されているそうで、大変嬉しいです。
今後も、多くの方に親しまれるよう、曲がもっと広まりますよう、願っています。
更なるご活躍を~!!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.07/18 23:57分 
  • [Edit]

♪女声合唱で『海の底から』 

10月8日(火)19:00~横浜みなとみらい小ホールにて、アンサンブル・プラムベリー第12回 ポップス・コーラス・コンサート開催、その中で、『海の底から』披露します。
  • posted by アンサンブル・プラムベリー 
  • URL 
  • 2013.09/01 00:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

>アンサンブル・プラムベリーさん
お知らせ、ありがとうございます!
いよいよ実現になるのですね!頑張って下さい!

  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2013.09/01 00:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

海の底からの詩を書いたものです。このブログを見つけた時びっくりいたしました。もう忘れ去られていたこの曲、老齢に達した今、もう一度聞いてみたいもの・・・と思っていたところです。もっと早く、見つけていたら、アンサンブル・プラムベリーさんの歌を聴きに行きたかったです。
本当に、懐かしく、うれしくなって、おもわず書いてしまいました。
  • posted by 伊藤敬子 
  • URL 
  • 2013.12/11 14:07分 
  • [Edit]

ありがとうございます! 

>伊藤さん
作詞のご本人様がブログに来て頂いて、コメントまで頂けるなんて、本当に感激です!
ありがとうございます!
本当に良い曲だと思います。
それなのに、メディアで流れることが「みんなのうた」以来少なくて残念です。
でも、私は「みんなのうた」で流れた時のこの曲のシーンを忘れてはいません。
梓みちよさんと少年合唱団の歌声。
曲と歌詞にマッチした海のシーンが、40年以上経ったても昨日のように蘇ります。
当時中学1年だった私にとって、この歌詞が私のパワーとなって、今があると言っても過言ではありません。

伊藤さん、素晴らしい歌詞をありがとうございました!
下記の部分の歌詞は特に大好きです。

青い海の言葉と 真実の瞳
そして広い心と 大きな希望よ

黒い僕のからだと 強い力
そして若い涙と 優しい勇気よ

遠い空の果ての 太陽の国へ
そしていつも静かに 燃えてる島へ
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2013.12/11 17:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

本当に山本直純さんに曲をつけていただいて素晴らしい、生きた歌になりました。ヒットはしませんでしたがえすえさんのように感動してくださっている方に出会えたこと、感謝です。
当時の私はあの詩の向こうに何を夢見ていたのだろうと思いめぐらしたりしています。随分と長い時間が経ってしまいました。
現在は八人の孫を持つ夢見るおばあちゃんです。
また時々訪問させてくださいね

  • posted by 伊藤敬子 
  • URL 
  • 2013.12/17 22:16分 
  • [Edit]

海の底から 

本当に山本直純さんに曲をつけていただいて素晴らしい、生きた歌になりました。ヒットはしませんでしたがえすえさんのように感動してくださっている方に出会えたこと、感謝です。
当時の私はあの詩の向こうに何を夢見ていたのだろうと思いめぐらしたりしています。随分と長い時間が経ってしまいました。
現在は八人の孫を持つ夢見るおばあちゃんです。
また時々訪問させてくださいね

  • posted by 伊藤 
  • URL 
  • 2013.12/17 22:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

>伊藤さん
ありがとうございます~!
先日、「海の底から」の作詞者ご本人様からブログにコメントを頂いて感激した件を、
いつもやっているFacebookにUPしたところ、
私のFacebook友達から嬉しい反響を色々頂きました!
ネットのお陰で巡り合うことが出来て本当に嬉しいです。

お孫さんが沢山いらっしゃって、夢がおありのようで、お幸せそうで何よりです。
おばあちゃんだなんて、私の中ではこの歌詞と共に、ずっと青春の伊藤さんのままですよ~!
そして、この曲を思い出す時には、私も当時の中学生のままです!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2013.12/18 12:06分 
  • [Edit]

びっくりしました。作詞者ご本人のコメントを読ませていただきました。 

コンサートのDVDとCDが出来上がってきて、それを見たり、聞いたりしていたところへ、この、作詞者ご本人のコメントを発見!驚きました。
アンサンブル・プラムベリーのH.P
http://music.geocities.jp/plumberry_123/index.html

見ていただけると、嬉しく思います。


  • posted by アンサンブルプラムベリー (女声合唱団) 
  • URL 
  • 2014.01/03 17:07分 
  • [Edit]

ありがとうございます! 

>アンサンブルプラムベリーさん
作詞者ご本人様からのコメント、本当に嬉しいですよね!
ホームページのご案内ありがとうございます!
時間がある時、お伺いしたいと思います!

  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.01/05 22:10分 
  • [Edit]

NoTitle 

>高根さん
初めまして!
コメント並びにCDの件、思いも寄らないことでビックリ!感激です!
プラムベーリーさんのHPを拝見させて頂き、熱意ある活動状況が分かりました。
メールさせて頂きますね。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.01/08 22:29分 
  • [Edit]

歌と詩が結びつけてくれたご縁 

アンサンブルプラムベリーのpianist・arrangerのReikoです。
私が、この曲を聞いたのは、小学校低学年の時だったと思いますが、私も、えすえさんと同じように、

♪青い海の言葉と 真実の瞳 そして広い心と 大きな希望よ

♪黒い僕のからだと 強い力 そして若い涙と 優しい勇気よ

♪遠い空の果ての 太陽の国へ そしていつも静かに 燃えてる島へ

この歌詞が本当に好きで、子供心に、大人になっても、この海のように、真実の瞳と広い大きな心を持った人間になりたい!と純粋に思える歌として、私の心の宝物箱に大切にしまってあった曲でした。はじめて、えすえさんのblogに出会ったとき、自分と同じ思いを抱いていた方がいらしたことに、とても感激いたしました。
世の中、とても便利になり、このようなかたちで、ご縁が広がったこと、嬉しいですね。
  • posted by Reiko 
  • URL 
  • 2014.01/09 18:45分 
  • [Edit]

うれしいです! 

えすえさん、さっそくご連絡ありがとうございました。準備いたします。
レイコ先生、よかったですね!!
伊藤さんからもご連絡いただけるといいですね~♪

NoTitle 

>Reikoさん
ネットのお陰でご縁を頂き本当に嬉しく思っています!
この曲に共感された方々が沢山居ると思います。
この曲を歌い広めて、更に多くの人々に知って頂き感動して頂ければ、
亡くなられた山本直純先生も、喜ばれることでしょうね♪


>たかねさん
ありがとうございます!楽しみです~♪
宜しくお願いいたします~。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.01/10 18:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

久しぶりに訪問いたしましたところ高根様からの、嬉しいお知らせ、有難く思います。年末、年始のほぼ、民宿状態の我が家です。総勢15人の家族がそれぞれ去って行った後には、感謝と喜びとともに、疲れと後遺症の置き土産…腰痛、五十肩[六十歳でもそう呼ぶそうです)加えて難聴・・・はてさて、なんとも、夢のないお話で・・・ごめんなさい。と、ここまで、訪問が途絶えていた理由です。私も、コーラスをやっております。地域のばばちゃんコーラスです。楽しいですね。今練習しているのは、「風が」とか、「故郷は今も変わらず」「エーデルワイス」とか・・・「海の底から」も練習したことあったのですが、難しいとメンバーの皆さんからブーイング出まして、中途半端でした。初心者が多かったこともあります。ですから、プラムベリーさんのCDとても、楽しみです。ご連絡させていただきます。ありがとうございます。
  • posted by こんにちわ 
  • URL 
  • 2014.02/06 12:10分 
  • [Edit]

NoTitle 

>伊藤さん
コメントありがとうございます~!
年末年始お疲れ様でした。
ご家族ご親戚皆様揃っての楽しい団欒が伺えました。
寒いこの時期、疲れが残ってお風邪など召しませんように・・・。
コーラスをやっておられるとのこと、
やはりお好きな音楽に関する活動は続けておられるのですね♪
とても、ほっこり嬉しく思います♪
私も歌うことは大好きですが、以前より機会が少なくなりましたしカラオケ程度です。
プラムベリーさんのコーラス音源を聴けるのが楽しみですね~!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/07 11:33分 
  • [Edit]

よかった!ご連絡ありがとうございます。 

伊藤敬子さん、ご連絡ありがとうございます。おまちしておりました。そして、、コーラスをやってられると伺い、感激!
ほんとに嬉しいです♪♪
お二人に聴いていただけるなんて、れいこ先生もさぞお喜びになられます。
えすえさん、ばたばたしていて、準備に手間取っておりました。申し訳ありません。近々お二人にお送りいたしますので少しお待ちくださいませ。
さて、今日の吹雪と言ったら!いかがお過ごしでしょうか。轟音がやんで視界が晴れるのを待つばかり。インフルエンザ等にもお気をつけくださいませ。
                         たかね としこ

NoTitle 

>高根さん
昨日は大変な大雪でしたが、今日は晴れて雪も溶け出しましたね。
音源の方はゆっくり待っていますので、急がなくて大丈夫ですよ!
風邪、インフル、ノロと病魔が飛び交うこの頃ですが、
自己管理バッチリして無理せず行きましょう!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/09 11:54分 
  • [Edit]

台風一過という感じの晴天! 

恐れ入ります!
茅ヶ崎の16cm位の雪ももうだいぶ溶け、街も日常をとりもどしました。どうぞ。お元気で♪

NoTitle 

>高根さん
ホントに凄い雪でしたね!
こちらは都知事選挙投票会場に行くにも、
周辺が雪かきされている所と、グシャグシャの所と、
そりゃもう大変でした(笑)
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/09 23:19分 
  • [Edit]

こんばんわ 

私は18歳まで雪国育ち、今回の雪ぐらいでは驚くに値わず・・・(今は霞ケ浦の傍に住んで、12年になります。)それでも、久しぶりの銀世界にうっとり、詩心を誘われました。「海の底から」以来、幾つもの詩を書き続けてきましたが、みんな自分のうちに秘めてまいりました。というより、発表する機会もなく、また、才能も・・・?だったのでしょうね(笑)「海の歌」は一世一代の快挙でございました。田舎者ゆえ、また欲というものもなかったせいか、チャンスの神様の前髪つかみそこねましたのね・・・(笑)若い頃は、ああすればよかった、こうすれば・・・などと思いめぐらすこともあったのですが・・・今は、これでよかったと思っているのです。
ごめんなさい、老婆の繰り言。また書かせてもらっても、いいですか?。
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2014.02/11 22:10分 
  • [Edit]

あちこちに雪がまだまだ残っていて、ひどく寒いこと! 

★伊藤さん、老婆だなんて!「海の底から」のハートは生き続けているはず。もったいない。これからも、またぜひ詩をよませてくださいませ。
★えすえさん、すべてこのblogのおかげです。これからもまたこのほっとできるひとときに私も訪問させてくださいね。
  “葉”のつく街にお住いのお二人に……若葉が光る明るく暖かな春が早くやってきますように。
♪本日CD発送いたしました♪   GOOD LUCK

NoTitle 

>海の底さん
雪国育ちだからこそ、あのような海への思いの歌詞が書けたのかもしれませんね・・・。

この頃、中学生の私は同級生に触発されて、詩を書くことが好きでした。
そのうち、当時、大ブームだった加山雄三さんが好きになりました。
特に加山さんは海の歌が多かったせいもあります。

そして、加山さんの曲の歌詞(主に岩谷時子さん作詞でしたが)に、これまた触発され、
曲のための歌詞を書いていました。

この頃ラジオで毎日放送されていた「夜のバラード」という
リスナー投稿の詩の番組を毎日聴いていて、これに生意気にも投稿もしました。
この番組のテーマソングが有名な由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」ですね。
最初は歌がなくて、この曲のメロディーだけがテーマソングとして流れていました。

こんなことをしていましたが、私は何にも採用されませんでしたが、いい思い出です。
きっと、海の底さんも、採用されたこともあって、
更に意欲的に前向きに歩んでこられたのでしょうね・・・。

でも、まだまだ老婆なんて早いですよ!(笑)
私も昨年還暦を迎えましたが、まだまだ子供っぽくて、これからです!


>高根さん
そうですね!「葉」がつく街です!
この冬は特に寒いので若葉の春がホントに待ち遠しいですね♪
私はライヴに行ったり、ウォーキングやサイクリングをしているのですが、
まだ雪が結構道の片隅に残っているので、当分歩くことと走ることはお預けで残念です。

日常的なことは3年程前から主にFacebookに載せているので、
こちらのブログには記録に残したいことしかUPしていませんので、
あまり交流の場になりませんで申し訳ありませんm(_ _)m
CDの件、お手数おかけしました!ありがとうございますm(_ _)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/12 22:23分 
  • [Edit]

CD届きました! 

>高根さん
今日届きましたよ!お手数お掛けしました!
詳細はメールの方にしますね。
ありがとうございましたm(_ _)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/13 21:12分 
  • [Edit]

老婆返上です! 

私もあれこれ持病もちで気持ちが下向きになっておりました。でもえすえさんも大病されて、それでも、とっても前向きでいらっしゃる・・・みならって、私も人生あかるく、楽しく・・・ネ昔の繰り言など・・・さようならです。

それに、今日、私のところにも高根様よりCDとどきましたの。このブログのお蔭で本当に感謝です。皆様からの暖かいお気持ち、大切にいたします。
高根様、この場を借りまして、本当にありがとうございました。私もメールいたします。
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2014.02/13 23:02分 
  • [Edit]

楽しい雪景色・・・ 

えすえさん、伊藤さん、こんにちは。
お二人のもとに無事に音源が届いて、聴いていただけて、本当にハッピーです。団員も先生方も、そんなルンルンな足取りで、この雪景色も何のその!今日は週に1度のコーラス・レッスン日!午後二時にいそいそと集まります。目標があるっていいですよね。
「海の底から」さん・・・  本当にありがとうございました。
えすえさん、伊藤さん、楽しい週末を♪

NoTitle 

>海の底さん
CDでこの曲を聴けるって、ホントに夢みたいですね!感激しました!
聴いていたら嬉しくて、「みんなの歌」当時の映像が蘇ってきました!
勢いづいて、ついつい音声と写真を編集してYouTubeにUPする体制になってしまいました!
高根さんにチェックして頂いて、UPした際には、お知らせしますね!


>高根さん
今回の件では本当にありがとうございましたm(_ _)m
練習に励んでいる皆さんの姿を思い浮かべながら、また聴いていますよ!
YouTubeにUPの件、メールでもお知らせしましたが、チェック等、宜しくお願いいたします。
今日も大雪なので、お足元にはくれぐれもお気をつけてお帰り下さいませね。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/14 14:13分 
  • [Edit]

YouTubeに「海の底から」をUPしました! 

アンサンブル・プラムベリーさんのCD音源「海の底から」に、
私が選んだ写真を編集して、先程YouTubeにUPしました!
プラムベリーさんから許可を頂きました。ありがとうございますm(_ _)m
「みんなのうた」の動画に近い雰囲気の写真を使いました。
詳細は改めて別の記事にしようと思います。

海の底から アンサンブル・プラムベリー
http://youtu.be/LAlZMxcIV6s
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/14 20:06分 
  • [Edit]

海の底から バンザイ 

えすえさん YouTubeに Up、本当にありがとうございました。
1966年の曲、あの時の印象をこわしていませんか?
ドキドキです。

伊藤さん、50年近くも前の曲とはおもえません。いい詩・曲ですね♪♪♪

NoTitle 

追伸
えすえさんのすばやい技には驚くばかり!
感動的な素敵なお写真の数々です。

NoTitle 

>高根さん
こちらこそ、勝手に作ってしまったのに、ありがとうございますm(_ _)m
プラムベリーさんの合唱は素晴らしくて、
あの時以上に、更に盛り上がる程ですよ!

コーラスだけでなく、編曲、ピアノなど、皆さんが一眼となって
曲を更に素晴らしいものにしていますね♪

そういう訳で、気持ちが高ぶって、すぐに作りたくなってしまったのです。
そうでなければ、こんなに素早くは出来ません(笑)
本当に良い歌詞、良い曲だと思います。

残念ながら山本直純先生は亡くなられましたが、
「海の底から」で、新しい出会いが生まれましたね♪

当時の「みんなの歌」では、海の底、海中でスキューバダイビングしている人、
沖でウィンドサーフィンしている人のアップの動画、
最後は夕日の動画でしたので、
出来るだけその雰囲気に合わせた写真を選びました。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/14 22:57分 
  • [Edit]

ありがとうございます! 

youtube
拝見いたしました。こんな展開になるとは・・・
本当にうれしく、感激です。えすえさん、高根さんの素早い行動力、好きだからこそ・・・ですよね。映像を見ながら、コーラスを聴きながら、当時のことなど思い浮かべております。また、こうした人とのつながりという素晴らしいプレゼントをいただいて、なんという幸せ・・・これからもよろしくお付き合いくださいませ。
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2014.02/15 21:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

>海の底さん
ご覧下さってありがとうございます!
素人のお遊びで、YouTubeにUPしてしまいました・・・。
私の勝手な思い入れの編集で作りましたが、海の底さんは作者さんでいらっしゃるので、
また私とは全く違う思いがあると思いますので、勝手に申し訳ありませんm(_ _)m
作った方、歌った方、それぞれの思い入れがあるかと思います。
私も、この曲の良さを、今回の件で再確認いたしました!
こちらこそ、今後も宜しくお願いいたしますm(_ _)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/15 23:44分 
  • [Edit]

再生回数がどんどんふえてますね! 

えすえさん、伊藤さん、おはようございます。
雪の影響で、昨日はあいにくフランスパンを店頭で買えませんでしたが、住まいの周りは、車でも問題なく往来できるようになりました。お元気ですか?
コンサートので歌ったこの曲を聴いていただき、気に入っていただけたから、YouTubeにUPなどという嬉しいお話になりましたが、演奏はまだまだ未熟です。申し訳ありません!でも精一杯歌いました。この幸運は、素敵な作詩作曲編曲、そして「海の底からの」熱烈なファンであるえすえさんの情熱のおかげです。素晴らしいお写真の数々で、豊かなイメージがどこまでも広がります。えすえさん、伊藤さん、本当にありがとうございました。REIKO先生、MARO先生、団員一同感謝でいっぱいです。

横浜混声合唱団の「海の底から」 

>高根さん
こんにちは!雪の影響がまだ残って交通も遅れ気味ですが、
私の方面は何とかなっています。
地方によっては大雪で交通が遮断され、孤立化し、
食料も届かず大変な状況の地域もあるようですね。
早い復旧を望まずにはいられません。

この度は素晴らしい楽曲のお陰で、素敵な出会いがあり、
素人の編集で申し訳ありませんが、YouTubeで楽しんで下さる方も増えてきました。
この楽曲や合唱等に興味関心を抱いて下さる方々が、
更に一層増えることを願っています!

先程、アンサンブル・プラムベリーさんのYouTubeと同様に
横浜混声合唱団さんの「海の底から」もアップしました。
混声合唱と言うことで、プラムベリーさんとはまた別の魅力が感じられますね♪
こちらは、プラムベリーさんと指揮者と編曲者が同じ、吉田孝古麿氏、宮 怜子氏で、
繋がりのある合唱団ということで、YouTubeに張ったHPも相互リンクとしました。

高根さん、色々動いて下さって、本当に感謝いたしますm(_ _)m
REIKO先生、MARO先生、団員の皆様、
そして、海の底からさん、ありがとうございますm(_ _)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/17 15:12分 
  • [Edit]

やったー! 

伊藤敬子さんの素敵な詩を海のお写真にのせていただけたら~♪とのレイコ先生のリクエストに素早く快く応えてくださったえすえさん!お見事です。
本当に本当にありがとうございました!
伊藤さん、ますます記念になりますね♪

NoTitle 

>高根さん
歌詞入りのものをご提案頂いて、出来るかどうか心配でしたが、
案外簡単に出来ました。
喜んで頂けて、とても嬉しいです。
たまたま、今日はずっと家に居たので、すぐ出来ました。
ありがとうございますm(_ _)m

今夜、「海の底から」の記事、今回UPしたYouTubeのアドレス入りの記事を
新たにUPしましたので、そちらも宜しくお願いいたしますm(_ _)m

「海の底から」をYouTubeにUPしました!
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-1255.html
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/17 21:49分 
  • [Edit]

感謝申し上げます。 

50年近くも日の目を見ずに、ずっとえすえさんが大切にしてきてくださったおかげです。それがプラムベリーさんの目に留まり偶然にも私も
このブログの存在を知り、訪問させていただいて・・・あれよあれよの快挙ですね。
これからは、好きな時に、好きなだけこの曲に触れていることができます。それも、素敵な写真入り、歌詞つきで・・・本当に、嬉しいです。高根様からCDを送っていただいたことも本当に感謝です。見ず知らずの皆様の温かい行動の力に感激、感謝を申し上げます。もう1度「海の底から」の曲を聴きたいと思い続けてきた私にとって本当に、本当に大きなプレゼントでした。皆様ありがとう。心より感謝申し上げます。、
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2014.02/18 21:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

>海の底さん
この曲に関しては、私はただ単に長年好きだっただけで、
合唱のコンサートに採用して下さって、新たなアレンジもして下さった
ピアニストであり音楽家のReiko先生のお力があったからこそだと思います。

そして、コンサートのCDを送って下さったことで、点が線となり、面になり・・・。
今度は聴きたい時に、いつでも聴けるようになりましたね~。

「みんなの歌」で流れた映像のイメージで写真を編集したのですが、
海の底さんのイメージと違っていたら申し訳ありませんm(_ _)m

しかし、やはりこの歌詞は色褪せることがないですね!
この希望に溢れたスケール感!
本当に大好きです!
海の底さん、素晴らしい詩を、ありがとうございましたm(_ _)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/18 23:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

気に入らないなんてとんでもありません。年を経て今は、静かな優しい海に心和まされます。十代のころ夢見た未来。50年近くも前のことなのに鮮やかにおもいだすことができます。
自分にはないもの、自分に与えられていない境遇、そんな中で夢見るもの、憧れ、目には見えないけれど確かなもの、真実を求めていた少女がいた・・・この曲を聴きながら、その時の少女と現在の自分とを重ね合わせつつ、またこれからの未来を無駄にすることなく生きようとそんな気持ちを抱かせてもらいました。
ふさわしい画像です。編曲してくださった
宮玲子先生、吉田考古麿先生にも深く感謝、申し上げます。
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2014.02/20 10:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

>海の底さん
そうおっしゃって頂いてホッとしました。
私もあの頃の自分を思い出しながら、
まだまだ青春よ!と思いながら、日々送っています。
この歌詞、このメロディー、この曲にまつわる皆様のお陰で青春でいられます。
ありがとうございますm(_ _)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.02/20 11:48分 
  • [Edit]

お久しぶりです 

海の日がめぐってきました。半年前にはえすえさんや高根さんらのおかげで「海の底から」のコーラスをyoutubeにupしていただき、本当にありがとうございました。お陰様で今年の海の日は、コーラスを聴きながら思い出にふけりつつすごせそうです。残念なことに、誕生日ではなくなってしまいましたが・・・
お変わりなく、お過ごしでしたでしょうか?
台風やら大雨やら未だ梅雨も明けず、夏休みというのに、今夜もまた、関東地方は局地的大雨警報が出ている始末です。肌寒いですね。
大好きな海に出かけるには、天候がいまいち・・・の日々です。
えすえさん、どうかお元気でお過ごしくださいね。それから、もしもご覧になっていたら、
高根さん、宮先生もお元気で、コーラス活動、楽しんでくださいますように。
本当にお世話になりました。
ごきげんよう。
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2014.07/20 22:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

>海の底さん
ご無沙汰しておりました!コメントありがとうございます。
海の日ですね!夏といえば海!
何年か前から祝日になりましたね。
こちらも、梅雨明け直前の雰囲気ですが、不安定なお天気続きです。

この曲と出会って早48年経ってしまいましたが、
この曲を聴く時の気分はあの頃のままですよ~♪
持病はありながらも定期健診を受けながら元気に過ごしていますよ~!
海の底さんの歌詞の「真実の瞳」の部分には、いつ聴いても新たな力が湧き出てきます!

1週間程前、アンサンブル・プラムベリーさん、横浜混声合唱団さん他、
大勢の合唱団が出演された横浜でのコンサートに行ってきました!
「海の底から」の合唱はなく、高根さんとご挨拶するお時間もなかったのですが、
宮先生のピアノも拝見出来て、素晴らしいコンサートに感動しました。
横浜、海の匂い、夏の始まりを満喫する一日となりました。
今後、このような機会があれば、ご一緒出来ると良いですね♪

48年もの間、私の体内を流れていた「海の底から」を海の日の曲として、
もっと多くの人に体感して欲しいと願っています。
海の底さん、ホントに名曲をありがとうございます!
今後も、お元気で、宜しくお願いいたします。


植物や自然も大好きで行った所の写真等を編集してYouTubeにUPしています。
下記の記事に内容がまとめてあります。
お時間ある時にどうぞ~♪

アジサイの高幡不動尊と梅雨時の京王アンジェ
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-1301.html


こちらのチャンネルで植物や自然の写真等も公開しています↓ ↓
Audy Dog
https://www.youtube.com/channel/UC96fSrhqUv30NkQxuxDFvWw
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.07/21 10:49分 
  • [Edit]

こんにちわ 

久しぶりにblogを、のぞいたら、コメントの回数が増えているので、読ませていただきました。
『海の記念日』・・・祭日になる前、7月20日が、私の、今は亡き母のお誕生日だったこともあり、なんだか、ほんとうにご縁を感じます。
えすえさん。先日は、「MARO60」 のコンサートに、お出掛けいただいたそうで、ありがとうございました。
10年に1度きり、ほんとうに幸せなことに、マロ先生の合唱団でピアノを弾かせていただいているおかげで、あのような素晴らしいホールで、(*^▽^)/★*☆♪うたがあるから、みんながいるから・・・を肌で体感し、えすえさんをはじめ、たくさんのお客様に聞いていただけて、心に残るコンサートになりました。
今度は、ぜひお目にかかれるチャンスがあるといいですね。
明日から梅雨明け、本格的夏の到来です。夏の太陽に負けないよう、キラキラ、がんばりま~す!
  • posted by Reiko 
  • URL 
  • 2014.07/22 00:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

>Reiko先生
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます!
先日は横浜のコンサートで大変感激いたしました!
合唱って、音楽ってある意味スポーツかもしれない!と感じました。

それぞれ魅力ある合唱団でした!
主役のマロ先生のお歳を全く感じないバイタリティーとユーモアとセンスと!
Reiko先生のピアノを録画ではなく、生でリアルで拝見させて頂き感激でした!

本当に楽しい一日でした。
ご挨拶するチャンスがなかったのが残念でしたが、またこのような機会があれば
楽しませて頂きたいと思います。

海の日はお母様のお誕生日でしたとは!
「海の底から」が色々な御縁を繋ぎあわせて下さっているのですね♪
夏本番になりました。どうぞ、お体にお気をつけられて、音を楽しんでくださいませね~♪
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.07/22 19:55分 
  • [Edit]

~海~ 暑中お見舞い申し上げます。 

こんばんは。伊藤さん、お久しぶりです。お元気そうでよかったです。あの雪の日々から、一転、梅雨明けで、猛暑到来ですね。
伊藤さんのお宅からはかなり遠いと思いお声をおかけしなかったのですが、吉田孝古麿先生の合唱式活動60周年記念イヴェント第2弾のコンサート“アレンジばんざい”がこの7月13日にあり、えすえさんに来ていただきました。えすえさん、本当にありがとうございました。嬉しかったです。(いただいたメッセージ先生方や団員に伝えました。)素晴らしいみなとみらい大ホールで、一杯のお客様の前で演奏できて幸せでした。
レイコ先生もマロ先生も、メチャクチャかっこよかったです。

私事ですが、次女も社会人となり一人暮らしを始めることになりましたが、それがなんとえすえさんがお住いの街の目と鼻の先!ご縁を感じました。困ったことがあったら、どうぞよろしくお願いいたします♪

いつか皆様とお会いできたらいいですね。
“海”のある茅ヶ崎にお招きしたいです・・・

訂正しなくちゃ 

マロ先生の合唱[指揮]活動60周年記念、
MARO60でした。失礼しました♪

NoTitle 

>たかねさん
コメントありがとうございます!
先日は素晴らしいホールで素晴らしいコンサートを拝見出来て
本当に楽しく嬉しい一日でした!

合唱のコンサートは小学生の頃NHK TV でいつも観ていた「みんなの歌」「歌のメリーゴーランド」。
そして、生ではママ友の関係で杉並児童合唱団のコンサートと、
更に古くは小学校の音楽の先生が携わっていたフレーベル少年合唱団のコンサート以来でした。

音楽はジャンルを超えて色々好きですが、
先日のコンサートでは、マロ先生のお元気なパワーと
ステージの皆様の素晴らしい演奏と歌声で、
新たな力がみなぎって来るのを感じました!

いやいや、皆様にメッセージを紹介されたとは・・・(汗)
お恥ずかしいですが、感動を頂けてありがとうございます!

次女さんが我が家の近くに来るご縁!不思議ですね♪
こちらこそ、近くなので何かお役に立てれば良いかなと思います。

いよいよ夏本番!夏といえば海!海と言えば「海の底から」。
そうそう、私は海と言えば茅ヶ崎も好きですよ!
加山雄三さんにサザンも!
夏バテしないよう、お互いに夏を元気に突っ走りましょう~♪
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.07/22 22:00分 
  • [Edit]

茅ヶ崎ご存じでしたか♪ 

まあ!茅ヶ崎をご存じでしたか!嬉しい!コンサートでは、茅ヶ崎市歌も披露できて満足でした。
茅ヶ崎のゆるキャラは、歌詞にも出てくる「烏帽子岩」からとった「えぼしまろ」なんですよ。十六茶のCMで、メジャーとなりました。(最初のバージョン)
「マロ」は茅ヶ崎でも健在です!

「海」が似合う「夏」を楽しみたいですね。どうか、お元気で。
こぴっとブレイクの♪山梨♪出身のえすえさんへ

NoTitle 

>たかねさん
夏、海・・・の茅ヶ崎はゆるキャラでも「マロ」なんですね~♪
「みんなの歌」の「海の底から」のあの海の動画はどこの海だったのか?
茅ヶ崎だったら、これまた凄いことですね!
「烏帽子岩」も知っていて昔に観ていますよ!

海がない山梨県で生まれた私でしたが、
小学生の頃は東京湾に徒歩10分の地域で暮らしていて、海によく行きました。
「海の底から」を「みんなの歌」で放映していた頃もそうでした。
海、夏、「海の底から」は私の永遠の青春かもしれません。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.07/23 23:54分 
  • [Edit]

~海~ 

そうでしたか!海に馴染んでられたんですね。
湘南の海も、昔家族できた頃と違い、最近はすっかりきれいになっています。

YouTubeにアップしてくださった映像も、伊藤さんの世界が広がるすばらしいものでした~。えすえさん、感謝です♪♪♪、

NoTitle 

>たかねさん
湘南の海も綺麗になりましたか~!
最近は江ノ島から先は行ってないのですが・・・。
あの「海の底から」のYouTubeは自分でも奇跡でした!
関わって下さった皆様のお陰です!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.07/24 22:06分 
  • [Edit]

みんなのうたファンです 

突然お邪魔します。
『海の底から』で検索してやってまいりました。
60年代の「みんなのうた」が大好きなHNるんるんと申します。
この歌が大好きで、今でも時々聴いては安らいでいます。
梓さんの放送バージョンもN児のレコードバージョンもどちらも本当に美しくてしびれっぱなしです。
山本直純先生の曲が大好きで同時期放送の『いちばん熱い心の歌』『夕日が背中を押してくる』とともに『海の底から』を愛して止みません。
作詞をなさった伊藤さんのコメントにはビックリしました。
朝からとても良い気分です。
嬉しくて思わずコメントさせていただきました。
この曲を聴きたいという人がいるので、こちらのブログを紹介させていただきます。
それでは、失礼します。
  • posted by るんるん 
  • URL 
  • 2014.09/15 05:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

>るんるんさん
初めまして!ようこそお越しくださいました!
「海の底から」がお好きな方が、またまたいらしたことが嬉しいです!

山本直純先生の曲は私も大好きですが、
「いちばん熱い心の歌」「夕日が背中を押してくる」は知りませんでした。
調べてみると、この2つの曲は1967年、68年発表の曲のようですね。
早速、YouTubeに上がっていた方の「夕日が背中を押してくる」を聴いてみました。
懐かしいような、癒される曲ですね。

そういえば、GSブームの頃、確か1967、8年だったでしょうか?
森永チョコレート・エールのTVCMで山本直純さん自ら出演の
「大きいことはいいことだ~♪」は非常に印象的でした。
山本直純さんは、その生き様もパワフルでいつも笑顔の方でしたね。

「みんなの歌」が大好きでしたが、「海の底から」1966年7月を最後に、
その後、殆ど「みんなの歌」を聴かなくなってしまいました。
1966年の夏休み以降、中学生でクラスの皆んなの影響を受けた私は、
当時大ヒット中の加山雄三さんを熱心に聴くようになり、
その後もグループサウンズにのめり込み、
この番組は聴かなくなってしまったのです。
この顛末はブログの「私の音楽遍歴」に書きました。
ほんの1、2年の時差で思春期だった私は聴く音楽が変っていったのです。

「海の底から」は、そんな思春期の私の、微妙な心を歌ってくれたような曲でもありました。
このブログで、この曲の作詞家さんや関わりのある方々に出会えたこと、
そして、るんるんさんがコメントくださったことに、心から感謝しています。

私自身も今年になってから、合唱団のアンサンブル・プラムペリーさん他のご協力を得て、
YouTubeに「海の底から」をUPしたので、宜しくお願いします。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.09/15 15:37分 
  • [Edit]

みんなのうたファンふたたび 

えすえさま。

ご丁寧なコメント、ありがとうございました。(^^)

『海の底から』について、十数年前になりますが、今は休止してしまったサイトに投稿したことがあります。

こんなことを書きました。

僕達の生まれてきたところは、本当は海の底だったに違いない。
母親の胎内に生を受けた時、人類の進化を辿るが如く、海の生物からの変化(進化)を行って生まれてくるのだ。
そして、母親のような広い心を持った海は、空の青さよりさらに神秘的である。
母なる海は、時に荒れ狂うが、それでも人が懐かしさを感じるのは、僕たちのルーツが海だったことを物語っている。
さて、この曲『海の底から』は、等に類例のない際立った美しい旋律で聴く者の心を掴んでしまう魅力がある。
この歌を聴きながら、うっとりと静かな時を過ごすのは、至上の幸せだ。
皆さんも、心穏やかにして、雑念を取り払い、この曲の世界を彷徨って見ては!?
 by・るんるん

ネットを始めた頃に書いた思い出のコメントですが、大好きな曲であることを、頑張って書いたものです。

今は「60年代 懐かしいの宝箱」というサイトに「みんなのうた」の記事提供をさせてもらっています。

そうそう、GSも大ブームでしたね。
タイガースやスパイダースは勿論好きでしたが、「みんなのうた」は少年期の僕にはかけがえのない音楽でした。
特に児童コーラスが好きでした。
還暦の今でも西六郷少年少女合唱団や杉並児童合唱団の定期演奏会を鑑賞しています。

山本直純さんの曲は他に『城あと』も放送されています。
合唱組曲「えんそく」の中の一曲ですが、この曲も素晴らしいです。

山本直純さんと中田喜直さんの曲はどの曲も素晴らしくて、僕にとっては神のような存在の作曲家です。

最後に、やはり十年以上前に選んだ60年代「みんなのうた」ベストテンを紹介させていただきます。
自分勝手な記述をお許しください。

'60年代ベスト10(るんるん選)

コメント:
40年もの歴史があると、大好きな曲がいっぱいありすぎて、
とても10曲に絞ることができません。
でも10年を一区切りにすると、なんとかなりそうです。
まずは、一番古い60年代の曲からセレクトしてみました。

第10位 「約束」
 自然界の約束を守って生きていくサケや白鳥を題材にした中田喜直先生作曲の名曲です。
 放送当時、心打たれ毎日かかさずテレビを見ていたことを鮮明に思い出します。


第9位 「夕日が背中を押してくる」
 夕日をバックにして家路につく子供たちの映像が今も目に焼きついています。
 阪田寛夫、山本直純両先生が放った美しい合唱曲。


第8位 「どこかがちがう」 
 歌いだしのソロが印象的な秋の歌です。
 そして、中間部の「○○○・・・な秋」が、4つ続くところも、おしゃれで大好きです。


第7位 「青い芽」 
 放送当時、聴くとすぐに魅了された曲です。
 それまで聴いた事がない新感覚の合唱曲で、虜になりました。
第6位 「ラ・ゴロンドリーナ」(つばめ)
 聴き込むほどに、しみじみとしてくる名曲ですね。
 この歌の世界に浸っているのが大好きです。


第5位 「あんまりみどりがあかるいから」
 サトウハチローさんらしい詩で、寺島尚彦さんの曲が見事に調和しています。
 まずタイトルに惹かれ、詩に惹かれ、曲に心奪われた素晴らしい歌です。


第4位 「街」
 いずみ・たくさんは、詩に合わせてさらっと曲をつけているんですが、
 そんな中にも胸に沁み入るメロディーが僕を惹きつけてくれます。


第3位 「海の底から」
 何度聴いても飽きないってことは、やっぱり名曲なんですね。
 聴くたびに気持ちが昂揚してしまいます。


第2位 「いちばん熱い心の歌」
 とってもいい曲で、僕の心の歌です。
 石原慎太郎さんと山本直純さんに感謝します。


第1位 「もえあがれ雪たち」
 やっぱり、この曲!
 初めて聴いて以来、僕の中では不動のベスト曲。

「もえあがれ雪たち」以外は、その日の気分で順位が変動しても不思議ではない名曲ぞろいです。
別の日にセレクトしたら、入るかもしれない曲として次の10曲も挙げておきます。
「回転木馬」「ぼくらの町は川っぷち」「星のヨーデル」「五月のうた」「るんるんるん こな雪が」「山のスケッチ」「さわると秋がさびしがる」「春風のドライブ」「星の実」「勇気のうた」

大変失礼しました。(汗)
  • posted by るんるん 
  • URL 
  • 2014.09/16 21:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

>るんるんさん
熱いコメント、ありがとうございます。
私は全く知らない曲ばかりでした。
「60年代懐かしの宝箱」のサイトと合わせて
勉強させて頂きましたが、イマイチ現在の自分とは合わないようでした。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.09/17 21:16分 
  • [Edit]

お久しぶりです… 

ご無沙汰しているうちに年も改まり、早、2015年もⅠ月
が終わろうとしています。
月日の経つのが早いですね。 
九月以来の書き込みがなくさみしく思っておりました。お変わりないですか?
今年は、少し、詩をかいてみようか・・・などと思っているところです。 若い頃のような元気な詩は書けないかもしれないけれど老境に至っての心安らぐ作品を目指しましょうかな・・・
もう、ちらほらと梅の便りなど届く季節、インフルエンザも下火でしょうか、お体おいとい下さいね。
ではまた・・・
  • posted by 海の底 
  • URL 
  • 2015.01/29 10:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

>海の底さん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
1ヶ月以上更新がないブログの場合、コメントがすぐUPされない仕組みになっていて、ご迷惑おかけしました。

とても元気ですよ!(病院の定期受診はしていますが)
このプログの最新の更新記事(2014/11/1)にもあるように、昨年11月下旬にギャラリーをオープンさせました。
ブログタイトル「花風林」をクリックすると最新記事が出ます。

このブログのリンク先にこのギャラリーのブログ「ギャラリー花風林」があります。
http://galleryhanahuurin.blog.fc2.com/

そのため、昨年後半はずっと忙しくしていてブログの更新もままならない状態でした。
現在も慌ただしく「ギャラリー花風林」のブログの更新もままならず・・・。

この「海の底から」の記事はネットの検索のトピックになっていて、元々古い記事なのですが、かなり多くの人の目に触れるので、
宜しかったらブログのコメントでなく、メールでお送り下さった方が内容的に安心かもしれません。
ギャラリー花風林に連絡先メールアドレスが載っています。

または、このブログの右欄の最も下部に「メールフォーム」があり、そちらから私宛にメールが出来るようになっています。

海の底さんがお元気で詩作を始められるそうで、とても嬉しく、楽しみにしています。
色々案じて下さってありがとうございます。
冬も後半戦に入ります。お元気でお過ごしになりますように~。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2015.01/31 01:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。