花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は加藤和彦氏が…

今年になってミュージシャンの若過ぎる死が続いています。
今日、加藤和彦氏が亡くなったことをニュースで知り、とてもビックリしています。
それも、軽井沢のホテルで首吊り自殺だそうで…。
詳細は分かりませんが、仕事は順調そうに見えたし、病気でもなかったようですし、何でまた…??

1967年暮れに、フォーククルセダーズの「帰ってきたヨッパライ」を初めて聴いたとき、当時「なんだこりゃ!!」と曲の破天荒ぶりに驚きました。
うんざりするほど当時TVの歌番組で観ました。
その後のフォークル(フォーククルセダーズ)は「あの素晴しい愛をもう一度」「悲しくてやりきれない」「青年は荒野をめざす」そして問題作となった「リムジン河」など、フォーク路線でヒットを出し、どの曲も思い出深いものがあります。

その後、グラムロック系のサディティック・ミカバンドで、日本だけでなくイギリスでも活躍しましたね。
これは確か1973年秋に早稲田講堂で、当時最先端だったいろんなバンドが出たイベント(キャロル、五輪真弓、他)で直接私は観ています。
この時は当然、初代サディスティック・ミカバンドでありまして、加藤和彦というよりも、金髪で可愛かった高中正義に目が眩んだ当時かなりミーハーなロックねーちゃんの私でした(笑)

フォークルを解散してサディスティック・ミカバンドをやるちょっと前、1970年頃だったでしょうか?
加藤和彦氏は東京12チャンネルでフォーク系の方々が出る歌番組の司会をされていました。
確か30分番組だったと思いますが、あの頃よく観ていました。
ここでソロ曲「僕のそばにおいでよ」「不思議な日」とかドノバンの曲を披露していました。
ゲストとのトークはソフトで気取らないで、いつも笑顔で良かったです。

この番組で印象的だったのは、南こうせつ率いる初代かぐや姫が「酔いどれかぐや姫」を披露したことでした。
あの「シャ~ララ♪」には「帰ってきたヨッパライ」と同じく衝撃を受けました。

また、この番組には忌野清志郎がいたRCサクセションも出演しました。
今年、忌野清志郎氏も亡くなってしまいましたが、この方は私の出身中学の2年先輩なのです。
私が高校1年の時に行われた同窓会で、まだデビュー前のRCサクセションが喫茶室となった教室でずーっと演奏していて、当時その楽曲と歌唱法にとても衝撃を受けました。
デビュー後の初期の曲は、殆どこの同窓会で聴いていた聞き覚えのある曲でした。

このRCサクセションをTVで初めて観たのも加藤和彦司会の12チャネルのこの歌番組でした。
まだRCが全然人気なかった頃でした、というよりデビューしたばかりではなかったかな?
当時、この番組にあの同窓会で歌っていたRCが出たこと自体驚きでした。

ちょっと話がそれてしまいました。

加藤和彦氏はフォークとかロックとかポップスとか、ジャンルのくくりを超えた、しかも、お洒落で優しさのあるミュージシャンでした。
音楽プロデューサーとして日本の音楽界に永い間君臨してきた人でしたし、これからもそうである人でした。
何でまた自殺なんて!?本当に惜しいです。
ご冥福をお祈りします。


フォーククルセダーズ        加藤和彦  加藤和彦氏  
フォーククルセダーズ
「悲しくてやりきれない」

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

私もこのニュースにはびっくりしました。
遺書があったということですが、
死を決意するまでに一体何があったのでしょう…。

特にファンという訳ではなかったのですが、
音楽の一時代を担った方が亡くなるのは
とても残念です。
  • posted by ふぁさーど 
  • URL 
  • 2009.10/18 23:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ふぁさーどさん
ワイドショー観ていたら、どうやら鬱だったようで、
でも、殆どの人がそれに気づかなかったようですね。
一緒に映画をやっている井筒監督にだけ明かしたようです。
一見成功しているようでも、何事もないようでも、
人の心の中は分からないものなんですね。
自殺だなんて本当に勿体無いです。
加藤和彦さんのほのぼのとした笑顔や声は、
私の心の中で生き続けていくと思います。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2009.10/19 22:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。