花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルネリウス赤坂BLITZ報告 その5(小野正利編)

まだガルネリウスのライヴツアーが全て終わった訳ではないので、控えめに赤坂BLITZのことをメモっています。
これで控えめ?って突っ込みもあると思いますが、よくウダウダ書くよな~って自分でも思います(笑)
でも、書いておかないと私、忘れやすいんです(汗)


<小野さんの開脚>
今回も遠くから観ていたので細かいことはよく見えず、メンバーの膝から下は全然見えませんでした(笑)
特に小野正利さん得意の開脚腰落し相撲用語で「しこ踏み」)では、ドラムセットの台に腰掛けているように見えてしまいました(笑)

小野さんのこの「しこ踏み」はデビュー当初から、異常な開脚腰落しぶりで目立っていました。
開脚し過ぎじゃない?と思っていましたが、のちにラジオで指摘され「こうすると腹から声が良く出るので自然とそうなってしまうんです」とコメントされていました。
フォートブラッグの頃からこれやってますね。


<小野さんの音程>
今回の赤坂BLITZでは小野さんの音程が非常に安定していて良かったと思いました。
今まで、ファンとして書きたくなかったことなのですが・・・小野さんはなぜか、ライヴやTVでも音程がフラットしてしまうことがあって、なぜなんだろうと疑問でした。(特に1990年代)

勢いを強調したり、気分高揚のため、演歌歌手などもわざと音程をシャープさせて歌うことはよくありますが、フラットするのは聴いた覚えがないです。
最近小野さんのフラット気味な部分は殆ど改善されてきたように思いますが、昨年の渋谷AXでも少しありました。
でも、今回は全面的に安心して聴けました♪良かった~♪

フラットぶりにはデビュー当初から気付いていました。
初ホールライヴでフラットしているのを体感し・・・んん???
音程が高過ぎるから安定が難しいのかな?それとも小野さん耳が悪いのかな?といつもハラハラしていました。

ハイトーンでもロングトーンの際はそういうことはないのです。
恐らく小野さんの声の出し方が、下から声を持ってきてグィーン↗と引っ張り上げて高くなるほどに安定する歌い方のせいではないかと?
ロングトーンでなく単音同士で高音域に移る際には一気に声を持っていきにくく、音程が出し切れず定まらないうちに次の音にメロが移ってしまうからなのかな?と自己解釈しているのですが、私は素人のためよく分かりません。

こんなことを書いてしまいましたが、それはヴォーカルのある一部分のことであって、小野さんのヴォーカリストとしての全体的なことからいえば、突っ込む部分ではないと思っています。


<声の楽器>
今回も声の楽器使いの部分は沢山ありました。
特にイントロで「アーーーーーッ♪」とシャウトする際、ギター音と間違えるほどで人間の声を超越していますよね。
これは昔からホールのソロライヴではいつもやっていました。
あの、アーーーは小野さんの『声』だったの??」という会場の驚きの声も聞かれました。
特にライヴ終了の際はこれでもか!っていうくらい、「アーアーアーアーーーーーーーッ♪」ってやって声が楽器していました。

1990年代の終わり頃からいわゆるホール形式のライヴがなくなり、アコースティックライヴが多くなってからはどうなんでしょう?あまりこういうシャウトはなくなったのでは?
私はこの頃からのライヴには行っていないので分かりませんが・・・。


そういえば、赤坂BLITZで小野さんは「ハードロックとヘヴィメタルの違いが分からない(笑)」とコメントされていて、それについての返答は誰からもなくて曖昧になってしまったような記憶なのですが・・・。
小野さんは10数年前にも同じコメントをされていて、未だに解決されてなかったのですね(笑)


小野さんがLedaさんのように動き回れないのと、MCがああいう感じなのは、ガルネリウス加入の際に「出来ないけどいいんですか?」と条件をつけて承認済みなので、これについては何も言えません(苦笑)



VOICES FROM THE CRYING STARS TOUR 2011
2/27(日)  名古屋Electric Lady Land
3/5(土)  赤坂BLITZ
3/11(金) umeda AKASO

詳細はオフィシャル参照↓↓
ガルネリウス オフィシャル
http://galneryusyumacher.com/


ガルネリウス赤坂BLITZ報告 その4(Leda編)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-355.html

ガルネリウス赤坂BLITZ報告 その3(MC編)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-353.html

ガルネリウス赤坂BLITZ報告 その2
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-352.html

ガルネリウス赤坂BLITZ終了
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-351.html


[ 小野正利/ガルネリウス ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-31.html

[ 小野正利 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-2.html

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

今回小野さんの曲目紹介が
シャウトである場合が
多かった気がしました。

あのシャウトが出ると
聞く方にも

リスニングスイッチ(笑)
が入りますね。
  • posted by ウリ 
  • URL 
  • 2011.03/09 23:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ウリさん
今回のライヴ、そういえばそうですね~。
小野さんも自分でスイッチ切り替えないと曲に入っていけないと、
前回のライヴでも告白されてましたね。

あのMCから切り替えるのって、
お笑い芸人が突如シリアスな演技するのと同じですもんね~。
そんな小野さんも凄いわ!!

そして、小野さんご自身だけでなく、
ファンのためにもスイッチなんですね~。

一種の警報機?火災報知器?(笑)みたいなもんですかね?
声の楽器じゃなくて、声の警報機?(笑)
でも、ちゃんと音程付きですから、やはり声の楽器かな?(笑)
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.03/10 10:33分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは
小野さんのあのアーを聞くだけでも生で見る価値ありますね。(笑)
私は、真ん中より少し前の仕切りのバー?から二列目にいたのですが、運良く途中で前の人が出て行ったので、バーによりかかって楽をしつつ良く見える位置をキープできました。
他のボーカルだったらメタルにあのMCはないだろって言われるのかもしれませんが、小野さんの歌の圧倒的なパワーと説得力の前では、あの、まったりしたMCで客席もちょっと休憩してまたガンバルゾーって感じで良いアクセントになってる気もします。
  • posted by まねこ 
  • URL 
  • 2011.03/10 18:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

>まねこさん
連続コメントありがとうございます♪

途中からバーがある位置に陣取れて良かったですね~。
あれがあるとないとでは、疲れが随分違うでしょうね。
でも、今回やや時間が短めでしたのでラクな方でしたね。
あのMCで休憩して、また頑張るぞ!は、
もしかして小野さんご自身もそう思っているのかもしれませんね(笑)

今回、小野さんは1曲分しっかり袖に引っ込んだので、
前回のライヴより休憩が取れたことでしょう♪
今後、年々小野さんの高齢化により、そういうの増えたりして(笑)
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.03/10 19:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。