花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELUHI 8/7 CCレモンホール解散ラストライヴ・レポ

先にDELUHI CCレモンのセットリストだけUPしましたが、早くそして記憶と情熱が冷めないうちにレポを書かなくては・・・と押し詰まって、とりあえず書きました。


まず、私は前にも書きましたが今年からのファンで、DELUHI のライヴは最初で最後となってしまいました。
このレポを書く前に他の方のレポなどは見ていないので、間違っている部分とかあるかもしれません。
セットリストに沿って、ほぼライヴの流れのままに書きます。
見てもらうレポより、自分のために書いたようなレポですが・・・。


なぜか、今日は一日中ライヴ1曲目だった「HYBRID TRUTH」が頭の中をグルグル旋回しています。
胸に切なく響きます。

DELUHIYggdalive2009 DELUHI  2009年


客層は解散ライヴということもあるのか予想以上に男性客が多く約3割ぐらい居て、男性の殆どは20代ぐらいに思えました。
女性客はかなり幅広く、10代~40代って感じで一番多そうなのが20代かな?


会場後、「ヴァンダ・ラジオ」があるので、なるべく早く着席するようオフィシャルから前日に案内がありました。
でも、開場時間が10分ぐらい押していて、私は早く着席(2階席)した方ですがヴァンダ・ラジオの放送は進んでいて、内容は聞こえたものの落ち着かず結局何を話していたのか覚えていません。
Ledaさん及びメンバーの笑い声などしか覚えてないのです・・・残念。


<ライヴ開演>
ライヴの始まりは20分ぐらい押していました。
メンバーがステージに一人ずつ登場するのですが、舞台袖で次を待つメンバーがスクリーンにリアルタイムに映し出されています。
このように袖で待機している様子をステージ中央のスクリーンに映し出す演出は、他の何かでも見たことがありますが、緊張しているメンバーの顔がリアルに伝わるので、こちらもドキドキします。


一人ずつ登場しセンターでアピールして、それぞれの位置に着くと始まりました。
衣装はお馴染み「VANDALISM」のもの。


1曲目の「HYBRID TRUTH」の時、パーーンとキラキラテープが客席に沢山投げ込まれました。
それを手にしてキラキラ暴れる前方の客席。
そして、オープニングからグイグイ引っ張られる勢いのある曲が続きました。


2階席で遠かったのですが、ステージ全体が見渡せ、顔のUPなどはステージ中央のスクリーンに映し出され、結構2階席でも満足でした。


最初の曲あたりで、懐かしいPV映像と今の映像が交互にスクリーンに流れます。
曲だけでなく、インタビューPVも流れ、涙を誘う演出を感じますが満足でした。
CCレモンホールだけに、舞台背景に歌詞が綺麗に映し出されたり、スモークやドライアイス、バーーン!と花火のような演出などが結構あって派手で綺麗でした。


ソールドアウトで2階席の奥まで(私が居た所)満員で、招待客も2階ですが、2階だけでも段になっていて招待客の方は前方なので見えませんでした。
摩天楼オペラのメンバーとか、AKB のまゆちこと内田眞由美さんがどうやらこっそり来ていたと噂がありました。


大きなホールのせいか、あまりお立ち台には特にJuriは乗らなかった気がします。
メンバー皆がドラムの所に集まって、ドラムに向かってガーーッと演奏するところなど、仲いいな!って感じがして私は好きです。


ジャンプする曲など激しい曲の連続。
私の左隣は結局誰も来なかったのでスペースがありましたが、お隣のバンギャさんが激しくヘドバンしてスペースがないに等しい感じでした(笑)
2階席の奥の方でも、大きい声でメンバー名を叫んだり、ヘドバンして暴れたりの人達が沢山いて皆燃えてました


男性ファンも結構ヘドバンとかしていました。
また、私の前の席二人は日本人ではなく(アジア系)でも、元気いっぱいに特に「咲き」をよくやっていました。


シェイド」はモッシュをする曲だそうで、モッシュを見たことなかったのですが、2階から見ると「あれがそうなんだ?!」という、カニの横歩きみたいなの(これモッシュですよね?)を前列の方々が綺麗にやっていて感激しました。


ベストアルバムの一応新曲「砂の泉」のJuriのフリは想像以上に自然で良かったです。
ツアー中こなれて巧くなったのでしょうね?
勿論、「砂の泉」の異国風な曲調も良いですね。


The Farthest」は私が大好きな曲で、泣きのギター、途中からワルツの3拍子。
これは昨年の赤坂BLITZの演出の方がレーザーを使って派手で良かったですが、演奏はサイコーに良かったです。
本当に聴き応えのある曲ですね。


スークのドラム・ソロ
これは長くて・・・10分はやっていたでしょうか?
そして、途中腕が尽きるまで・・・マイクスタンドをステージにバタンと倒してしまい・・・本当に全身全霊でやっていて、泣いていました。
「今日で最後」ということを少しコメントしながら、とにかく凄かったです。
長いドラム・ソロだったので、メンバーは着替えて出てくると思いきや、そのままで出てきました。


「G.A.L.D 」「REVOLVER BLAST 」は不動の究極の流れです。
気持ちがメラメラ燃え上がります。


Frontier」も大好きです。
PVのように(PVとはギターが違うせいか)、Ledaさんの派手なギター・アクションが見られずちょっと不満。
そうそう結局、Ledaさんのギター・ソロはなかったし、解散ツアーを通しても1~2回しかソロはやっていないのでは??


古い曲も織り交ぜながらいろいろやって、それから楽しい「F.T.O」
Juriが「夏の思い出にF.T.O!!」と言ったのが楽しい♪
「2階席!!」「1階席!!」「おとこーー!!」「おんなーー!!」と煽る。
ちゃんと男性客も大声出して「F.T.O!!」と叫んでいました。


にぎやかな「Departure」で本編終了。
アギーはずっと笑顔を振りまき、Juriは泣いて歌っているような時もありました。


アンコールはどの程度やってくれるのでしょう??


DELUHI アー写縦 DELUHI  2011年 


<アンコール>
8/7限定のツアーTシャツに着替え、アンコールでは、まずスークとアギーのやり取り。
スークが「一緒に何度も話したよな?!」とアギーに
アギーは「僕が泣いちゃいけないと思って・・・」と言って、ライヴツアーで感じたことなどを語る。
そして、「またこのようなステージに立ちたい・・・」と、音楽活動は継続らしい話をしました。
抱き合う二人。


そして、ステージ中央お立ち台でのアギーのベースソロ
低く、低く構えるいつものスタイルで。


その後、ステージ背景には光の雨が降る「Remember The Rain」。
美しい演出と美しい曲・・・。
DVDでは観ていましたが、この曲を直に聴けて幸せでした。


物販紹介では・・・かなりのグッズが売り切れとなってしまいましたが、それでもJuriが紹介していました。
噂には聞いていましたが、Juriは天然で本当にほっこりします。
狙って笑わすつもりがないのに、皆が温かい目で笑ってくれます。


今回もトートバッグの紹介でJuriは「トートケース」と言っていました(笑)
ここでスークさんが髪をシュシュでポニーテールにするのですが、グッズのシュシュは売り切れのため、前の方のファンが持っていたシュシュを投げ入れ、これを使ってポニーテールに。


そして、2度目のアンコールの時には「星の無い夜に」までやってくれました!!
この涙の感動の曲!!
この曲では今までも何度も泣きました。
声が枯れ、Juriの高音があまりよく出ていませんでしたが、そんなことはこの際どうでもいいです。


解散についてのコメントをメンバーが一人ずつ。
ドラムセットの台に腰掛けて、メンバー皆下を向いたまま・・・。
今日はスークさんが結構メンバー皆をまとめていました。


一番解散についてしゃべってもらいたいLedaは、ずーっと台に腰掛俯いたまま。
振られると「ここにヴォリームって書いてあるな~とか見ていた」とギターを指して泣き笑顔で話す。
Juriは泣いていたのでしょうけれど、案外しっかりとMCを勤めていました。
アギーも笑顔っぽい中で、無理している感じがありました。


Orion once again」では何度も何度も皆で歌いました。
男性の太い声も響き渡っていました。
そして、力強いヘドバンも!!
ああ!皆一緒に最後のDEJUHI を見届けて、一緒に楽しんでいる・・・。


最後の曲「Two Hurt」
DELUHI として最後の演奏の曲。
「君にI Miss You ~♪」と最もV系らしい曲で幕を閉じてしまいました。


最後に会場の皆で横に手を繋ぐ
さっきまで泣いていた人も、笑顔で左右の人と手を繋ぎました。
ステージ上のメンバーも、通路越しも全部繋がって、ジャ~~ンプ!!


Ledaがピッグを撒きます。
まだ中身のあるペットボトルを客席に投げ入れます。
「濡れちゃった人、ごめんね」とJuri。
タオルを巻いてペットボトルを遠くへ投げます。
この時、メンバーは晴れ晴れとした笑顔でした。


Ledaが「DELUHI を愛してる・・・」と最後に涙ながらに叫けび「レダーー!!」の大きな声援を客席から受ける。
でも、いつのまにか真っ先にいなくなってしまったLeda。
最後にスークさんが袖に戻ったような?
そして、ホールの照明が明るくなり・・・もう、DELUHI のライヴは2度と観られない・・・。


アンコールや解散についてのMCなどを含めると、約3時間40分のライヴでした。
思い切って行って良かった!!
もっと早くファンになっていれば良かった。
本当に惜しいバンドの解散です。


カメラが何台も入って撮影していたので、DVDにはしないと言っていましたが、ぜひぜひ、ノーカットでDVDとして出して欲しいです。
この感動的な解散ライヴを、映像としてそのままの姿で残して欲しいです
私の頭の中はこれを書きながらも「HYBRID TRUTH」が流れ続けています。


DELUHI - HYBRID TRUTH  PV


DELUHI オフィシャル
http://www.deluhi.com/index_pc.html

DELUHI オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/deluhi-official


DELUHI 8/7 CCレモンホール解散ラストライヴ・セットリスト
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-563.html

昨日8/7CCレモンのDELUHI解散ライヴでしたが・・・
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-562.html


[ DELUHI ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-44.htm

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。