花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV「ビートポップス」の頃

時々書いている「私の音楽遍歴」ですが、前回は「GSがきっかけで聴いた洋楽」でしたが、その続き。

以前は結構覚えていたのですが、最近は最近のことはもとより昔のことまでかなり忘れてきています。
忘れかけていますが、まだ少し覚えている今のうちに書いておこうと思います。


GSブームの頃、GS繋がりで聴いた洋楽として1967~8年頃フジTV系でやっていた大橋巨泉司会の「ビートポップス」と言う洋楽番組を語らずにはいられません。

司会及びレギュラー陣は他に、当時ミュージックライフ編集長だった星加ルミ子、木崎義二、藤村俊二(振り付け)など。
毎週土曜の午後約50分、フジTVスタジオからの生放送で、洋楽のベストテンを中心に、PVも流れ、踊りあり、一流ゲストも毎回ありの豪華な番組でした。

「TVディスコティック・ショー」というキャッチフレーズで、スタジオがディスコ状態で一般人も入って踊るし、お立ち台で当時言うところのゴーゴーガールズも踊る。
ゴーゴーガールズでは小山ルミ、杉本エマ、夏木ミミなど、ハーフのモデル&タレントが活躍していました。

「ビートポップス」はWikipediaに載っても良さそうな番組なのに載っておらず、検索すると何人かの私と同世代の方々がブログに結構詳しく書いておられました。



私がこの番組を観るようになったのは、確か中学2年の終わりか3年になる頃だったと思います。
クラスの音楽好きの友達で、モンキーズのドラマー、ミッキー・ドレンツ好きの彼女がNHKの「アンディ・ウィリアムズ・ショー」が凄くいいよ!と教えてくれて、そちらを時々観るのですが、あまりハマらず・・・。
中学生の私から見るとアンディ・ウィリアムズは「いいおじさん」にしか思えず、曲も大人過ぎて面白くない。
でも、逆算すると当時アンディ・ウィリアムズはまだ40歳ぐらいだったのですね。

で、その友達に教えてもらったのかどうか忘れましたが、気が付いたらいつのまにか「ビートポップス」を観るために、土曜日は急いで学校から帰ってTVに取り付いていたのでした。
多分それが1967年か68年頃だったと思います。


「ビートポップス」を観始めた頃、この番組のヒットチャートの上位に上がっていた曲は今でも結構覚えています。
1位の座をずーーっと明け渡さなかった曲がビージーズの「マサチューセッツ」でした。
ビージーズはトップ10位ぐらいにその前のシングル「ニューヨーク炭鉱の悲劇」がまだロングヒットしていました。

タイガースの私が好きだった加橋かつみはクリアなハイトーンだったので、ビージーズ・ナンバーを得意としていて、ビージーズが新曲を出すたびに即カヴァーしていて、バッチリ彼に合っていました。
私も歌詞を雑誌などで知ってよく歌いました。
私は家でよく歌っていたんですよね、家族にうるさいと言われながら(笑)
歌詞を辞書片手に自分なりに訳した頃でした。

この頃、他に上位曲で印象深いのは、ビートルズの「ハロー・グッドバイ」
ローリングストーンズの「シーズ・ア・レインボウ」
この曲は凄く好きでしたが、ちょっと地味なせいかその後殆ど聴かれることはなくなり残念だったのですが、確か2年位前にMacのパソコンのCMだったか?使われていて、そりゃもう、ビックリ!嬉し涙しました。
ストーンズは元気になれるバンドでした。
好きな曲いっぱいありますが、当時は不良のバンドってイメージだったので、「ビートルズとストーンズのどちらが好き?」には「ビートルズ」って答えてました(笑)
この頃、ビートルズ Vs ストーンズって比較論争がよくありました。

ストーンズの「サティスファクション」「ジャンビング・ジャック・フラッシュ」などはGSの番組でも必ずタイガースやテンプターズがカヴァーして、不良GS系のテンプターズ、ショーケンはこの2曲を得意としていて、貴公子タイガースのジュリーよりこれらの曲に関してはハマってましたね。

この頃、ヒッピームーブメント&アメリカ・ウェストコースト・サウンドの影響で「花のサンフランシスコ」スコット・マッケンジーとかもロングヒット。
サンフランシスコ繋がりではやはりロングヒットの「霧のサンフランシスコ」トニー・ベネット
アンディ・ウィリアムスがダメでこちらは良いという私も変ですが、魅惑のムード音楽、メロディーにやられたみたいです(笑)
この曲は1962年発表らしいのですが、1967年頃にもチャートインしていましたが・・・PVではサンフランシスコのケーブルカーと景色が写っていたような??スコット・マッケンジーの「花のサンフランシスコ」のPVと私は混乱しているのかな??

ウェストコーストといえば、ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」
これは「ビートポップス」放送開始以前の曲だと思いますが(1966年頃ヒット)、この曲には涙がチョチョギレしてしまいます。
その後も散々仲間内と歌いました♪

67~8年頃の曲で「ビートポップス」がらみの思い出の曲を並べると・・・。

  • シーカーズ「ジョージ・ガール」は大好きで大好きで、やはり数年前にCMで使われていて喜びました。今聴くと、当時なんであんなに好きだったのか不思議。
  • ドアーズ「ハートに火をつけて」「タッチ・ミー」も売れてました。当時、セクシーという言葉を知らない私でしたが、あの声にはそれを感じてたようです。
  • サイケデリックサウンドの筆頭でジェファーソン・エアプレイン「あなただけを」。これはスパイダースのマチャアキがよくカヴァーしてました。自分でも歌詞をどこからか見つけてきて歌ってましたよ、サイケなのに(笑)
  • プロコロハルム「青い影」これもハプニングス・フォーがカヴァーしてました。ハモンドオルガンがメインで、ちょっと私には退屈な曲でしたが名曲ですね。
  • フィフス・ディメンションの「ビートでジャンプ」これは軽快でしたね。彼らはのちにミュージカル「ヘアー」の「輝く星座」でも大ヒットを飛ばしました。
  • そして「ビートポップス」といえば、大橋巨泉のヒット・ギャグ「牛も知ってるカウシルズ」の「雨に消えた初恋」(カウシルズ)これは綺麗な曲で好きでした。カウシルズはその他あと1曲ヒットがありましたが(曲名忘れた)その後、どうしたのでしょう?
  • フランク・シナトラの娘、ナンシー・シナトラはこの頃大人気でした。「シュガータウンは恋の町」やリー・ヘイゼルウッドと歌った「サマー・ワイン」とか、立て続けにヒットしていました。
  • 一方、濃いロックバンドとして、以前に書いたバニラ・ファッジとか、クラプトンが居たクリームとか、ディープ・パープルとかも、同じチャートに上がっていたのです。


この頃はポップスと言っても、カンツォーネもあるし、モータウンもあるし、アートロックもあって、本当に様々なタイプの曲がチャートに入っていましたね。

書いているとキリがないのですが、「ビートポップス」の番組のことに戻しますと・・・。
この番組はホントに凄いゲストが毎週生出演して曲を披露しました。
タイガース、テンプターズのトップGSはもとより、海外からも凄いゲストが・・・。

覚えているのだけでも、「バス・ストップ」のホリーズ
「朝日のあたる家」のアニマルズウォーカー・ブラザーズのスコット・ウォーカー
「キサナドゥーの伝説」のデイヴ・ディー・グループなどなど、もっと色々来ていたと思います。

藤村俊二が踊りのステップを皆に分かりやすく教えて、「さあ、踊りましょう!」って感じで、スタジオでは皆でアートロックでも踊っちゃうんですから(笑)
また、スタジオでゲストの人や、たまに素人でもTVカメラで踊っているところを撮影するコーナーもありました。
「ただ今撮影中」の枠がついたTV画面になったりして、勿論当時は白黒画面です。



とにかく、「ビートポップス」から私は多大な影響を受けました。
お金もない中学生で親もうるさかったし、レコードは買えなかったけれど、ラジオだけでなく、TVの洋楽番組から(多分この頃唯一の)、とりあえずシングルヒット曲を知ることが出来ました。
洋楽番組に近い形で以前にも書いた「ザ・ヒットパレード」はまだやっていたと思いましたが、こちらは日本人がカヴァーして歌うのがメインでした。


続きはまた。


紹介した私が好きな曲 こちらで聴けます↓↓

The Rolling Stones She's A Rainbow
http://www.youtube.com/watch?v=F5_mN4B5lL4&feature=related

シュガータウンは恋の町 (ナンシー・シナトラ)
http://www.youtube.com/watch?v=YIDv9VwtKTg&feature=related

夢のカリフォルニア (ママス & パパス)
http://www.youtube.com/watch?v=jnPFk4WvtKU


GSがきっかけで聴いた洋楽
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-224.html

[ 私の音楽遍歴 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-9.html

スポンサーサイト

Comment

懐かしいです! 

はじめまして。
stonesと、テンプターズとショーケンと、カップスが大好きです。
ビートポップス!すごいご記憶ですね!
洋楽好きには、たまんない番組でした。
テンプがゲストの時、スタジオに行きました☆
stonesなんかのPVは、貴重でしたよね。
当時PVの事、「海外新着フィルム」とか言ってませんでした?
懐かしさのあまり、コメント入れさせて頂きましたm(_ _)m
  • posted by wako 
  • URL 
  • 2010.12/20 14:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

>wakoさん
初めまして!!コメントありがとうございます!!
私と同じように「ビートポップス」が分かる方がおられて凄く嬉しいです♪

「テンプ」という言葉も懐かしいですね。
スタジオに行かれたんですか!凄いですね~羨ましい!!
テンプターズが「エメラルドの伝説」の時に出たのは覚えていますよ。
「神様お願い」は名曲だと思います。

「海外新着フィルム」、そういえばそう呼んでましたっけね~。
だんだん記憶が薄れてしまってます(笑)

私もカップスは好きでしたよ♪ 音楽的にもイケてましたね。
ディヴ平尾さんがもう見られないのは悲しいです。

昔のことも結構書いていますので、また、宜しかったら遊びに来て下さい!!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2010.12/20 20:29分 
  • [Edit]

ありがとうございます 

長年の疑問が氷解しました!
まだ幼かったので、番組名は全く覚えてなかったのですが、
「巨泉がでていた」 「洋楽が流れてた」 「白黒」 「バックで踊るおねーさん」 「ドーナツ盤が回ってる」 という、断片的な記憶しかなくて、モヤモヤしてたのです!
  • posted by しぼろう 
  • URL 
  • 2015.04/18 09:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

>しぼろうさん
コメントありがとうございます。
この記事は古いので、後にこの番組のことをもっとを詳しく書いたサイトもあったような気がします。
とても懐かしく、楽しい番組でした。


〈 お知らせ 〉

コメントは出来ない設定にします

他にもブログをやっていたり、SMSもやっていたりするため、こちらのブログは当分更新出来ないため、公開のみにいたします。
コメントは入れられないようにします。
よって、大変申し訳ありませんが過去のコメントも見られないことになってしまいます。

コメントの代わりに何かご連絡の際は、ブログの右サイドスペース最下段に以前からある「投稿フォーム」をご利用下さい。
なお、この投稿フォームに投稿される際は事前に内容のコピーを取っておくことをお勧めします。

この設定は2015年4月19日昼頃に設定いたします。

ブログ管理人 えすえ
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2015.04/18 11:48分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/10 19:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。