花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「世界ふれあい街歩き」ワルシャワを観て

NHK TV「世界ふれあい街歩き」は何曜日にやっているなんて覚えていませんが時々観ることがあって、とても良い番組だと思います。

海外の観光地巡りの番組というよりは、普通の街を足で歩き、たまたま居合わせた人に話しかけ、その人の話を聞き、しかし番組の案内者はカメラの前に登場しない設定。
番組の進行はナレーターのみで、レギュラー登場人の姿がない番組作りなのです。
ナレーターは毎回同じ人ではないらしく、女優さんだったり様々のようで、その姿なきナレーターが道で出会った人に声を掛けているという進行方法。
民放にありがちなはしゃぎ過ぎは全くなく、時にはうっとうしく感じるバックの音楽もこの番組にはなく、静かに番組は進むのです。
特定の有名人の進行役がいないだけに、普通の街、普通の人との会話から世界の普通の部分が見えてくるように思います。
カメラに映った普通の人や普通の景色(観光地の場合もあるが)が、その日の番組の純粋な主人公となるのです。

昨日2/18の放送はポーランドの首都ワルシャワでした。
メモっていたのではないので間違いがあるかもしれません。


<学校の子供達>
学校の体育の授業中の男女の子供らに声を掛ける。
小学校高学年のようで、先生も傍にやってきて見守っている。
皆サッカーが好きだそうで、サッカーの選手になりたいと男の子二人は語る。
勉強は嫌いと先生を少し気にしながらも皆元気に言う。

<少女達>
路地で遊ぶ少女達に声を掛ける。
日本で言えば小学校4、5年生から中学3年生ぐらいだと返事が返る。
歌やダンスが好きで習っていると、はにかみながら答え、スタッフの注文で皆で歌ってもらう。
その後、バイバイ~とはしゃぎながら建物の中へ駆け込んでしまう。

<ショパン音楽大学>
あの世界的音楽家の名前を持つ、ショパン音楽大学へ。
大学の入り口外で、この大学へ通う女性に愛器のヴァイオリンを見せてもらう。
空気に敏感なのでちょっとだけねと。
ヴァイオリンケースに入れた1歳の愛息の写真も見せてくれました。

ショパン音楽大学で楽器を弾く学生達の様子と学長のお話も。
ワルシャワを愛したショパンでしたが、ワルシャワへの想いが強かったものの戻ることなくパリで亡くなり、その後ショパンの心臓だけをワルシャワへ持ち帰り、教会に納めたとの話を聞く。

<戦争の記憶>
市内中心部、建物の入り口でロウソクに灯をともす品の良い老婦人。
第二次大戦のとき、ドイツ軍により多くのポーランド人が亡くなった場所なのだと老婦人が説明する。
壁にはレリーフがあり、ガラス瓶に入ったロウソクに火をともして冥福を祈る、この瓶が幾つも並んでいました。

<王宮広場>
石畳の街の中心、王宮広場へ。
赤いレンガの王宮もその周りの中世風の可愛い建物も、全て第二次世界大戦で瓦礫となり、その後1970年頃から細部まで復元して今の姿があるとのこと。
ワルシャワの人々の思いが込められている建物なのでした。

ワルシャワ 王宮広場 ワルシャワ 王宮広場

素晴しい建築物と石畳の広場!!
広場では風船売りの姿も。
可愛い動物の風船などの中に、キティちゃんの風船があったように見えたのは私の見間違いかな?

<街の中心部>
王宮広場周辺の街中へ。
石畳の街で建物がくっついています。
建物同士がトンネル(架け橋)で繋がっているのがかなり目に付きます。
トンネルの下は一般の通路になっています。
アイスクリーム屋さんが人気で、どのアイスクリーム屋さんも行列です。
王宮広場から少し歩くと、現代的な建物の団地があって、そのすぐ裏には中世風の建物があったり、古い物と新しい物が共存していました。

<市民農園>
郊外はどこでも気持ち良い景色です。
少し郊外に行くと、日本にもあるような市民農園が。
ここで夫婦で野菜を作っているおじいさんの話。
奥さんはこの畑でとれた野菜や果物でジャムやピクルスをつくっていて、奥さんの料理はとても美味しいと幸せそうな老夫婦。

<神父さん>
市内の中心部、教会の日当たりがあまり良くない裏庭で花壇にペットボトルで水をやる神父さん。
第二次大戦後からここに土を入れて花を育てていると。
花壇の下は地下室だそうです。
とても良い言葉をおっしゃったのですが、何だったか・・・忘れてしまいました(汗)

<建物復元作業の女性>
王宮広場近くの中世風の建物の壁を叩いている女性。
戦後復元した建物と古い建物との復元再生の仕事をしているそうです。
全て完成するのはいつになるかな?と笑顔で答える。

<コウノトリ>
郊外にはコウノトリが毎年アフリカから春から夏にやってきて、巣を作り子育てをするそうです。
日本では絶滅なのに、ここでは市民と共存していました。
危ない電線の傍に作ってあった巣を、ボランティアが安全なところへ移動している様子をやっていました。


午前から街を歩き、日が暮れるところまでをやりました。
元、共産圏のポーランド、ワルシャワ。
出会った人達が皆、国を愛しいてることが伝わってきました。
庶民のことはあまり知らなかった遠い国ポーランドなのに、何だかとても身近に感じました。
良い番組でした。


NHK 世界ふれあい街歩き ワルシャワ~ポーランド
http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/arukikata/110218.html

NHK 世界ふれあい街歩き
http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/


[ 観光/文化イベント ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-34.html

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  • posted by 履歴書の特技 
  • URL 
  • 2014.06/01 11:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

>履歴書の特技さん
ありがとうございます!
この番組、以前はNHK総合でやっていましたが、
現在はBSプレミアムで放送のようですね。
番組HPでチェックは出来ますが、我が家ではもう觀られないので残念です。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2014.06/01 12:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。