花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声楽家系美声の男性懐メロ歌手

昨日はSADS、その前は毛皮のマリーズ、そして今日は超懐メロで、一気にこのブログの読者離れが進みそうな気がしますが(笑)、そんなことにはお構いなく、今度は昭和の何十年も前の懐メロのこと。
好きな音楽、良いと思った音楽には節操がありません、この私(笑)

最近というか前からですが、TV東京では何かと懐メロスペシャルが多くて・・・楽しめます♪
それがきっかけなのですが・・・。

我が家に超懐メロ歌手を集めたCDアルバムがあります。
主に昭和40年代以前のヒット曲が収録されているのですが、ふと色々気が付きました。

あの頃の時代に「演歌系」なんて分け方もなかったのですが、今でいうところの演歌系の人達はこの頃も感情表現が豊かな歌い方をしています。
今の演歌系の人達とほぼ同じですが、そこまで泥臭い感じがしていません。
   ※歌謡曲の中から「演歌」という呼び方が始まったのは、確か、
    森進一さんがヒットするようになった1967、8年頃からのような気がします。

一方、演歌系でない美声の男性歌手は、多くは声が高く声楽家系の音大出た風な歌い方をしています。
但し、実際に音大出身でなくても、発声が良く、そのような歌い方をされている東海林太郎さん他もおられます。

 
私が好きな美声の声楽家系歌唱の男性懐メロ歌手の曲

「喜びも悲しみも幾歳月」若山彰  リアルタイムで大好きでした
「青い山脈」藤山一郎 誰でも知ってますよね?
「踊り子」三浦洸一 親戚の叔父さんに似ていた
「赤城の子守唄」東海林太郎 父が好きだった
「山小舎の灯火」近江俊郎 明るくていい曲だ~
「高原列車は行く」岡本敦郎 爽やかでノリがいい♪
「イヨマンテの夜」伊藤久男 力強くて異国風で大好き


そして意外なことに、この方々は曲も歌唱も泥臭くないために、「一見歌に味がない」傾向がみられました。
今まで永い間聴いてきてそんな風に思ったことはなく、初めて気が付きました。
でも、「歌の味」って多種多様で、演歌系のようなものばかりではないのですよね。

今まで、上記の方々は曲がいいな~、上手いな~、素晴しい発声だな~、美しい声だな~と思っていました。
演歌系の方々のような泥臭さ、人情味を歌唱法でベターッと表していないためか、美しくスマートにまとめあげられています。

けれど、「千の風になって」の秋川雅史さんのような完全に声楽家歌唱の感じとも違って、一応歌謡曲であることは意識している歌唱となっています。
ちなみに、秋川さんの「千の風~」はあまり好きではありません、すみません。
あの時代、今で言う演歌系以外に、このような歌い方の歌手も大いに好まれていたのだと改めて思いました。

なんだかそれって、前にも書きましたが、お母さんに「正利の歌は味がない」と言われた小野正利さんの歌い方とほぼ同じ傾向ではないかと・・・今頃になって気付きました。
そういえば、小野さんはソロの時、直立不動系ですが、上記の歌手の方々も殆どそれ系。

私は曲によって、演歌系のものも声楽家系のものも、どちらも好きです。

昔々の日本の歌謡曲、日本と共に歩んだ歴史を感じられます。
時代背景などもあり、現在と同じ視点では語れない良さがあると思います。



若山彰 喜びも悲しみも幾歳月 1986年版
http://www.youtube.com/watch?v=faNeXly5-aw

伊藤久男 イヨマンテの夜 1973年版
http://www.youtube.com/watch?v=bCRJTjhZti8&feature=related


私の音楽遍歴(幼少期~小学校3年生位まで)
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-29.html

[ 好きな邦楽 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-25.html

[ 私の音楽遍歴 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-9.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。