花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

classの津久井克行さんと小野さん

10/2にすい臓癌で49歳の若さでお亡くなりになったclassの津久井さん。
今日、青山葬儀所で音楽葬があったことをTVで報じていました。

classといえば、色々思い出があります。
大ヒット曲「夏の日の1993」の頃、当時私が大ファンだった小野正利氏と同じ事務所で、この曲は当時の小野さんの曲を数多く書いていた松本一起&佐藤健のコンビの曲であったこと。

この頃、小野さんは幾つもラジオ番組のパーソナリティをやっていて、その番組にデビュー直前か?デビューしたばかりだったか?のclassがゲストで出たこと。
まだ、この曲がそんなに大ヒットするかどうかわからない時期でした。

小野さんの「You'er the Only…」が大ヒットして(110万枚)、お陰で当時の事務所はビルを大きくすることが出来たと小野さんがラジオで語っていました。

そういう経緯があって、リッチになったこの事務所の次なる期待のアーティストとしてclassが出てきたのかな?とも思いました。
小野さんのヒットがなかったら、ひょっとしてclassの存在は、あったのかな?なんて。

そしたら、あらよあらよと小野さんの 「You'er the Only…」よりも売れてしまい170万枚の大ヒットに。
今や「夏の日の1993」は90年代のヒット曲の一つとして多くの人々の胸に残っていると思います。

その後、小野さんは物真似番組で「夏の日の1993」をやったこともありました。
同じ事務所繋がりだな~なんて思っていました。

今日、TVでの音楽葬の報道で小野さんやclassと元同じ事務所で今年の夏、津久井さんとライヴをやった上田正樹氏が訪れていたところが映りました。

小野さんは行ったのだろうか?多分、行っていない気がします。
おい!小野さん、こういう時、行かないと…。(行っていたらゴメンナサイ)

classの元相方、日浦さんがインタビューに応えていました。
classの再結成で色々あったそうですが、日浦さんが来ていて良かったと思いました。

津久井さんのブログが直前の9月まで続けられていたのを今日知りました。
強い意志で闘病され、最後まで音楽と共に生きた姿は立派だと思います。
あのハスキーな声でもう「夏の日の1993」が聴けないのは残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。

class夏の日の1993   class 「夏の日の1993」  class津久井克行   class の津久井克行さん

津久井克行オフィシャルサイト
http://www.tsukui-katsuyuki.com/

津久井克行ブログ
http://wave.ap.teacup.com/katsu1993/

新生 class オフィシャルサイト
http://www.gma-e.co.jp/class/

スポンサーサイト

Comment

縁 

classの津久井さんと小野さんとの間に、そんなご縁があったのですか…。
この曲、私は小野さんのものまねで初めて知ったのですが、とても耳に残る曲ですね。
最後になりましたが、津久井さんのご冥福をお祈りいたします。
  • posted by のの 
  • URL 
  • 2009.10/15 22:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

関連ニュース読みましたが、
そんな記述はなかったので、多分行ってないかも…
でもその前に密葬があったので、
プライベートでお知り合いの方はそちらに行って
音楽葬には参加せず…というパターンが
あったようです。
どっちなんでしょうね(^^ゞ。

私は音楽葬行けなかったので、
家で1人酒盛りして故人を偲んでいました。
闘病は大変だったと思いますが、
津久井さんらしいアッサリとした逝き方だったと思います。
  • posted by ふぁさーど 
  • URL 
  • 2009.10/16 11:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ののさん
小野さんは今まで、せっかくの縁をチャンスに繋げないで
棒に振ってきたように思われます。
多分、アーティストとしては堅実すぎるからでしょうね。
今回の記事は、実はそれを言いたかったんですよね。
今まで多くの出会いがファンの目からみてもあったのに。
活かせていたら今の小野さんはもっと違っていたかもしれません。
今回、ガルネリ加入のチャンスをしっかり活かして欲しいと願っています。

>ふぁさーどさん
小野さんと津久井さんは事務所が変わってからは
多分、何の繋がりもなく、密葬に行くような間柄ではないのでは。
でも、公の音楽葬ならちょっと顔を出してもよかったのに。
こういうところでもチャンスを繋げない小野さん。
良くも悪くも欲がないんですね。下手なダジャレみたい(汗)
ふぁさーどさんの酒盛り、お察しします。
津久井さんは良い生き方をされましたね。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2009.10/17 13:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

 こんにちは。はじめまして。
 通りすがりのkeroponと申します。

 先日の渋谷でのライブでおっしゃってましたが、小野さん、津久井さんの密葬に行かれたようです。
 小野さんは去年の4月頃、津久井さんとライブをやられてましたし、その時にアマチュア時代からお知り合いだった話とかされてましたから、いろいろとご縁があったみたいですね。
  • posted by keropon 
  • URL 
  • 2009.11/08 20:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

>keroponさん
はじめまして!!
渋谷のライヴで小野さんはそういう話をされていたのですね。
私の思い込みで書き、これは小野さんやファンの方に大変失礼をしました。
アマチュア時代からの知り合いだったのですか!!
もしかして、昔小野さんのラジオにゲスト出演された時、
そういう話しをしていたかもしれませんが、
かなり前のことなので私もはっきり記憶にありません。
記事についてのご指摘有り難うございます。
またお気軽にコメント宜しくお願いしますね♪
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2009.11/09 01:29分 
  • [Edit]

Classの記憶 

アーバンウイークエンドで出てはりましたね。
さらに、1993年年末のFM特番で
Run to the sky over the seaを
クラスと小野さんの三人で演奏されたのを覚えています。
録音したけれど、
残念ながらカセットテープはどこに言ったのだろうか?
この楽曲の最高の演奏の一つとして覚えています。
  • posted by サノ 
  • URL 
  • 2012.04/24 00:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

>サノさん
こちらにもありがとうございます!
そうえば・・・すっかり忘れていましたが、
classとの「Run to the sky」の共演を聴いたような気がします。
その特番は私もテープに録ったはずです。
家のカセット倉庫にあるはず!探してみることにします!

当時のTV出演のビデオ等にもいいものがあって、
多くの人に観て貰いたいのですが、
ビデオやカセットの音源からYouTubeにUPする気力がないもので・・・(汗)
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.04/24 03:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。