花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川越 喜多院初大師だるま市

1/3に新年2回目の初詣で、今まで行ったことのない所ということで、川越の初大師喜多院だるま市へ行ってきました。

川越は「小江戸」と呼ばれて人気の街で、何度か行ったことがありますが、だるま市の喜多院は初めて。
喜多院は「小江戸」とは離れた所にあり、西武本川越駅から徒歩15分位の古くからの住宅街の奥にありました。
だるま市の喜多院の周辺は車が入らないよう規制され、大勢の人々がのんびり歩けるようになっていました。

川越初大師だるま市ポスター         川越喜多院初大師案内図
初大師だるま市ポスター  川越喜多院初大師案内図


喜多院手前の住宅街から、すでに露天が並んでおりました。
喜多院への手前には「東照宮」「中門」など、お寺に付随した建物があって、こちらも帰りに立ち寄りました。
特に「東照宮」は日光東照宮を偲ばせる格式があり、松平家の廟所であるため大きい灯篭の数々が立ち並んでいました。

喜多院初だるま市は大変な人出で、想像以上の賑わいでした。 
特に1/3はお慈恵大師(じえだいし)様が正月の3日に涅槃を迎えられた日で、「初大師」と呼ばれる特別な日であるとのことで、他の日より一層の賑わいだったようです。


川越喜多院初大師だるま市山門20110103    川越喜多院初大師だるま市20110103    川越喜多院初大師20110103
   喜多院山門         喜多院だるま市         参拝の人の波


山門をくぐると鮮やかな色のだるまの数々でとても華やか。

山門正面の本堂からは般若心経が流れ、本堂に辿り着くまでに大変な人の列。
15分位かかってじわりじわりと進み本堂でやっと礼拝。
明治神宮ほどではありませんが、素晴しい人の波です。

裏山に上ると境内が一望でき、そこには喜多院の歴代の僧正の墓所があって、喜多院の歴史と格式を感じました。


川越喜多院初大師本堂20110103     川越喜多院だるま市賑わい20110103            川越喜多院初大師だるま市お土産20110103
   喜多院本堂        喜多院だるま市の賑わい   学業のお守りと開運厄除だるま


境内はだるま市の賑わいと、各種食べ物の屋台が沢山並び、食欲をそそります。
私も定番のほっこり大きいジャガバタを食べました。

お土産に私は今月末に国家試験の受験があるため、学業のお守りと開運だるまを買いました。
だるまは、もっと奮発した方が良いのですが、ケチって一番小さいだるまで500円でした。

都内から結構近い所にある川越喜多院だるま市、新宿からは西武線1本で行かれます。
帰りに本川越駅のPePeで買物をしました。
時間があれば色々と楽しめる街で、ショッピングにも良し、こちらはお薦めスポットですね。



川越大師 喜多院公式サイト
http://www.kawagoe.com/kitain/



[ お正月/初詣 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-48.html

[ 観光/文化イベント ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-34.html

スポンサーサイト

Comment

タイガースのスレからここに来ました 

小江戸川越は私の生まれ故郷なんです。喜多院には女性の神様がま奉られているのを御存じでしたか?カップルで参拝すると、その男女は必ず別れると昔から言い伝えられています、女の神様は嫉妬深くカップルを別れさせてしまうのだそうです。タイガースに夢中だった高校時代、その高校から喜多院は徒歩2~3分の場所です。川越東照宮には家光誕生の間があり 数々の国宝があります。何回も見学の機会があり 隅々まで知っています。だるま市には幼少の頃から毎年行っていましたね。喜多院ネタが目に止まり懐かしくてお邪魔しました。私も瞳みのるさんを一生見守って行きたいと思って居ります。
  • posted by みこ 
  • URL 
  • 2011.03/03 09:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

>みこさん
こちらの記事も観てくださって、ありがとうございます♪
川越が生まれ故郷でしたか!川越は良い所ですね♪

喜多院には女性の神様が祭られているとは知りませんでした。
訪れたカップルを別れさせるとは・・・これは大変!
だるま市にも沢山カップルが来ていましたが・・・(苦笑)
今日は女の子の節句、雛祭りですね。
喜多院は特別な雛祭りがあるのでしょうか?
東照宮も特別公開があるそうですね。
外からちょっと見ただけでしたが、只者ではない品格が感じられました。

ご出身者ならではのコメントを頂き、嬉しく思います!!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2011.03/03 15:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。