花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルネリウスのSHOとSyu 7/5新宿タワーレコード・イベント

行ってきました新宿タワーレコードのトーク&アコースティックライヴ&握手会。
私はこの店で買ってないので握手会とスペシャルCDは貰ってないけれど。

イベント開演1時間前に店に行ったら、握手会参加券付のアルバムはもう売り切れとなっていました。
まだあれば、スペシャルCDが欲しいからもう一枚買おうかと思っていたくらいなのに。
凄いですよ、今回のアルバムの売れ行きは!

で、タワレコのイベントスペースを見ると、まだファンは数名程度しか集まっていなかったけれど、なんと!Syuがセッティングやっていまして、こっそり後姿ですがカメラに収めることが出来ました。
セッティング後、しばらくギターを慣らし弾きしていて広い店内に爆音が轟きました。


新宿タワレコイベントCD陳列      新宿タワレコ20100705Shuセッティング    Shuセッティングアップ
目立つ所にアルバムが陳列   Syuが1人でセッティング      Syuの後姿
向こうにSyuが見える



そうこうしているうちにファンが集まってきて、Syu登場の30分後、今度はジーパンに黒Tシャツ姿の小野さんが登場。
Syuと共にヴォーカルの慣らしを何曲かやっていました。
握手会参加券を持っている人たちは、この間、店の外の通路に番号順に並ばされて、姿を観ることが出来なかったのですよね。
参加券なしの私達は観られて得しちゃった。

参加券を持っていた人達は多分100名ぐらいはいたのではないでしょうか。
参加券なしの私達も、本番では後ろの方から見るように指示がありました。

19時にインストア・ライヴが始まり、ライヴは約30分。
その後の30分は握手会で20時には、小野さんとShuの終わりの挨拶で終了。

小野さんはリハーサルではジーパンでしたが、本番では黒の革パンツ。
Syuもリハーサルで履いていたクロックスのサンダルをブーツに履き替えていました。
昨日放送のNHKと違って、小野さんの顔が引き締まっていました。

セットリストは大阪・名古屋と同じで、それぞれワンコーラスずつ。
アコースティックといっても「アコースティック風」という意味で、座ってやっているだけで、ギター炸裂爆音轟きです。

 1. You're The Only・・・
 2. A FAR-OFF DISTANCE
 3. BURN MY HEART
 4. CARRY ON
 5. DESTINY

いやいや、小野さん声出てましたよ!!
CDだと、いつもヴォーカルが細い感じなのですが、こんな間近で普通に聴くと、迫力あって凄いんですよね。
細っちくなんかないし、フラットしてないし。
録音のミックス等の加減でCDではヴォーカルが良くないけど、実際は違う。
やっぱり凄い!!他に追従を許さない。

ただ、今日は「BURN MY HEART」のハイトーン「Fly Hight」の「Fly」だけは出しにくかったとみえて出さずに一拍空けて歌ったけれど。
リハーサルでは「Fly Hight」そのものも出してなかったけれど。

小野さんのいつもの庶民的なトークとSyuもそれにつられてのトーク。
Syuがネットでフォートブラッグの映像観ましたよ、と小野さんに言うところは笑っちゃいました。
昨日のNHKのことも話していたし。
何年か前の映画「ロックスター」のことも話していた。
Syuが「ソロ弾きたくなっちゃった」と言うと「どうぞ、どうぞ」とアゲアゲの小野さん。
Syuのギターソロの間は、とぼけた顔でエアドラムやっていました。

Syuは初めて見ましたが、ホント印象とても良いですね。
小野さん同様に庶民的で気取ってないし明るいし、ギターリストとしてだけでなく、すっかりファンになりました。
二人はとても息が合ってますね。
Syuが小野さんに「見捨てないでね」と言っていたのが印象的でした。

音楽的な話は殆どなかったけれど、ファンの皆の(特に男性ファン)声援が凄く良かったし。
今までの小野さん単独のライヴでは、たいてい反応が鈍くて皆、おとなしかったので、小野さん反響があって嬉しかったでしょうね。

握手会は参加券ないので片隅で最後までずっと様子を観ていました。
二人とも笑顔でサービスサービス!
小野さんが握手しながら「今度はよく練習して声が出るようにします」とか言ってました(笑)
スペシャルCDはどうやら大阪・名古屋と同じ「A FAR-OFF DISTANCE 」の別バージョンのようでした。

とにかく好感度抜群の二人でしたので、この勢いで今後メタルをメジャー化して欲しいと思いました。
益々ツアーライヴが楽しみになってきました。



[ 小野正利/ガルネリウス ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-31.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

えすえ

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。