花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/28(日)高円寺ShowBoat 20周年記念イベント・ライヴ@渋谷Duo 簡単レポ

昨晩2013/7/28の「ShowBoat 20th Anniversary presents THE FES. vol.2」の簡単レポです。
17時半オープン、定刻18時にスタート。
21時40分頃終了の3時間半超、長丁場でしたが、前方は座席があったので座れて助かりました。(敬称略)

宮原学TRAUMA渋谷duo看板20130728

<出演順>
あってるかな?
◆斉藤さおり[斉藤さおり(vo)山崎淳(g)西山史晃(b)田中一光(ds)潮崎裕­己(key)]
◆the days of our youth[風祭東(vo.b)潮崎裕己(key)伊東正(g)藤井修(ds)]
◆尾上01平と一夜妻'S[尾上01平(Vo.ag/Jungapop)ichiro­(g.vo/The Sons,GIBIER du MARIE)鮫島秀樹(b/The Sons)坂口良治(ds/米米CLUB/Jungapop)蓑輪単志(key/Ju­ngapop)]
◆the days of our youth[風祭東(vo.b)潮崎裕己(key)伊東正(g)藤井修(ds)]
◆松岡英明
◆face to ace[ACE(g.vo)本田海月(key)西川貴博(ds)YANZ(b)嶋田修­(g)]
◆TRAUMA[小田原豊(ds)横内"TAKE"健亨(vo.g)六川正彦(b) guest:中島オバヲ(per)宮原学

各出演者、それぞれ4曲位の感じで進行。
バンドの入れ替えは大勢のスタッフがテキパキ実施するも、10分位は入れ替えタイムとなりました。
TRAUMAが終わった後、皆んなでずーっと粘ってアンコールのコールをしたのですがナシで、これはかなり残念でした。


<斉藤さおり>

斉藤さおりさんのパワフルなステージで開始!
さおりさんの「立って!」の一言で、客席全員立ち上がる!途中、宮原学さん完全プロデュースのしっとりした「Shine through」も演りました。
ギターの山崎さんは今日はサングラスにAC/DCのTシャツで張り切っておられました。
さおりさんはライヴ終了後CD販売のコーナーにも座って、「サインもしますよー!」とアピール!私とも一言二言言葉を交わしました。


<尾上01平と一夜妻'S>
尾上01平さんのユニットはラッパ隊が入って大人数で派手派手!ソウルフルで見事でした!
メンバーそれぞれも人気者ばかりで盛り上がりましたね~!
01平さんは途中の曲からアコギを弾きながら歌われました。

そういえば、このユニットで登場のカッコイイギタリストIchiroさんは、この日ライブ直前に私が近くのガストのカウンター席に居たら、私の隣の隣に後から来られてドリンクを飲まれ、私より先に出て行かれました。どうも似た方だなぁ?と、その時思いましたが、並びの席でそんなにお顔を見る訳にもいかず・・・あれはやはりIchiroさんだったのですね!


<the days of our youth>
メンバー紹介によると、全員、幼稚園などの同級生だとか・・・。
Vo & B の風祭さんとギターの嶋田さんは中学時代から一緒にバンドを演っていたそうです。懐かしい感じの60年代70年代系の曲、メッセージ性のある歌詞、などが特徴のバンドでビートルズっぽい曲の雰囲気を感じました。
また、ギターの嶋田さんは、あまりにストーンズのロン・ウッドそっくりでカッコイイ!日本人なのに・・・。
今回、キーボードの潮崎さんは、 このバンド以外にも、あちこちのバンドで何度も登場されて大活躍!


<松岡英明>
the days of our youth の演奏で松岡英明さん登場!
アーティスト活動休止中と自らおっしゃっていましたが、黒の細身のジャケットの胸にコサージュ。白い印象的なデザインのシャツにネクタイ、そしてハット!
全く年齢を感じさせない可愛らしさで、軽やかにステップを踏まれて笑顔が王子様のようでした!



<face to ace>

バンドが登場するや、前方センターの座席一区画全員スタンドアップ!実は全部このバンドの女性ファンの方々だと分かりました。曲に合わせてファン方々の揃って一眼となった動き、フリが素晴らしくファンの団結感にも感心しました。
ノリノリ元気なステージでしたが、キーボードメインな曲有り、ギターメインな曲有りで、持ち曲が幅広いと感じました。
ドラムスの西川貴博さんは、最近何度もShowBoatの別のバンドのライヴでもお見かけしています。


<TRAUMA>
そして、やっとやっと!21時頃、待ちに待ったTRAUMAの登場!!
登場の前のセッティングの際、メンバー全員が出てきて暫く直接セッティングされていました。
セッティングしている頃から、2階のスタッフ席の方でずーっと叫びまくっている男性が居て、この方の煩いくらいのTRAUMAに対する煽り声(笑)で益々盛り上がりました。
セッティング中、宮原さんただ一人が、この声に「うるせっ!(笑)」と一喝!(笑)


TRAUMAも他のバンドと同じく4曲位だったと思います。
宮原さんのラジオで流れた「ディア・ジョン・レターズ」と「マルガリータ」は分かりましたが、他の曲はよく分かりません。
このバンドのパワフルさ!は何でしょう?何か、再結成とは思えない底知れないパワーがありました。


ドラムスの小田原さんやパーカッションのオバヲさんは迷彩服ではなかったと思いましたが、他は迷彩服で。特にペースの六川さんは全て迷彩、ベースまで迷彩でした。
お客さんのごく一部に迷彩着用の方がいらっしゃって目立ってました。


TAKEさんは主に真っ白のギターで演奏、歌も味があって渋くて巧いですね~。
メンバー全員、ステージの端から端まで使って、本当に楽しそうに25年振り再結成を楽しんでおられました。
この日のために制作されたTRAUMAのステッカーは600円で販売されていましたし、せっかくだからこの日だけでは勿体無い、この夏、あと数回演って欲しいですね。

宮原学TRAUMA渋谷duo20130728    宮原学TRAUMAオバオ渋谷duo20130728
セッティング中の宮原さんと中島オバヲさん


<TRAUMA の宮原学>

TRAUMAでの宮原さんのことを中心に書きますと・・・。


宮原さんは開始前のセッティングの際、迷彩ズボンに白地にすっきりした柄のTシャツで登場!腰に迷彩の上着を巻いて白いTシャツが似合うんだ!と新鮮な発見!カッコ良かったです。
ステージの途中で腰に巻いた上着は楽屋に投げ戻し(ステージ下手楽屋側が宮原さんの位置でした)、演奏だけの時は袖に戻っていなくなっていましたが、また出て来た際に上着を今度は着込んだりしていました。


宮原さんの所定の位置には譜面のスタンドが用意され、今回は宮原さんはギターを全く持つことはなく珍しく丸腰!
両手をズボンのポケットに入れて歌っていました。
コーラスでの参加とは言え、大声で声は伸ばすわ!ヴィヴラート付けるわ!物凄い存在感有りました。またTAKEさんと声が似ているため、これまたコーラスがよく合うのです。


最後の方では着ていた上着を脱いで、客席に向かってグルングルン回し続けて煽る煽る!かなり普通じゃなかったです(笑)
どうなることかと、この上着投げるのかな?とか、暴れまくりの宮原さんにハラハラさせられましたが、それ以上何事もなく・・・大いに楽しませて頂きました~♪

TRAUMA ジャケ裏 お友達が持ってきた当時の「TRAUMA」アルバム


<終了後>

終了後、お友達がTRAUMAの当時買ったアルバムを持ってきていて、これに小田原さんにサインして頂きたいってことになり、暫く小田原さんが出てこられるのを会場内で大勢の方々と待っていました。


その際、鮫島さんが出てこられ、想定外の鮫島さんとの写真撮影になってしまいましたが、鮫島さんは笑顔で快く応じて下さいました!


予想通り、宮原さんは私達が居る時間には出て来ることはありませんでしたが、今夜はそうだろうと予想していましたので、がっかり感はありませんでした。


宮原さんのスタッフ小田さんは前回宮原ファンに渡しそびれたお菓子類を、あのバッグに入れたまま、今回来ていたファンに配っていて私も頂きました!


その後、小田原さんが出てこられ、お友達はサインをして頂き、名残惜しく22時過ぎに会場を後にしました。
まだ大勢のファンが会場外で出演者が出てくるのを待っていました。


長帳場でちょっと疲れましたが、TRAUMAは本当に良かった!もっと観たいな~!
このままじゃ、物足りないな~!


そうそう、BEASTの鈴木副編集長さんがカメラマンやっておられましたので、BEASTにレポが載ると思われます。
鈴木副編集長さん、連日の遠方出張続きの中、お疲れ様でした。



※追記 2013/8/1
今回だけの復活でしたが、来年、お正月にもライヴをすることが決まったそうです!おめでとうございます!良かった!

TRAUMA再結成20130728渋谷Duo 
2013/7/28撮影 プロカメラマン、イシバシさん撮影(宮原さんFBよりお借りしました)



Web Rock マガジン BEAST
このイベント・ライヴのレポが写真たっぷりでUPされました!(2013/9/11)
http://www.beeast69.com/feature/82444


宮原学オフィシャル
(こちらに全て集約されています)
http://www.manabu-miyahara.com/



[ 宮原学 ラジオ・レポ一覧(2011年11月~) ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-52.html

[ 宮原 学 ラジオ・レポ ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-51.html

[ 宮原 学 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-46.html

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。