花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野正利カヴァーアルバム「For Pure Lovers」('94年)の頃

先日、2月末から3月にかけてガルネリウスが東名阪のライヴツアーを行いました。
カヴァー曲中心のライヴでしたので、それにちなんだ話題です。


ガルネリウスのヴォーカリスト小野正利さんは、かなり以前からカヴァー曲を随分レコーディングしています。
その先駆けはミニアルバム「For Pure Lovers」(1994/6/1発売)で、現在のようなカヴァー曲ブームなどない頃でした。


このミニアルバム・リリースに伴い、当時各雑誌のインタビューでかなり色々な話をされています。
現在と1994年当時とどう違うか?
久しぶりに読んでみると、この頃も今もあまり変わりがないように思います。
歌に対する姿勢は一貫しているということでしょう。
先日の小野さんのソロ・ライヴ新宿SACT!に私は行っていませんが、ここでそのような話があったのでしょうか?

オリコン1994小野正利 「ザ・ヴォーカリスト 小野正利」(オリコン)1994年

「For Pure Lovers」は小野さんがデビューして2年経った頃のアルバムですが、力を入れていた割にはオリコン初登場45位(7,660枚)、2週目70位(5,180枚)、3週目91位(3,160枚)でした。


英語の講師についてもらい特訓もしていたそうですが・・・。
小野さんの人気がデビューの頃程ではなくなったためか?
洋楽のカヴァー曲に関心がそれほど持たれなかったのか?


小野さんが「You're the Only・・・」で大ヒットを飛ばしておきながら、ヒット曲がだんだん尻つぼみになって行った頃です。
これは、一番には当時小野さんがいたレコード会社ソニー側の小野さんの売り方について(特にシングル曲)、大いに問題があったと私は思っています。


拡大すると文面も読めるサイズなので、お時間がある方はどうぞ!!

音楽と人1994小野正利1        音楽と人1994小野正利2
(1)                                 (2)  

「ハイトーン・ヴォイスのお告げ」(音楽と人)小野正利 1994年

音楽と人1994小野正利3            音楽と人1994小野正利4 
(3)                                  (4)

当時NHK TVの洋楽中心の歌番組「青春のポップス」でこのアルバムの曲を幾つか歌われた覚えがあります。


男が女を愛するとき」は原曲とかなり異なりソウルフルな感じではないので、もともと原曲を知っていたため最初は戸惑いました。
でも、こういうのも有りかな?と思いました。

このアルバムではデビュー3年目にして、普段の小野さんのオリジナル曲では聴くことがあまりない、様々な凄いヴォーカルが詰め込まれています。

ボヘミアン・ラプソディ」はデビュー前に「移民の歌」と共に収録した「小野正利 凄いぞテープ」で、すでに歌っていたとインタビューで話されています。


また、このアルバムには入っていませんが、この頃「青春のポップス」では「オネスティ」(ビリー・ジョエル)、「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」(クリストファー・クロス)なども歌われていて、小野さんにピッタリでした。


小野さんが髪にバンダナを止めたのはこの頃からです。
このミニアルバムは最近になって知る人ぞ知るで、ネットでこの中の曲が評判良かったりしています。

アルバムのブックレットの写真はセピア色で雰囲気良いものばかり、曲の解説があって、珍しいことに小野さんの長文メッセージ入りなので、廃盤ですが入手しておきたいアルバムです。

For Pure Lovers 小野正利「For Pure Lovers」(1994/6/1)

1. ライト・ヒア・ウェイティング (リチャード・マークス)
2.素直になれなくて (シカゴ)
3.男が女を愛するとき (パーシー・スレッジ)
4.アローン (ハート)
5.オールウェイズ・ラヴ・ユー (ドリー・パートン)
6.You're the Only・・・(イングリッシュ・ヴァージョン)
7.ボヘミアン・ラプソディ (クィーン) ボーナス・トラック


For Pure Lovers Amazon はこちら

Bohemian Rhapsody 小野正利 YouTubeはこちら

【追記】こちら、NHK「ときめき夢サウンド」版でありました。

YouTube ニューヨーク・シティ・セレナーデ 小野正利

クリストファー・クロス ニューヨーク・シティ・セレナーデ[1981]


小野正利「For Pure Lovers」('94年)の頃 その2
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-389.html

小野正利カヴァーアルバム「For Pure Lovers」('94年)の頃 その3
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-446.html


[ 小野正利 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-2.html

[ 小野正利/ガルネリウス ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-31.html

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

インタビュー記事のアップありがとうございます。こういう来し方を読むと、小野さんが”求められて”快くガルネリウスに参加したのも納得がいきます。(^o^)

FOR PURE LOVERS 発売当時の様子もわかり、嬉しいです。
  • posted by まねこ 
  • URL 
  • 2011.03/29 15:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

>まねこさん
読んで下さってありがとうございます♪
小野さんご自身は昔からヴォーカリストというスタンスで、
音楽の形態にはこだわらずに歌って行きたいということを、
貫いているようですね。

教師を目指していただけに、それと長男だということもあって、
妙に行動がきちんとしていますね(笑)
この雑誌インタビューでも、そこのところを突っ込まれています(笑)
おまけにヴォーカルもきちんとしていますよね~(笑)
特にCDでは。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.03/29 19:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。