花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中市美術館「ノーマン・ロックウェル展」

アメリカで最もよく売れた雑誌「サタデー・イブニング・ポスト」の表紙を47年間毎週のように描き続け、ボーイスカウトのカレンダーも永きにわたって描き続けたアメリカの国民的イラストレーター、ノーマン・ロックウェル展へ6/27行ってきました。
行ってからもう2週間も経ってしまいまして、なかなかブログにUPできないまま、会期も7/11本日が最終日となっています。

どこかで見覚えのあるイラスト。
懐かしさが込み上げてくるアメリカの古き良き日の日常。

私が小学生の頃、今から40年~50年前の昭和30年代、この頃、TVではアメリカのホームドラマや子供向きドラマが数多く放映されていました。
これらを通してアメリカの豊かな家族生活を垣間見、憧れたものでした。

当時、日本は東京オリンピック前の頃で、まだまだ高度成長過程で、やっと家庭にTVや洗濯機が普及したところ。
アメリカの家庭が羨ましい時代でした。

ノーマン・ロックウェルの絵はそんなアメリカの日常を描き出していて、私にとってはとても懐かしい情景の数々なのです。
行ってこの目で確かに観て、本当に良かったです。



写真はクリックすると拡大します。

   府中市美術館ノーマン・ロックウェル展2010627    府中市美術館七夕20100627        府中市美術館ノーマン・ロックウェル展ポスター
   府中市美術館入り口   美術館ホールに七夕飾り 販売されているロックウェルのポスター



   ノーマン・ロッウェル展X'mas紙袋と包装紙                 ノーマン・ロックウェル展チケットとカタログ本
かなり前に使用されたロックウェルデザインの     チケットとロックウェル展公式画集     
懐かしい伊勢丹のX'mas用紙袋と包装紙が展示に


たまたま行こうと思っていた朝、NHK「日曜美術館」で取り上げられ、しかも会期終盤のためか会場は思った以上に人が多く訪れていました。
今年の冬に府中市美術館に行っていましたが、その時とは大違いで、それはもう人、人、人!! 

何しろ、入場券と引き換えに普通どこでも無料で配布される絵や画家について書かれている案内書が、不足で配られなかったのですから。
未だかつてそんな予想外に人が入った美術展なんて聞いたことがありません。
殆ど宣伝もされなかった美術展なのですが、やはりNHKの「日曜美術館」の影響なのでしょうか?

展覧会を観ても公式案内書がないのは何とも悔しいので、帰り道、ちゅうバスのルート途中に「ルミエール府中(府中市民会館・図書館)」に立ち寄ってみたら、予想通り沢山公式案内書が置いてあったので貰ってきました。
府中市美術館、ダメですねぇ、足りないなら、こういうところからかき集めて用意しておかなきゃ。


   ノーマン・ロックウェル展案内書            ノーマン・ロックウェル展ポストカード他.
府中市公民館で手に入れた公式案内書    ショップで買ったシール、
                              グリーティングカード、ポストカード


私が大好きなレッド・ツェッペリンのアルバム・ジャケット(デザイン/ ヒプノシス)にノーマン・ロックウェルの画風によく似たものがあります。

 
   ZEP アルバム「PRESENCE」         ノーマン・ロックウェル「たくさん召し上がれ(生活の自由)」                  
   レッド・ツェッペリン           ノーマン・ロックウェル
   「PRESENCE」 (1976年)     「たくさん召し上がれ(生活の自由)」               




   ZEP アルバム「IN THROUGH THE OUT DOOR」    ZEPアルバム「IN THROUGH THE OUT DOOR」茶紙 この茶紙ジャケ内に左
                                     の酒場の写真が入っている
   レッド・ツェッペリン
   「IN THROUGH THE OUT DOOR」 (1979年)


   ノーマン・ロックウェル「シャフルトン旦那の理髪店」
ノーマン・ロックウェル「シャフルトン旦那の理髪店」


そして、私がTVで観ていた懐かしい昭和30年代のアメリカのホームドラマ、子供向けドラマとして、幾つかが思い出されました。
これらについても次に書いてみたいと思います。

  


府中市美術館オフィシャル
「ノーマン・ロックウェル オールディーズ、その愛しき素顔たち」
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/Rockwell/index.html


[ 観光/文化イベント ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-34.html
 

昭和30年代のアメリカン・ホームドラマ
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-128.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。