花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上昌己 府中フォーリス・ミニライヴ 2009/10/31 Part.2(林田健司との比較)

前回の続き。

昌己さんのミニライヴは16時半から。
夕方で日が傾いていているせいか、林田健ちゃんの時よりも客の入りが少ないな~、皆帰り支度かな?なんて思いながら、いよいよ開演。
いつのまにか昌己さんが控えめにステージに入ってきました。

えっ!!これが井上昌己さん??
最近の写真を見てはいましたが、それとは何か感じが違うし、10年以上前に知っていたお顔ともなんか違う。
そうか!お顔のふっくら感が違うんだ。
お顔がこけて、以前の「可愛い」って感じから、「綺麗」「大人」って感じに変貌していました。
それに以前、ちょっと感じていたある種の突っ張った感じがなくなって、角が取れたというか…人間的に丸くなったというか…、それがお顔に表れて、今回の第一印象が「あれ??」ってことになったのかもしれません。

最前列のファンは皆、会場で売っていたロゴ入りのスティック型の風船を持っていたので、昌己さんが出てきたら、または、始まったらこれを振るのかと思いきや、最後までそれはなかったのが意外でした。
なんだぁ!とちょっとガックリ!
昌己さんのキーボードにも、その風船が置いてあり目立ってました。

衣装はサーモンピンクで別珍のような光沢の柔らかい布地で、適度なフレアーがあるロングドレス。細いヒール(5cm位)の黒っぽい靴がドレスから見える。
胸から上はシースルー、ウエストに幅広のダークな色のベルトがあり、そこにポイントになるフワフワのボンボンみたいな丸いものがついています。
ネックラインにはシルバー系のゴージャスな雰囲気のネックレス。
誰にでも好感持てる衣装でした。

高感度高いのは衣装だけではありません。
楽曲やMCに至っても、全て好感度抜群、勿論ルックスも。

林田健ちゃんは、そういうタイプではないし、しかも男だからちょっと違うし、好感度抜群になれ!なんて無理な話なんだけど…。
昌己さんに限らず女性って、人に見られることに関して何かと努力を惜しみませんよね。

曲は5曲。
最初の曲がカラオケで水越けい子さんの曲のカヴァー。
綺麗な曲で昌己さんにピッタリでした。
以前からこの曲は昌己さんが歌いたかった曲だそうです。

5曲のうち私が知っている曲は2曲目の「恋が素敵な理由」だけ。
この曲はキーボードを弾いていましたが、このライヴでは弾かないで歌オンリーの曲とキーボード弾きながらの曲と交互に演りました。
キーボードを弾く曲でイントロのキーボードを失敗したのか?ニッコリ笑ってやり直す一幕も。
明るくてノリの良い曲もありました。

メンバー紹介でギターの人とパーカッションの女性の紹介。
パーカッションの女性はハロウィンのカボチャが付いたカチューシャをしています。

林田健ちゃんがライヴを終えてから、ハロウィンのアイマスク付けたけどウケなかった話を昌己さんにしたそうで、このハロウィンのカチューシャはどうかな?と言うようなMCをしていました。

そうか、健ちゃんは昌己さんにそんなことを伝えていたのだな。
アイマスク外したと思ったら、ずっとサングラス掛けっぱなしで、そんなのファンは嫌ですよ。
もっと違うハロウィンにしなきゃ。
昌己さんバンドのパーカッションの方のカボチャは可愛いと思う♪
でも、いつのまにか何曲目からかカボチャは外していました。

昌己さん、府中に来るのは4回目で、1回目は何かの勉強になるかと(そんなような話しだった)府中競馬場に来て予想が外れ、それ以来競馬はやったことがないとのこと。
ミニライヴで、この会場で以前もやったことがあるとか。
他に、曲の内容の説明で、「女心を表現しているところを聴いて下さい」みたいなバラード系の曲の紹介も。
これは最後の曲だったと思う。

他に、今後のライヴやフリーライヴの告知。
明日もフリーライヴがあるそうで、頑張りますね~。
今回のDVDのことも。バースデイライヴの全てがカットなしに入っているのでお見逃しなく、との紹介。
カットなしで収録なんて凄い!ファンなら欲しくなりますよね。

最初に「曲を30分やります」のような話でしたが、MCを入れると30分以上ステージは続きました。
周りを見渡すと、開始時と違って、いつのまにか相当大勢の観客が!!
いつ集まってきたのか、明らかに昌己ファンと分かる男性(30~40代)の多いこと!!子連れも結構目立つ。

     府中フォーリスミニライヴ昌己ステージセット 昌己さんステージセット

ステージ終了後、DVD購入者とのサイン会。
これまた長蛇の列で、林田健ちゃんと大違い。
しかも、ファンの人と話しをして丁寧にサインをしているせいか、列がなかなか進まない。
その間に、私は昌己さんがよく見える真正面に行って人垣の間からこっそり写真撮影。
ピンクのシースルーのドレスの上に羽織りものを着て、ファンと話しながら熱心にサインをしていました。

健ちゃんも単に握手だけでなく、サイン会もすればいいのに。
地方ではやっているようですが…。

サインに並んだファンはざっと見ただけでも、5~60人は居たのではないでしょうか。
これだけこの場でDVDが売れたということで、侮れませんサイン会。
最後の10人位が残ったところで会場を後にしましたが、サイン会だけで40分以上はかかったと思います。
サイン会に並んでいた女性は数名程度で、同世代かそれより少し若い年代に見えました。

       府中フォーリスサイン会昌己2    府中フォーリスサイン会昌己3 
        昌己さんのサイン会(手ブレ写真で失礼します)

通りすがりの若い子が「オジサンばっかりだ」と言っていましたが、美人で年齢もアラフォー、キャリア20年となる昌己さんですから、オジサンファンが多いのも当然でしょう。
若いファン開拓などの冒険はせず、手堅く元々のファンを大事にし、離さないことが堅実で現実的な道だと思います。
キャリアのある人は、林田健ちゃんもそうだけど、それっきゃないでしょ。
そういうことの積み重ねが、上手く行けばご新規のファン獲得にも繋がるのではないでしょうか。

全てにおいて優等生な昌己さん。
曲においても優等生で、クセがなさ過ぎで印象が弱いところが難点といえば難点か??

林田健ちゃんは、全てにおいてクセがあり過ぎだもんね。
ま、それはそれで良いんだけれど。
健ちゃんについても、昌己さんについても、それぞれの個性があって、その個性が世間にどう評価されるかが肝心なところ。

今回のライヴを観て、昌己さんがファンを大事にしているのがありありとよく分かる。
ファンも昌己さんを熱心に、マナー良く、良い形で応援している。
そこは健ちゃんや健ちゃんファンがもう少し見習った方が良いかも。
家に帰ってから、昌己さんのファンのブログや昌己さんのオフィシャルサイトを見たら、益々そう思いました。
昌己さんは年齢もキャリアもあるので、今更急にブレイクはないかもしれませんんが、熱いファンに支えられて、今後もそれなりに安定した活動が出来るのではないでしょうか?

昌己さんは、こういっては失礼ですが、永いブランクがあっての出直しです。
大人な年齢になっても、それなりにアーティストとして売れていかなくてはならない立場で、それなりの思いをお持ちなんだなぁと、このライヴを観てつくづく感じさせられました。
才能ある健ちゃんなんだから、少しは昌己さんを見習って欲しいな~と、つくづく思いました。

健ちゃんも、一時期引退宣言をして復活した背景があります。
二人とも同じ事務所です。
変な比較をしながら書きましたが、人生ってものを垣間見たような気がしました。
お二人の、今後の活躍を大いに期待しています。


セットリスト(曲名分からないため、ファンのブログよりお借りしました)
 1.Too far away
 2.恋が素敵な理由
 3.揺れるココロ
 4.あの場所へ
 5.ありふれた今日という日に


井上昌己(いのうえ しょうこ)オフィシャルサイト
http://www.shokoland.net/

林田健司オフィシャルサイト
http://www.raphles.com/hauoli-mate/news/index.cgi

 

スポンサーサイト

Comment

始めまして 

はじめまして 井上昌己さんのファンですが、ブログ大変興味深く読ませて頂きました。
昌己ファンだと気付かない面や、貴重な意見とても参考になります。お近くでインストアライブが有る時は是非昌己さんの方も顔を出して、叉貴重な意見聞かせて下さい。
  • posted by 素敵な理由 
  • URL 
  • 2009.11/06 08:42分 
  • [Edit]

はじめまして 

はじめまして。
「素敵な理由」さん同様、井上昌己ファンブログを書いております。

府中ライブの記事、井上昌己ファン以上に細かく書かれていて、大変参考になりました。

機会あれば昌己さんの事、また書いて頂ければ嬉しいです。
ありがとうございました。
  • posted by shokofan-1963 
  • URL 
  • 2009.11/06 23:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

>素敵な理由さん
はじめまして!!
昌己さんについて思ったままに書いてしまったので、
失礼があったかもしれませんが、ファンの方に読んで頂いて、
コメントまで頂けるなんて大変嬉しいです。
昌己さん、良いファンをお持ちでお幸せですね。
アーティストが良ければファンも良い、ということだと思います。
昌己さんのライヴ、また行ってみたいと思っています。
コメント有り難うございます。

>shokofan-1963さん
はじめまして!!
良かった出来事はしっかり書き残しておきたいタイプなので、
ついついダラダラ書いてしまいました。
間違っていることや失礼があったかもしれません。
昌己さんのファンブログの方に読んで頂いて、
コメントまで頂けるとは、とても光栄です。
昌己さんのライヴ、機会があればまた行きますよ~。
読んで下さってありがとうございます。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2009.11/07 01:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!井上昌己のファンの者です。
とても詳細なレポート、ありがとうございます。府中でのステージが、頭の中でよみがえってきました。また、普段はファンの方のブログばかり読んでいるので、このような客観的なレポートは、とても興味深く楽しく拝読させて頂きました。
何よりも、井上昌己のために時間を割いてレポートしてくださった事、感激です。
今後、同じ事務所なのですから、一緒にライブもしてもらえるといいですよねぇ。
その時は、よろしくお願いします。
  • posted by かよぴょん 
  • URL 
  • 2009.11/08 11:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

>かよぴょんさん
はじめまして!!
昌己さんファンの方から、こんなにコメント頂けるとは
予想もしなかったことで、読んで下さってホントに有り難うございます。
ステージがよみがえってきたそうで、嬉しいです。
私も自分の思い出として忘れないようにと書きました。
ちょっとへそ曲がりに比較なんてしてしまいまして、
それぞれのファンにとっては失礼だったかもしれません。
林田健ちゃんと昌己さんが同じステージに立てることがあれば、
これまた楽しみですね♪
こちらこそ、その時は宜しくです。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2009.11/09 01:27分 
  • [Edit]

初めまして 

初めまして、ムーンストーンと申します。

今ごろという感じがしないでもないですが、今、このブログに気づいて、良いブログだなぁと思い、感心しました。

僕は、井上昌己さんのファンです。
府中フォーリスには、2009年7月19日(日)に、昌己さんのフリーライブがあったので、一度だけ行ったことがあります。

また、林田健司さんは、一回だけ、フリーライブを少し観たことがあります。
2009年12月7日(月)に、昌己さんと林田さんが、 タワーレコード 名古屋近鉄パッセ店 で同じ日にフリーライブを開催したので、その時に林田さんを初めて拝見しました。

僕は、林田さんは、黒いサングラスをしたまま歌うんだ、と思いました。
また、林田さんのファンが、 林田健司さんの曲で林田さんと一緒に振り付けしながら踊っていたことが印象に残りました。

昌己さんのファンは、昌己さんの曲で振り付けしながら踊る、ということはしないので、おとなしいと思われるかもしれませんが、逆に、初めて昌己さんのライブに行くひとには、お約束の振り付けが無いので、ライブに参加するための敷居が低くて良いのかもしれません。

昌己さんは、所属していたレコード会社が無くなってしまったということもあり、1999年後半から2000年ごろは、確かに活動休止状態でしたが、2001年からは、自主レーベルを設立して、ずっと精力的に音楽活動をしています。

よろしければ、昌己さんのフリーライブだけではなく、有料ライブにも足を運んでいただけると、とても嬉しいです。

有料ライブは、外界と遮断された空間のなかで、思う存分、昌己さんの曲に浸ったり、昌己さんたちのMCを楽しめるので、長時間、素敵な時間を過ごせると思います。
  • posted by ムーンストーン 
  • URL 
  • 2010.12/22 20:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ムーンストーンさん
初めまして!!コメントありがとうございます。
お褒めの言葉を頂いて恐縮しております。
昌己さんだけでなく林田健ちゃんのライヴも観てくださっていたとは、とても嬉しいです。

健ちゃんはフリーライヴでは、どうもサングラスをしたままのことが多いようですね。
ちゃんと顔を見せればいいのに・・・といつも思っています。
良い曲は作っても何かと我儘な人なんですよね。(苦笑)

その点、昌己さんはいつもステキな笑顔と衣装で、
しかもファンへの対応や心配りも満点だな~と感心しています。
昌己さんがそういう方だから、ファンの皆さんも良い方ばかりですね♪

昌己さんのライヴは、10年以上前にフリーライヴではなく、
小野正利さんと共演したライヴでも観たことがあります。
その頃、雑誌「FMステーション」でも対談されていましたね。
記事がまだ取ってありますよ♪

そんな訳で、昌己さんはいつも気にしている女性アーティストさんの一人です。
昌己さんのこと色々情報ありがとうございます。
昌己さんオンリーのライヴも機会があれば行ってみたいと思います。

今回、12/19林田健司ラゾーナ川崎の記事に
昌己さんのことを少し書かせていただきました。
昌己さんをその日実際に観たのではないので、
カテゴリー「林田健司/井上昌己」には入れませんでしたが、
そちらのカテゴリーにした方が良かったのかもしれませんね?

ムーンストーンさんのブログも覗かせて頂きますね♪

林田健司12/19ラゾーナ川崎イベント こちらに昌己さんのこと有り
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-246.html
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2010.12/22 21:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。