花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の音楽遍歴6 徐々にグループサウンズへ傾く(中学1年頃)

前回の続き

加山雄三にゾッコンだった1966年中学1年の頃、布施明にも注目しはじめたことを前回書きました。
この頃、加山さんは別格として、他にも注目し始めたアーティストがちらほらいました。

加山さんのように俳優で、今で言うシンガーソングライターであり、加山さん同様に母親が女優という荒木一郎の「空に星があるように」でした。
秋にリリースされ、この年の新人賞も獲得。
ボソボソと歌い、歌は上手とは言えないけれど、曲は叙情的なフォーク風なバラードで情景が目に浮かびます。
私が小学校の頃から好きだった「見上げてごらん夜の星を」とシチュエーションが似ています。
が、今ひとつ物足りないので注目した程度でした。

他に注目した曲は・・・グループサウンズ(GS)の先駆けヒットとでも言うべき、ジャッキー吉川とブルーコメッツの「青い瞳」
これは日本語ヴァージョンと英語ヴァージョンがあり、英語の方はラジオでなかなか流れず、1~2回位しか聴くことが出来ませんでした。
いい曲だな~外国の曲みたい・・・と当時思いました。
ブルコメのメンバー井上忠夫の作曲です。
今でも素晴しい曲だと思っていますが、惜しいことに後に自殺されてしまいました。

そして、これもGSのヒット曲の走り、田辺昭知とザ・パイダースの「夕陽が泣いている」
この曲で泣ける!!と当時思いましたし、今でもそう思います。
かまやつさんのコーラスが泣いているように聴こえます。
作詞作曲は浜口庫之助で、この年、マイク真木の「バラが咲いた」で大ヒットを飛ばした作曲家であり、ご自分でも歌う方でした。
「夕陽が泣いている」はクラスの友達からレコードを借りて何度も繰り返し聴きました。
秋の夕日を見ると、今でもこの曲が浮かびます。

この頃の私は、今までブログで書いた好きな曲からも分かるように、今思うと好きになる曲のパターンが大体決まっていました。
加山さんの曲によくあるような「夕日」「海」がキーワードの歌詞の曲。
海や夕日が小学生の頃から好きだったからです。

また、好きな曲のタイプとして、その昔に好きになり以前ブログにも書いた坂本九の「見上げてごらん夜の星を」のような、あの頃で言う洋風な(当時の言い方で和製ポップスとも言う)バラード曲。

その一方で歌詞やメロディーラインに激しさのある曲も好きでした。
布施明「霧の摩周湖」ブルコメ「青い瞳」は激しさがある曲だと言えましょう。

こうして1966年は、ブルーコメッツ、スパイダースを始めとした、グループサウンズというものが(この頃は、まだそういう呼び名はなかったが)頭角を現してくるのです。

一方、加山雄三とザ・ランチャーズ(加山の従兄弟達のバンド)の「旅人よ」はフォーク風な人気曲です。
加山さんはランチャーズというバンドを従え、エレキを使って歌うGSという設定で、この時期にこの形態でリリースするとは、来たるGSブームを見据えた曲だと言えるでしょう。

中学1年の敏感なお年頃の私は、こうしてGSの波に徐々に乗っかって行くのです。
この頃は感激したり感動したり、全てが発見の日々でした。
今、曲で感動することなんて、残念ながら、そうそうありません。
日本は東京オリンピックを1964年に大成功させ、この頃マイカーブームが訪れ、世の中はどんどん変わっていく時代でした。
そういう時代背景と私の年頃とが相俟って、感激や感動に導いてくれたのでしょう。

この頃、1966年秋頃から、深夜放送はまだ聴かなかったものの、音楽を聴くためにAMラジオの音楽番組はよく聴いていました。
TBSラジオ、夕方6時頃からの土居まさるの「ハローパーティ」(確かそういう番組名だった?)は特によく聴きました。
この頃、FMなんてあったのかな??

TVの音楽番組はフジTV金曜8時からの「今週のヒット速報」を毎週観ていました。
司会は元NHKのアナ、高橋圭三と画家の松任谷匡子(松任谷正隆の姉)。
加山さんの「お嫁においで」は10位を何週間もキープしたロングヒットの記録がありました。

ラジオやTVで音楽の情報を得ることはしていても、まだレコードを買うことはしていませんでした。

       ブルーコメッツ「青い瞳」        ザ・スパイダース「夕陽が泣いている」
    ジャッキー吉川とブルーコメッツ
      「青い瞳」(1966年)         田辺昭知とザ・パイダース
                              「夕陽が泣いている」(1966年)

※土居まさるの「ハローパーティ」
Wikipediaによると1969年4月14日~1975年9月12日に放送となっている。40年以上も前のことなので放送年は私の記憶違いか??

※今週のヒット速報
Wikipediaによると1967年4月~1972年9月まで放送となっている。1966年から聴いていたと思ったのは、これも私の記憶違いか??


次回に続く
 
     

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。