花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Superfry「Sunshine Sunshine」はとても良いけれど・・・

本日、二つ目の記事です。

東京、靖国神社の桜が咲いたそうで、昨年より6日遅い開花宣言となりました。
いよいよ桜の春が来ました。


さて、今日好みの音楽に出会いました。
たまたまTVでチラッと聴いたガツンと来るカッコいいカントリーロック!
日本人かな?
そのうち演奏にヴォーカルが入ってきた。
女性の声、もしやこれ、Superfryじゃないかな?

で、ネットで調べたら、やはりSuperfryの3/9リリースの両A面シングル「Sunshine Sinshine」だと分かりました。
CDジャケがストーンズの某アルバムと似ている(笑)


今までのSuperfryでこういうカントリーロック系ってあったのかしら?
よく流れるシングル曲ではなかったような?(シングルしか知らないので)
日本でカントリーロックをJ-POPとしてやっている人って、殆どいないような気がします。
いいとこ突いてますね♪
先日、イーグルスが来日したことを受けてこういう曲になったのかしら?


凄く懐かしくて、演奏はカッコ良くって、日本語の歌が入ったところでちょっと腰が引けて「あれれ??」と思ったけれど、でも、なかなか良いじゃありませんか!!
ヴォーカルがやや爽やか系な感じですが、それも震災後のこういうご時世なのでまぁ良いかと。
ただ、女性ヴォーカルって飽きるんですよ、私は。
男性ヴォーカルに比べてヒステリックになりがちだし、色が少ないっていうか・・・。


ヴォーカルの越智志帆さんの目標&影響を受けたアーティストとして、ジャニス・ジョプリン、キャロル・キング、マリア・マルダー、ミック・ジャガー、シェリル・クロウだそうで。
もろ、私の好みじゃありませんか~♪

Superfry 越智志帆 Superfry  越智志帆
 
主に1960~70年代のサイケデリック及びヒッピーカルチャーのスタイルに影響を受けたファッションが特徴であると記載がありますが、確かにしかり。
私はその時代にその影響を受けてますから、よーくあの頃のファッションも知ってます(苦笑)


オノ・ヨーコさんが絶賛されていましたっけ。
まぁ、オノ・ヨーコさんはああいう方ですから・・・。


旧メンバーで共同制作者でもある、作曲・編曲・ギターの多保孝一さん。
影響を受けたアーティストとして、ローリング・ストーンズ、マイケル・マクドナルド、フリートウッド・マック、ドナルド・フェイゲンなど、主に60年代から70年代の洋楽を敬愛しているとありました。
ははん、なるほど、もろに今までの曲でもそんな感じですね。
趣味が合います(苦笑)


作品の特徴としてJ-POP的な親しみやすいメロディと、60~70年代の洋楽クラシック・ロックからの影響を窺わせるアレンジおよびギター・リフとの融合が挙げられる、と書かれています。(Wikipedia参照)
それ感じますね!!嬉しくて顔がニヤケてきます(苦笑)


それで越智志帆さんが1984年生まれ、多保孝一さんは1982年生まれ。
なんでその頃生まれた人が、こういう音楽やってるの?!と突っ込む(笑)
若い人がこういう音楽やってくれるのって、私のような世代は嬉しいんだけれど、だけど・・・。


以前からSuperfryは結構いい線行ってるなと思っていたけれど、イマイチ乗り気になれませんでした。
本当はもろ好みなジャンルなんだけど、なぜか入り込めない。


どうしてかというと、昔人間の私なんかには好みの曲で嬉しいけれど、昔のもののコピーにしか思えなかったりするんですよねぇ。
昔のものそのものではなく、今のJ-POPの解釈で作られているのですが。
でも、だったらアメリカの本場ものの当時の曲を聴けばいいってことにもなりかねません。


やっと40年経って日本でこういう曲をオリジナルとして作れるようになったのか。
40年前だったら、日本人がここまでやったら凄い!って思って尊敬なんだけど。
40年前には、悲しいことにそれは出来なかった。
でも、近いことやっていた人達は「はっぴいえんど」など、少しはおりました。


好みの曲を日本人がやってくれて、しかも、それが若い人で・・・。
それはとても嬉しいんだけれど・・・。
若い人達にもウケて、こういう曲が分かって好きになって、売れて、それも嬉しいけれど。


やはり、あちらの曲のコピーの域を出てないのでしょうね・・・とも思う。
根本の土壌が違うから。
私としては、あちらの懐メロを今の日本人の若い人が今風にやってくれている・・・そう割り切って聴く分にはいいかな?と。
これは、前にも書いた毛皮のマリーズにも言えることなんですが・・・。


これと同様なことをやって成功している演歌歌手がいます。
こちらの方は、そういう意味でとても興味深いし魅力もあるので好きなのですが・・・。
それは氷川きよしさんです。

ズッコケましたか?
いえいえ、音楽にジャンルは選びません、私(笑)


氷川さん、J-POPも巧く歌いこなしますが、歌唱の本領発揮はやはり演歌。
演歌路線で懐メロ演歌を今風解釈で次々にやって成功されていますね。
ファンが年配女性が多いのが残念です。
もっと若い人も懐メロ演歌の今風解釈の氷川きよしさんをじっくり聴いてみるといいと思います。
Superfryと同じことなんですから(苦笑)


Superfryは好きです。
今回のシングル、カントリーな「Sunshine Sunshine」、カップリングのストーンズ風なロック「Beep!!」もとても好きなんですが・・・。
私の世代的には手放しでは喜べない何かがあります。 

「Beep!! / Sunshine Sunshine」 Superfly  「Beep!! / Sunshine Sunshine」Superfry (2011/3/9発売)
 
Beep!! / Sunshine Sunshine Superfly(初回限定盤)(DVD付) Amazonはこちら

Beep!! / Sunshine Sunshine  Superfly  CD Amazonはこちら

Superfly - Sunshine Sunshine YouTubeはこちら

Superfly Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Superfly

Superfly オフィシャル
http://www.superfly-web.com/



[ 好きな邦楽 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-25.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。