花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児玉清さん亡くなる

児玉さん。
日曜午後の「アタック25」を昔からよく観ていました。
最近、病気で番組を休んでおられて心配していました。
まさか・・・でした。
品があって紳士的で知的な方で、大好きでした。
早過ぎます。
本当に残念でたまりません。
ポツンと心に穴が空いてしまいました。

児玉清 アタック25 2009年2月「アタック25」(朝日放送)での児玉清さん

娘さん(享年37歳)も胃がんで先立たれたそうで、その話をされて涙ぐんでおられる「徹子の部屋」の映像を観ました。
本当にお気の毒でしたが、まさかご自分まで・・・。

大好きな児玉さん、ご冥福を心からお祈りいたします。


下記ニュース記事は流れてしまわないよう引用転載しました。



児玉清さん死去…77歳、胃がん闘病2か月
芸能 : スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110518-OHT1T00024.htm

俳優の児玉清(こだま・きよし、本名・北川清=きたがわ・きよし)さんが16日午後0時28分、都内の病院で胃がんのため死去した。77歳だった。3月31日のテレビ朝日系クイズ番組「パネルクイズ アタック25」(日曜・後1時25分)の収録を「肝機能障害」を理由に欠席。以降、活動を見合わせていた。俳優としても「白い巨塔」「山河燃ゆ」「龍馬伝」などに出演し、人気を集めた。読書家でエッセーやコラムも手掛けるなど、多才だった。

 「アタックチャンス!」の掛け声でおなじみの名司会者が亡くなった。この日夜、都内の自宅で会見した長男で元俳優、モデルで、現会社員の北川大祐さん(41)によれば、児玉さんは2月下旬、「食欲がない」と体調不良を訴えた。

 3月上旬に検査でがんの疑いがあると診断され、中旬に胃がんと肝臓への転移も確認された。既に手術ができない状態で、抗がん剤治療をすることになった。

 最後の仕事は3月23日に収録したNHK BSプレミアムのPR用のミニ番組。同31日に予定されていた「パネルクイズ アタック25」の収録を欠席し、病院で治療に専念していた。しかし、14日に容体が急変し、15日に意識不明となった。最期は元女優で妻の好子さん(79)、大祐さんらがみとったという。くしくも2002年には長女を胃がんで亡くしている。

 大祐さんは「立派な父でした。尊敬しています。本人は最後まで『早く仕事に復帰したい。やり残していることがある』と言っていました。がんであることも知っていたが、淡々と過ごしていた」と時に笑みさえ浮かべ、気丈に応対した。

 抗がん剤治療は体力が落ちたことから1回で終了。プロ級の腕前で作品集も出版したこともある「切り絵をしたい」と言っていたが、かなわなかった。

 児玉さんは1975年4月6日の番組開始から司会を務めており、収録欠席は84年10月放送分を虫垂炎で休んで以来2度目。これまで多少の体調不良で休むことはなかった。

 長身で二枚目の東宝の第13期ニューフェイスとして活躍した。学習院大の卒業式当日に母が急死し、大学院進学の道が断たれた。知人が気を利かして東宝ニューフェイスに応募し、義理立てのため、面接試験を受けた。何の準備もしていなかったため水着審査は下着で臨んだが、本人の気持ちとは裏腹に、その強心臓ぶりが評価された。

 61年に「別れて生きるときも」(堀川弘通監督)で司葉子の初恋の相手役に抜てきされ頭角を現し、67年に東宝を退社してフリーに転身。テレビに活躍の場を移し、TBS系「ありがとう」などで人気を集めた。フジテレビ系「白い巨塔」(78年)、NHK大河ドラマ「山河燃ゆ」「武田信玄」や、SMAP・木村拓哉(38)主演のフジテレビ系「HERO」に出演。最近では「龍馬伝」で福山雅治演じる坂本龍馬の父役で印象を残した。

 芸能界きっての読書家で、自宅には大きな書庫があったが、納まりきらず、部屋中が本の山だった。語学が堪能だったため、洋書は翻訳が待ちきれず原書で読んだ。91年にNHKから「週刊ブックレビュー」への出演オファーが届くと、大喜びした。エッセーやコラムも多数手掛けた。

 ◆羽佐間道夫氏ら弔問
  この日の夜、自宅兼事務所には、声優・ナレーターの羽佐間道夫(77)ら芸能関係者や親族とみられる弔問客が数人訪れ、児玉さんとの別れを惜しんだ。近所に住む女性はインターホン越しに取材に応じ「最後に見たのは3月頃で、ずいぶん痩せられてたけど」と応答した。

 ◆葬儀日程
  ▼通夜 20日午後6時
  ▼葬儀・告別式 21日午前11時半 いずれも東京・文京区大塚5の40の1 護国寺桂昌殿にて
  ▼喪主 妻・好子(よしこ)さん

 ◆児玉 清(こだま・きよし)本名・北川清。1933年12月26日、東京都生まれ(戸籍上は1934年1月1日)。学習院大文学部独文学科卒。東宝の第13期ニューフェイスとして、61年の映画「別れて生きるときも」で脚光を浴びる。爽やかさを買われ、フジテレビ系「ナイトショー」、日本テレビ系「朝のワイドショー」などの司会も担当。75年テレビ朝日系クイズ番組「パネルクイズ アタック25」の司会に起用され、長寿番組に。主な出演作はテレビ「白い巨塔」「山河燃ゆ」「武田信玄」「HERO」「美女か野獣」。



[ 俳優タレント ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-28.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。