花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野正利さんの「Shelter」(1993年)あれこれ

先日8/8 小野正利さんのライヴ以来、私の中で、ある種ちょっとした小野さんブームになっています。
このライヴの影響を受けて、小野さんのあまり知られていない名曲「夏の色、君の色」「君はまだ僕の心の中に」の2つをYouTubeにUPしたことは先日書きました。
そして、そのまんまで小野さんブームは終わりそうだったのですが・・・。


大好きな 3rd.アルバム「With All My Heart」が頭に渦巻き、しかも、そのアルバムの中で特に好きな曲「Shelter」への思いが募りまくってどうにもならず、思い切って当時の写真を編集してこの曲と共にYouTubeにUPしてしまいました。


1407562338655.jpg 

小野正利 「With All My Heart」 amazon
http://www.amazon.co.jp/With-All-My-Heart-%E5%B0%8F%E9%87%8E%E6%AD%A3%E5%88%A9/dp/B000064QKF/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1408419717&sr=1-1&keywords=%E5%B0%8F%E9%87%8E%E6%AD%A3%E5%88%A9%E3%80%80With+All+My+Heart


小野正利 Shelter
http://youtu.be/HfgwuhGOVX0


「Shelter」は以前YouTubeにあったのですが、いつの間にかなくなってしまい・・・こんな素敵な曲をもっと多くの方に知って貰いたい・・・それもあって、UPしたい思いにかられました。


この曲は、当時小野さんのレギュラーラジオでも、よくリクエストがあって人気曲だったと思います。
私はアルバム・リリース直前、ラジオで披露された時に、こういう曲(単なる静かなバラードではない曲)を待ってました!と感激し、大好き曲になりました。


それなのに、ライヴで披露されたのは93年冬の「With All My Heart Tour」の時だけでした。
このツアーには私は2回行ったので、お陰様でライヴで2回聴くことが出来ましたが、それ以来21年間、「Shelter」の披露はなくなってしまいました。


たまたま何年か前にFBで、この曲を小野さんにライヴで演って欲しいと直接言う機会に恵まれたことがありましたが、「そういえばずっと歌っていませんね。分かりました。でも、期待しないで下さいね」とのことでした。


昨年だったでしょうか?小野さんのソロライヴでキーボードをされている古賀さんに、「小野さんは沢山素敵なオリジナル曲があるのに全然演っていない曲があるけれど、演って欲しいのに・・・」の話をしてみると・・・。


「小野さん個人の気持ちの問題もあるみたいよ?あの曲はレコーディングの時ああだったから演りたくないとか・・・あの曲はあの人がアレで・・・みたいに・・・(笑)」
そうなんだぁ・・・意外なことでした。


そして今回、「Shelter」をYouTubeにUPする際に以前から気にかかっていた作曲者の勇有行さんについて、再度ネットで調べてみました。


小野さんが「Shelter」をラジオで初めて披露した際、「この曲の作曲は楠木勇有行さんですね!」とおっしゃっていたことははっきり覚えていました。
勇有行さんてどなただろう?と、その後、何度も調査しましたが、CM等を沢山歌っておられる方らしい・・・と、大雑把なことしか分かりませんでした。


しかし、今回、ご本人のHPが分かり、ベールに包まれていたことがすっかり分かりました。
う~む、これは、やはり「Shelter」の今後のライヴ披露はないかも・・・。


楠木勇有行 プロフィール
http://kusunoki-vocal.com/profile.html

楠木勇有行    基本情報
http://www.drillspin.com/person/view/ARDSA0108586

楠木勇有行/CHOOSE ME(1987年 LP) 3曲試聴可能
http://meguru-records.com/shopdetail/001000000139/


「Shelter」が小野さんの他のバラード曲と一線を画しているのは、この曲の構成もさることながら、作曲者、勇有行さんのバッキングコーラスにもあると思うのです。
小野さんの透明なハイトーンとは全く異質であるソウルフルな声のコーラスが要所要所に出て来て、この曲を盛り上げていると感じます。
そのため、ポップスナンバーのバラードと言うよりも、ロックなバラードだと私が最初に感じたのだと思います。


あの降り注ぐ男っぽいソウルフルなコーラス!
バラードなのにメリハリのある曲構成とアレンジ!
この曲こそ、神降臨な曲だと私は当時から思っていました!


そうだ!「Shelter」のソウルフルなコーラスと小野さんの透明感あるハイトーンとの異種コラボは、40数年前に私が気に入った大好き曲「730日目の朝」(ザ・タイガースのアルバム「ヒューマン・ルネッサンス(1968年)」収録曲)と似ている!


こちらも、タイガースのギタリストで透き通ったハイトーンヴォーカルの加橋かつみさん(G.)と低音の岸部おさみさん(B. 現・俳優/岸部一徳)のコラボで、天使と悪魔をイメージしたオペレッタの雰囲気を醸し出している曲です。
試聴音源と曲については下記参照。


「730日目の朝」 ザ・タイガース
amazon MP3 販売  試聴可能
http://www.amazon.co.jp/%EF%BC%97%EF%BC%93%EF%BC%90%E6%97%A5%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%9C%9D/dp/B00BT6W962


2013-10-14 19:47:36
ザ・タイガース「ヒューマン・ルネサンス」(4) 730日目の朝
http://ameblo.jp/musiker/entry-11637145733.html

ザ・タイガース ヒューマン・ルネッサンス


しかし、勇有行さんのプロフィールを今回詳しく知って感じたのは、このコーラス、この声はロックというよりも、ゴスペルやソウルフルなR&B寄りのモノだったのだ!と・・・。
道理で!だからこの曲に私は「神の声」(かなり大袈裟な表現かも)を感じたのです。


若者(当時の小野さん)に神の声が降り注ぎ、今後の行方を見守っているかのような・・・?


この曲はCDアルバム通りの、あのコーラスとあのアレンジ、あの演奏でなければ私は満足出来ないかもしれない。
だったら、この曲をライヴで聴くことが今後もなくても仕方ない・・・。


「Shelter」をYouTubeにUPする際、私はこの曲について20年来持っていたイメージと、93年の胸に焼き付いているライヴステージの印象をそのまま表したかったのですが、稚拙ながら何とか今回ほぼ念願通りの写真を編集しUPすることが出来ました。


写真はアルバム掲載写真と93年当時の雑誌掲載写真、そして「With All My Heart Tour」の時だけ販売していたツアーパンフ(大判の小野さんの写真集)から使用させて頂きました。


音源だけのUPで良いものを、こんな私の勝手な思いや解釈が含まれたイメージ写真は多くの方に不愉快な思いをさせてしまうかもしれません、申し訳ありません。


「暗い」と映像を感じる方もおられると思いますが、私の中では暗くないのです。
持ち合わせている写真の中でこの曲を表現すると、心の内面を映した意味で一見暗い写真になっていますが・・・。
なので、別の解釈の「Shelter」がUPされても良いと思っています。


このYouTube 残念なことに編集になぜか失敗していました。
UPしてから観ると最後の2~3秒が欠けてしまっていて音源がブチ切れしてカッコ悪い仕上がりになっていました(汗)
私の手違いで残念です。


-----------


そして今回、勇有行さんについて更にビックリすることも判明!
これは小野さんとは無関係なのですが・・・。


勇有行さんは私の好きな林田健司さんの元奥様、山下達郎さんのコーラス等で活躍された Candeeさんともご一緒にレコーディング等の仕事をされていることが分かりました!


Candeeさんは残念なことに10年以上前に病気で若くしてお亡くなりになっていますが、たった1枚だけアルバムを80年代に残されていて、私はそのアルバムを持っているのです。
おお!Candeeさんともご縁があった方だとは・・・胸が熱くなります!


今回、我が家にあるCandeeさんのアルバムを見つけられなかったため(もしかしてCDを借りてカセットにダビングして持っているのかも?)、写真はネットの下記サイトのものを使用させて頂きました。


Candee アルバム


CANDEE / SAME (1988/TAURUS)
http://blog.livedoor.jp/recoromak/archives/1239145.html


林田健司さんは小野さんのラジオにゲストで出られたことがあって、それで林田さんを知って惚れ込み、小野さんと平行してずーっと私はファンなのです。
小野さんのラジオがきっかけだったのです。




<このブログで小野正利さんの昔の写真掲載がある記事一覧>

小野正利「For Pure Lovers」('94年)の頃 その2
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-389.html

小野正利カヴァーアルバム「For Pure Lovers」('94年)の頃
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-388.html

あの時君は若かった 小野正利ツアーパンフ編
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-295.html

あの時君は若かった 小野正利編
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-284.html

小野正利のHRなアルバム「With All My Heart」
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-193.html



小野正利オフィシャル

http://www.onomasatoshi.com/index.html

ガルネリウス オフィシャル
http://galneryusyumacher.com/



[ 小野正利 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-2.html

[ 小野正利/ガルネリウス ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-31.html

[ 小野正利/AKB 48 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-45.html

スポンサーサイト

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。