花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林田健司 WORKS TOUR スペシャル~夏祭り2009/8/22~

記憶している範囲のセットリスト (曲順はかなり違っているかも)

・イッツ マイ ソウル
・強引Love
・Get or Lose
・(忘れた 激しい曲でWORKSにはない曲)
  ~ MC 今度は大人な曲を、と ~
・??
・??
・泣かない指輪
  ~ MC 今度は爽やかな曲を、と ~
・ランデヴー・In The Sky
・花に水やるラブソング
・レッド・メガホン
  ~ MC ~
・Physical (別の黒いシャツに着替えて、イントロとエンディングだけ自らテナーサックス吹く)
  ~ ゲスト・コーナー  Baby Boo ~
・スタミナ
  ~ MC ~
・Y.T.O
・??
・Give Me Your Love
  ~ ゲスト・コーナー 藤井隆 ~
・SHERRY
・Sa ら Sa
  ~ゲスト・コーナー OVER HEAD CHAMPION  ~
・彼女はDancer
  ~ MC ~
・Cool
・落花流水
・ビロードの闇
・Step By Step

  ---本編終了---

  ~ アンコール 1 ~
 本編のシャツのまま
・??
・??
  ~ アンコール 2 ~
 スワローズのユニフォーム着て
・青春謳歌 (Baby Booも一緒に、全員で客席にポンポンとボール投げる)
・青いイナズマ
  ~ アンコール 3 ~
 胸にダークな柄のあるポロシャツ風なダークシャツ着て
・夏模様 (一人で12弦ギターの弾き語り)

林部直樹(ギター)
小松秀行(ベース)
伊藤薫(キーボード)
玉木正昭(ドラム)
佐久間誠(マニピュレート)

林田健司WORKS 林田健司作家デビュー20周年記念セルフカヴァーアルバム「WORKS」

直前までどうするか散々迷った末、3日前にチケットをGet。
私にとって、多分1998年以来11年振りの林田ライヴ
何しろ今年6月頃から急遽11年振りに林田ファン復活になったのだから。
そして、極め付けは先月7/10新宿HMVでのインストア・ミニライヴ
久々に林田の生歌声を聴き、握手会参加でファン完全復活って感じになったのだった。
この辺のことはまた後日書こうと思う。

11年間の私の空白期間にリリースされて知らない曲が何曲かあるし…。
ライヴに来るファンの方々はどんな風に変わっているか??期待とちょっぴり不安が…。

今回、林田ライヴ初めての評論家D氏と行きました。
チケットはギリギリに買ったため整理番号210と211。
整理番号順に入るため、私達より後から入った人はざっと見た感じ10数名程度と思われる。
ゲストBaby Booのファンも少々いたかもしれない。

椅子を並べた1階席は満席。
2階席はそれなりに盛り上がっていたが関係者と思われ、全てひっくるめて250名位かと。
過去に行った林田ライブは全てホールだったのでこのキャパでのライヴは初めて。
入り口ではグッズとCD等の販売があり、終了後、私は持っていなかった「Step By Step」を買った。

照明が暗転して出てきた林田は黒のラメぽく光るシャツに黒パンツ。
しょっぱなからの数曲はお約束通りでガンガン飛ばす。

う~ん、アイドル見たさと同じかもしれないけれど、
やっぱり林田のライヴでは振りがあって、その振りに皆が合わせたり、
林田の脚上げ、開脚、ターンを見るのは楽しみの一つですね。 ホ・レ・ボ・レ~!!
シンガーソングライターでそういう人、他に滅多にいないでしょう。

評論家D氏曰く「ジャニーズと同じじゃん」ん~そうかな??そうかも(汗)
CDで聴く場合は音楽的な部分で聴くのだけれど、ライヴではミーハーになってしまう。
でも、そんな自分が好きだったりする(汗)

「泣かない指輪」は好きな曲の一つ。今後は滅多に聴けないだろう。
「ランデブーIn The Sky」も大好き曲、名曲だな~。
今回、初期のアルバム3枚からの選曲はなかったが、こういう古い名曲が聴けるのは嬉しい。
「レッド・メガホン」では別にメガホン投げはなかったな~。ちょっと残念。

一度袖に引っ込み、何とテナーサックスを手に出てきた林田。
「Physical」のイントロをいきなり吹き、おお!!CDと同じ!!
ところがエンディングでは「プー♪」とひと吹きだけ。
最後の音をバンドメンバーと合わせるのに精一杯(苦笑)
サービス・サービス!!オチャメな表情の健ちゃんでした。

ゲストコーナーがこんなにあるなんて!!
ゲストはBaby Booだけしか知らされていなかったのでビックリ。
でも、ゲスト多いのも楽しくていいんじゃない?!
藤井隆さんの「SHERRY」のフェイクは、健ちゃんが喜んでいた通り、なかなかのものでした。
評論家D氏は藤井さんがお好きではないので「あのくらい歌えて当たり前」と苦虫つぶしの顔。

「彼女はDancer」ではいつものようにバンドメンバーが交代で楽しく歌う。
キーボード薫さんがステージ中央に出てきて林田と腰をくねらせてセクシーな絡みも。

本編最後の「Step By Step」は予想通りの選曲。
アンコール有りが見え見えの本編終了となり、程なく林田がステージに復活。

2度目のアンコールでは「先日の始球式でかっぱらってきました」と、
スワローズのユニフォームを着て出て来る。
二日前のことだというのに、神宮での始球式やミニライヴのことはあまり触れなかった。
「ガタイのデカさ」では野球選手と同じだみたいなことを言ってました。
太った痩せたを相当気にしている様子。
せめてスワローズの応援歌を演ってくれたら良かったのに。

「青春謳歌」ではBaby Booが再度ステージに上がり賑やか。
皆で一緒に「青春謳歌」でカラーボールを客席に投げるは投げる!! 盛り上がる。
でも、このボールにサインしてない…それもどうかと(汗)
せいぜい10個か20個ぐらいなんだから、サインぐらい楽屋でしておけばいいのに。
サービス悪いなぁ。

評論家D氏曰く「林田、左でグリップ効かせて投げてたけど、左利きなのかな?」
あー、言われるまでそれ今まで気づかなかった。どうなんでしょ?

「青春謳歌」で出てきて踊ってた臍出しねーちゃん達に林田が「目のやり場に困ります」と、ニヤニヤ。
評論家D氏「場末の何とかみたい。もっと若いの連れて来れなかったのかよ。金ないんだな」と。
う~ん、そりゃ若いのが…以前のライヴではピチピチしたチアガール一杯連れてきてたけどね。

「今まで全然作曲活動が出来なかったので、このTourが終わると篭ります」
「デカイ林田になるかもしれません(笑)」と。
そして思いがけないプレゼント。
12/18(土)には渋谷VOXXでのライヴ告知もあり、歓声が沸く。
会場から「バンド??」の問い掛けに「はい、バンドです!!」と笑顔で答える林田。

2度目のアンコール後も会場ではコールの拍手が鳴り止まない。
なかなか出てこない。もう出てこないのかな?
ここまで皆で拍手コールしているのに出てこなかったら林田酷いヤツだな~なんて勝手に思いながら…。
私の好きな「夏模様」まだやってないんだけど、演らないわけないよね、と思いつつ…。

と…かなり待たせて出てきました林田!!
終わりかと思って帰りかけた人も大慌てで席に戻る。
今度は黒っぽいシャツで胸にダークな柄のあるシャツを着て。
ギターの弾き語りでしっとり「夏模様」。
そして、あっさりと手を振って今度は本当に終了。
あっという間に始まって3時間近く経っていた。
日頃の忙しい仕事のことも忘れられリフレッシュ!!

評論家D氏曰く「スタッフから借りてきた12弦ギターなんか無理して弾いちゃって、演奏下手過ぎるよ」と。
いやいや、爪弾きだからあれでいいの!!
借りてきたギターなのかな??12弦だとは気づかなかった。

しかし、ギター弾き語りだけならともかく、本編から通しであの譜面台置かれていて
見ながら演っていたけれど、 以前のホールライヴだった頃はなかったような??
評論家D氏曰く「別に歌詞書いた譜面台置いてあったっていんじゃない?
昔のシンガーソングライターなんか皆置いてたぞ。
そんなこと問題じゃない」と。
確かに昔、フォーク系のアーティストは置いていて当然だったけれど。

帰り道、林田ライヴ初体験の評論家D氏のコメント。
「ありゃぁジャニーズと同じだね。ジャニーズファンしかウケないよ」と。
以前から林田イコール元ジャニーズ説を唱えていた氏らしい辛口コメントに私はショボン。
ライヴで脚上げ、開脚、ターンを期待している私はジャニファンと変わらないってことか。
いえいえ、ジャニファンを批判しているのではありません。
名曲を作るシンガーソングライターでありながらライヴでは踊ってアイドル、これもいいのでは!!

43歳のアイドルは50を超えた郷ひろみよりはまだ若いぞ。まだ演れるぞ。
歌って踊って、会場を踊らせて、歌謡曲ちっくなポップな曲有り、怒りソング有り、何でも有り。
舌足らずなMCが玉に傷だけど、それもウケる人にはウケる。

また、評論家D氏は来ていたファン層の広さに驚いていた。
林田と同世代のアラフォー中心に見えるが60歳代以上もかなり目に付いたという。

林田は年を重ねても11年前と変わっていなかった。
多くのファンも11歳年を重ねただけという感じに見えた。
久しぶりに来て良かった、良いライヴだった。
以前のようにホールライヴで会場を一杯に出来るようになるといいな。
頑張れ林田!!楽しみにしているよ!!  

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。