花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の音楽遍歴7 グループサウンズブーム到来(中学2年頃)

前回の続き

1967年の春頃から、前年からのブルコメやスパイダースの流れを受けて、歌謡界にグループサウンズ(GS)という存在が目立つようになってきました。

この頃、朝7時台の若者向けTV番組で「ヤング720」という番組が毎日あって、音楽紹介や情報などのワイドショー的な番組でした。
曜日によって司会者が違うのですが、関口宏、黒沢久雄(故黒沢監督の息子)なども司会をやっていました。
我が家ではその頃、TVの主導権は厳格な父が持っていて、朝はNHKのニュースと決まっていたのでこの番組は観ることが出来ませんでしたが、「720」は夕方に再放送があることを知り、私は再放送を観るようになりました。
学校へ行くと今朝の「720」の内容が話題になり、注目のGSを紹介するので、特に私達女子には魅力的な番組でした。

この番組で注目のザ・タイガースを初めて観たのです。
まだまだビッグになっていない、ブレイク前のタイガースで、この時の映像を今でもはっきり覚えています。
なんたって当時録画などない時代ですから、心に焼き付けるしかないのです。
カセットテープもなく、録音といえば学校の英語の授業で先生が使うオープンリールの大きなテープしかない時代でした。

デビュー曲「僕のマリー」を歌うタイガースの最初の印象は「なんじゃこれ?!変なの!!」でした。
みんな変な顔だし(ゴメンナサイ当時はそう思った)、ヴォーカルの沢田研二(ジュリー)の声があまったる~くてねちねちしていて、こんな声今まで聴いたことがない・・・と思いました。
今は何でも有りの時代ですが、ジュリーの声は当時としては相当画期的な甘い声でした。

あまり良い印象ではなかったのですが、その後、タイガースは2作目の「シー・サイド・バウンド」でブレイクし、当時小学生だった弟と一緒に、箒をギター代わりに持って、「ゴー・バウンド!」と家の中でステップしたのでした。

その後、タイガースはその年(1967年)秋に「モナリザの微笑」も大ヒットし、人気を不動のものとしたのでした。
知らず知らずタイガースにはまり込み、この頃にはタイガースが出る番組は殆ど観ていたと思います。
但し、厳格な父がTVを観ない時間に限りますが。

しかし、前年に夢中になっていた加山雄三のことも気になって、当時日曜の午後放映していた「東芝アワー」(タイトル不確か)という東芝レコード所属の歌手が出る音楽番組も観ていました。
その番組で「思い出の渚」「小さな倖せ」を歌う加瀬邦彦とザ・ワイルド・ワンズを初めて観たのでした。

こちらはタイガースと違い爽やかなGSで、特に「思い出の渚」はとても好きになりました。
爽やかなワイルド・ワンズでしたが、タイガースが「モナリザの微笑」を歌っていた秋には、ちょっとハードな「青空のある限り」を今までの甘いヴォーカルの鳥塚繁樹に代わり今度は植田芳暁のハスキーなリードヴォーカルでヒットさせ、この曲も大好きでした。
加瀬さんの12弦ギターの音が良かった。
この頃にはクラスメイト達はタイガース派とワンズ派に分かれました。

そうこうしているうちに1967年秋に新しいGS、ショーケン(萩原健一)が居るザ・テンプターズが登場。
リーダーよっちんのヴォーカル、ショーケンのハーモニカによる「忘れ得ぬ君」で注目を浴び、一気にテンプターズ派のファンもクラスでは現れ毎日GSの話題で盛り上がりました。

テンプターズを初めて観たのは、多分フジTV系でやっていた「ヤァヤァヤング」というGSが沢山出る音楽番組だと思います。
この番組は毎回観たくてたまらない番組だったのですが、当時小学生だった弟が毎週アニメを観ていて番組の取り合いになり、私は弟に譲るしかなく、たまにしか観られなかった番組でした。

この「ヤァヤァヤング」のテーマソングがとても好きで、あまり聴けなかったのですが今でもはっきり覚えています。

  暗い まだ暗い 東の空に やがて 一筋の光が伸びる
  あの光目指して行こう 若者よ 振り返らずに 
  進もう 手を繋ぎ 歩いてゆこう 歌いながら朝陽の元へ 朝陽の元へ 

スクールメイツが歌い、確か歌詞は私の記憶では上記の通りだと思います。
このテーマソングだけでなく、今は殆ど死語の「若者」「ヤング」などの言葉が当時は一世を風靡していましたね。

私はタイガースが最も好きでしたが、ワイルド・ワンズやテンプターズも好きでした。
他にも沢山のGSが次々に登場してきて、GSは大ブームとなっていきました。
GSについてなら、いくらでも書くことがありますが、それはまた別の機会に。

GSブームとクラスメイトの影響を受けた私は、この年、1967年から洋楽のポップスも聴くようになりました。


次回に続く

ザ・タイガース「シー・サイド・バウンド」        ザ・ワイルドワンズ「青空のある限り」    ザ・テンプターズ「忘れ得ぬ君」
私が初めて買った邦楽のレコード  ザ・ワイルドワンズ       ザ・テンプターズ
ザ・タイガース             「青空のある限り」(1967年)  「忘れ得ぬ君」(1967年)
「シー・サイド・バウンド」(1967年)

 

「ヤング720」
ウィキペディアによると1966年10月~1971年4月TBS系で放送されたとある。
ネットでの検索によるとザ・タイガースが「ヤング720」に初登場したのは1967/6/22。

「ヤァヤァヤング」
ネットで調べると1967年4月~1968年9月フジTV系で放送とある。


私の音楽遍歴6 徐々にグループサウンズへ傾く(中学1年頃)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-43.html

スポンサーサイト

Comment

探していた曲がわかりました 

はじめて書かせていただきます。大阪に住む中ラマと申します。
実は、以前より「暗いまだ暗い東の空にやがて・・・」ではじまる曲が何という曲か探しておりました。この曲は僕が小学5年か6年の頃何度も聞いた局で、暗いスタジオがこの歌に共にだんだんと明るくなっていく様子と合わせて大好きな曲でした(えすえさんとはたぶん同年代と思います)。
今までネットやyoutubeで調べましたがわからず、記憶ではNHKのヤング101と勘違いしそちらから調べておりました。
中々見つからないなあと半ばあきらめておりましたところ今朝、このブログを見つけ長年のわからなかったことがわかりました。若さで歌おうヤァヤァヤングのテーマ曲だったのですね。
ほんとにありがとうございます。それと、この曲が聴けるサイトをもしご存知なら教えてください。

NoTitle 

>中ラマさん
はじめまして!!
お探しになっていた曲のことが判明されて良かったですね!!
そういえば、この曲が流れ、スタジオが段々明るくなっていきましたっけ。
そのことはすっかり忘れていましたが、思い出しました。
「ヤング101」の方は、もう少しあとの時代に始まったかと思います。
毎回観ていたわけではありませんが、好きな曲だったので
歌詞だけは耳コピで当時ノートに書いていて、
そのノートが今も残っているので私もブログの記事を書くことが出来ました。
このテーマソングが私と同じに好きだった方がいて嬉しいです♪
また、少しでも中ラマさんのお役に立てて嬉しいです。

この記事を書いてから知ったのですが、当時この曲をテープに録音していた方がおられます。
ネットは本当に便利になりましたね。
以下のアドレスで聴くことが出来ます。

団塊人の雑記帳
http://www31.ocn.ne.jp/~miyazaki/

このサイト内の以下のコンテンツにあります↓↓

60年代ラジオの録音
http://imonokai.hp.infoseek.co.jp/oldsound/oldsound.htm

上記の「ヤアヤアヤング」の項目をクリックすると聴けます。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2010.02/11 22:04分 
  • [Edit]

堪能させてもらいました 

えすえさま、
41年ぶりに聞くテーマソングは頭の中のイメージとほぼ一緒でスクールメイツが歌っている姿が想像できました。
今までいろいろ探してみて見つからないので大阪朝日放送の探偵ナイトスクープ(ご存知ですぅか?)に依頼しようかとも半分本気で考えていました。
ほんとにネットは便利ですね。
明日はそちらに出張です。移動中はこの何度も口ずさんでいると思います。
ほんとに感謝しております。たいへんお世話になったので何かわからないことがあれば聞いてください。といっても少々得意なジャンルはスポーツ一般、園芸くらいですかね。
  • posted by 中ラマ 
  • URL 
  • 2010.02/11 23:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

>中ラマさん
私も約40年振りにこの曲を聴いた時には、とても感激しました~♪
「探偵ナイトスクープ」というのは東京ではやっていないようですね。
大阪と言えば、GSブームの時、リンド&リンダースが大阪から上京してきて
旋風を巻き起こしたことを思い出します。
失神のオックスも大阪出身でしたね。
「私の音楽遍歴」で、時代を追って音楽関連のことを今後も書いていきます。
しばらくはこの頃のことを書く予定です。
私は1953年生まれなので、中ラマさんと共通の話題が
今後もあるかもしれませんね。
また宜しくお願いいたしますm(__)m
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2010.02/13 01:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

前からこの曲を探していました。
ようやくここにたどり着いて大感激です。
この曲が流れる場面は、スタジオ内の階段状のところに出演者が多数腰掛けており段々明るくなっていったと記憶しています。
本当にありがとうございました。
  • posted by 中ラマさんへ 
  • URL 
  • 2011.09/10 10:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

>「中ラマさんへ」とお書き下さった方へ
ブログを見て下さって、曲を聴くことが出来たそうで、
お役に立てて良かったです。

私のブログでは音源のアドレスを掲載しただけで、
元々は下記のブログ運営者の方が持っておられる音源ですので・・・。

団塊人の雑記帳
http://www31.ocn.ne.jp/~miyazaki/

最近、たまたま昔のTV音楽番組関係のYouTubeで「ヤァヤァヤング」のテーマソングを
動画と共に聴いた覚えがありますが、
アドレス等は不明で、YouTubeの検索にも引っかかりませんでした。
が、削除されていなければ、そちらにもあることは確かです。
お時間がある時にでも、お探しになってみて下さいね。
(ブログ管理人えすえより)
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.09/10 19:16分 
  • [Edit]

ありがとうございました 

この曲を探していました。歌詞もメロディーも「若者よ 振り返らずに」までしか覚えていませんでしたが、この曲は大好きでずっと気になっていました。いつ頃聴いたのか、何という番組でやっていたのか、まったく思い出せなかったのですが、このブログで謎が解けました。
「ヤァヤァヤング」が放送されたのは、私の中学1年から2年の秋に当たりますが、この曲が流れている場面はよく覚えています。(上のおふたりが書かれていることに付け加えるならば、「あの光目指して行こう」というところで、スクールメイツのみなさんが、一斉に腕を上げていたと思います。)
また、私と同じようにこの曲を好きだった方たちがいることを知ってとてもうれしいです。ありがとうございました。
(この曲についてもっと何かわかりましたら、またメール致します。)
  • posted by MU 
  • URL 
  • 2011.10/22 18:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

>MUさん
コメントありがとうございます!!
MUさんは私より1歳年下かもしれませんね?
「あの光目指して行こう」のスクールメイツの指差しは確かにやっていましたね!
私も結構覚えています。
とにかくこの番組はオープニング・テーマの部分だけはしっかり覚えていますが、
エンディングはどうなっていたか、全然記憶にありません。
ネットの検索でこの曲についてが非常に多いですよ♪
のちのステージ101などに繋がる、意味のある名曲ですね!
また宜しくお願いします!!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.10/22 19:39分 
  • [Edit]

ありがとうございました(その2) 

>えすえ様
早速のレスポンスありがとうございました。ご推察の通り、私(男性)はえすえさんより1学年下の者です。(生まれは1955年で、早生まれです。)

さて、例の曲についてですが、当時から私はこの曲が、スクールメイツのイメージソング(当時はそういう言葉はなかったと思いますが)というか、スクールメイツという団体の歌(ちょうど学校の校歌のようなもの)と思っていました。

ただそう思った根拠が定かでなく、曲の感じから勝手にそう思い込んでしまったのか、あるいはこの曲が流れている時に、画面にその旨表示が出たのか、判然としません。(歌っているのがスクールメイツであるということははっきり覚えていましたので、「歌:スクールメイツ」というような表示は画面に出たのだろうと思います。)

この辺りのことを良く知っている人や、当時のスクールメイツの人たちが、このブログに来てくれることを願うばかりです。

追伸 ご自宅で病気療養中とのこと。一日も早い回復をお祈りしております。 
  • posted by MU 
  • URL 
  • 2011.10/23 11:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

>MUさん
度々ありがとうございます!
この曲については、特にスクールメイツのイメージソングだとは思っていませんでした。
もう少し前に槇みちるさんの「若いって素晴らしい」(今カヴァーされCMにもなっている)など、
これの時もスクールメイツがバックに居て、槇みちるさんの歌ですが、
スクールメイツそのものみたいな曲だと思ったこともありましたから。

「歌:スクールメイツ」という表示は、なかったように思いますが・・・?
あの頃は現在のTVと違って、その曲がテーマソングであることを
画面で表示することもあまりありませんでしたし・・・。

あくまで「ヤァヤァヤング」のテーマソングだったのでは?と思いますが・・・。
でも、色々と推察してみる楽しみはありますよね?
昔のことは、はっきりしていないことが随分多いですもんね♪

懐かしの番組や歌などTVなどで扱っていますが、この頃のものや
それ以前は非常に少なく、YouTubeなどで、やっと少し増えて来ましたが・・・。

病気の方は最近安定していて、
今は慎重にしながらも普通の方と同じように生活しようとしています。
ご心配、ありがとうございます。
今日もこれからライヴに行ってきます!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.10/23 14:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

このテーマ曲は私もはっきりと覚えています。今でも聴くと涙が出るほど綺麗なメロディーと歌詞が浮かびます。また、オープニングでのスクーリメイツの岡田恭子さんが大好きで本当に青春の思い出がたっぷり残っています。ある時、テーマ曲を井上宗孝とシャープファイブがバック演奏をしていましたので録音をしました。その時の音源は今でも残っていて、たまにスマホで聴いています。シャープファイブでリードギターの三根信宏さんのライブは今でも楽しみです。
  • posted by 小島 
  • URL 
  • 2015.02/08 12:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

>小島さん
古い記事ですが、コメントありがとうございます。
岡田恭子さんは存じ上げず、すみません。
この曲を録音されたモノを持っていらっしゃるとは!大変貴重ですね!
番組オープニングの映像は今も覚えています。
もう、50年近く昔のことになるんですねぇ・・・。
遠くなりましたね・・・。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2015.02/09 15:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。