花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋 幸夫の「恋と涙の太陽」を聴く

仕事の関係で橋幸夫のカセットが流れる中、懸命に仕事をする日が時々あるのです。
お年寄り相手の仕事なので、そういうカセットが職場にあるのです。
最近、その中で昔聞き覚えがあって、タイトルが分からない曲があり、何度も聴くうちにとても好きになってきた曲があります。

もう、今の感覚で聴いたら、単なる時代遅れとしかいいようがない曲かもしれませんが、この時代背景を考えたら凄く斬新なのです。
思わず一緒に仕事をしていた20代の子に、嫌な婆さんだと思われようが曲の時代背景を説明しちゃいましたが、良さなんて分からないでしょう。

ネットで調べてみたら分かりました。
それは橋幸夫の「恋と涙の太陽」という昭和41年(1966年)の曲でした。

ネットは本当に便利になりましたね。
その昔、windows 95 でネットを始めた頃は何も見つけることが出来なかったのに。

昭和41年(1966年)とは、GSブームが巻き起こる直前の時代で、この曲はポップスに近いところにある歌謡曲でした。
歌詞が特に時代を感じさせます。
「若過ぎるのか 僕たち二人・・・」など、今は「若さ」を強調した歌詞ってあまりないように思います。
リズムは当時一部に流行っていたアメリアッチ。
「ドン・ドン・ドン・ドン」とキレのあるリズムとブラスの派手な演奏が印象的で、これも今では古くさ過ぎ。
今ならギターでガンガン演奏するところでしょうが、この時代はエレキギターでガンガンはまだなかった。
そして、極めつけは橋幸夫の歌唱法。
とても上手いのですが、リズムものを歌うには古臭い感覚の歌謡曲歌い。
当時いた、洋楽のポップスを日本語で歌う、ポップス系の歌手とは歌い方が違う。
でも、40年以上経って、初めて私としては良さが分かってきた・・・というところです。

その時流行っていたものって、時代を超えるとものすごく古くさくなるんです。
だから、今先端のものだって、何十年も経つと古くさになってしまう。
でも、確かな歌唱をしていた橋幸夫の良さや曲は古臭くても良い。
そう、今になって再認識しています。

橋幸夫のヒット曲は沢山知っていますが、実は私は嫌いな歌手でした。
でも、好き好きは別として凄い歌手だと思います。
どんなタイプの曲でも歌いこなし、昭和30年代後半から40年代前半にかけて、夏はリズム歌謡を毎年出していました。
特に橋幸夫は、このリズム歌謡に特筆するものがあるように思います。
日本の歌謡曲の歴史を感じます。

私が知っている(ネットでタイトルを確認した)橋幸夫のリズム歌謡は下記のようなものがあります。
どれも、なかなか良いですが、最近はもっぱら「恋と涙の太陽」にハマっています。

♪恋をするなら  (昭和39年 1964年) 
  「サーフィン」リズムを取り入れた曲
♪CHE CHE CHE(涙にさよならを) (昭和39年 1964年)
  これもサーフィンリズム 
♪あの娘と僕~スイム・スイム・スイム~ (昭和40年 1965年)
  「スイム」というダンススタイル 
♪恋と涙の太陽 (昭和41年 1966年)
  アメリアッチのリズム この曲が私は最も好きです
♪恋のメキシカン・ロック  (昭和42年 1967年)
  メキシコシティオリンピック開催に合わせて作られた

橋幸夫「恋と涙の太陽」 倍賞千恵子競演の映画と曲が聴けます 
http://www.youtube.com/watch?v=zuMbrgcTvno&feature=related


私は音楽のジャンルは幅広く聴きます。
約30年前、母親が死にそうになっていてベッドで脇で看病しながら、携帯型ヘッドフォンカセットでピンクフロイドやクラプトンを聴いていました。
最近ではメタルのガルネリウスも聴けば、橋幸夫だって。
今、携帯のめざまし音には、ゆず、ミスチル、いきものがかり・・・などが入れてあって職場の若い人からは「若い~!!」と言われて、嬉しかったり、逆にからかわれてるのかと??
音楽って、年齢や時代には関係ないですね。


[ 私の音楽遍歴 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-9.html

[ 私の音楽遍歴 ザ・タイガース ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-30.html

[ 好きな邦楽 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-25.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。