花 風 林

好きな音楽・花・街歩きや自然、などなど・・・書き留めておきたいとこ、あれこれ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルネリウス「ANGEL OF SALVATION 」MVとタワレコ・イベント同時発表!!

ガルネリウス10/10発売のアルバム・タイトルチューンが9/20一斉解禁しました!!

動画と曲が綺麗~!!チャイコフスキーだ!!
Syuさんカッコイイ!!小野さん、演技してる!!
耳馴染み良い曲だ!!最後のクライマックスで神(エンジェル)降臨!!
動画も曲も非常にドラマティックだ!!


小野正利さん、及びスタッフさんがFBで、14分超えの曲を7分超えの半分に編集しましたとのこと。
フェイドアウトしているので、その先がかなりあるのか?とも思いましたが、そうではなく、そのあとは短いと小野さんのコメント。
どうやら中盤にAKANEさんのゲスト・ヴォーカルが入る部分が編集された模様です。
FBの小野さんコメント、大いに拡散宣伝して下さいと。


本当は14分超えの曲となると、そちらのVer.はどういう扱いになるのでしょう?
1曲で1枚のCDになる長さですよね??
タイトルチューンだし、何か、きっとありますね!!


〔MV〕ANGEL OF SALVATION - GALNERYUS
http://youtu.be/nsi9HEmZl9Y

vapmusic02さんが 2012/09/19 に公開

J-METALのトップランナーとして圧倒的な輝きを放つGALNERYUS。バンドの最高の充実度を象徴する至宝のニューアルバム
『ANGEL OF SALVATION』
2012年10月10日(水)発売
VPCC-81749 ¥3,000(定価) 全10曲収録

アルバムM-9収録、アルバムタイトル曲「ANGEL OF SALVATION」MUSIC VIDEO
Tchaikovsky ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35 をモチーフとして制作。
壮大かつエレガント、バンド史上の最大作にして至上の感動を誘う新たな聖歌!!
*GALNERYUSというバンド名はストラディバリウス、アマティと並んで世界3大ヴァイオリンと称される名器に由来します。


10月3日よりレコチョクにて着うた(R)・着うたフル(R)・スマートフォン独占先行配信決定!!
http://recochoku.jp/artist/30069074/

----------------------------------------------

そして、タワーレコードのインストア・イベントも同時に発表になりました!!
やはり、タワレコでそう来たか!!
これは大変!タワレコの店頭予約せねば!!
しかも、D代付きだし、どの程度のライヴかな??Syuさん&小野さんだけかな??


しかし、きっと、いつものように後出しで、ユニオンも特典発表があるのではないかな?
今までの感じだと、メンバー・コメントDVDや別Ver.のCD、あるいはグッズ?
さて、どうなるのでしょうか?
何かあるようですが、小出しに発表されるので、動きが取り難いですね。


以下、ガルネリ・オフィシャル転載。


ガルネリウス“ANGEL OF SALVATION”発売記念イベント決定!!

<日時> 2012年10月15日 (月) 開場:18:30 開演:19:00
<場所> 渋谷 LIVE HOUSE CHELSEA HOTEL
http://www.chelseahotel.jp/
<内容>ミニライブ&握手会
<対象店>タワーレコード渋谷店/新宿店/秋葉原店/池袋店
<参加方法>

・タワーレコード渋谷店/新宿店/秋葉原店/池袋店にて、10月10日発売NEW ALBUM『ANGEL OF SALVATION』をご予約、またはご購入のお客様に先着で整理番号付イベント参加券を差し上げます。(※整理番号はランダムとなり、先着順ではございません)
・整理番号付イベント参加券は、1枚で1名様のみご入場頂けます。
・参加券は、イベント当日のみ有効となります。
・ご入場の際に別途ドリンク代500円が必要となります。

<注意事項>
※ご予約は店頭のみでの受付となり、お電話等ではお受けできません。
※商品を2枚以上ご予約(購入)の場合も、予約(購入)点数に関わらず整理番号付イベント参加券はお1人様2枚までとさせて頂きます。
※店頭にて整理番号付イベント参加券をお渡しする際、整理番号はランダムとなり、先着順ではございません。
※整理番号付イベント参加券の配布は定員に達した場合、その後に商品をご予約・ご購入いただいても参加券は付きません。
※イベント対象商品は、不良品以外での返品をお断りしております。
※当イベントは整理番号付イベント参加券をお持ちの方のみご参加頂けます。
※ご入場の際、係員の指示によりご整列いただき整理番号順にご入場頂きます。
※前日及び当日の会場周辺での座り込みや集会等は、他のお客様の迷惑となりますので禁止とさせて頂きます。
※整理番号付イベント参加券を複数枚お持ちのお客様は、一番早い整理番号でお並びください。
※開場時間に遅れた場合は入場番号が無効となり最後尾のご入場になる場合があります。
※紛失、盗難等による入場券の再発行は致しませんのでご注意下さい。
※都合によりイベント内容の変更・中止をさせて頂く場合もございますのでご了承下さい。
※会場内での録音、録画、写真撮影は、一切禁止とさせて頂きます。
※会場内で係員の指示及び注意事項に従わない場合、入場をお断りすることがあります。
※会場内で係員の指示及び注意事項に従わずに生じた事故については、主催者は一切責任を負いません。
※イベント終了後は、規制退場となります。
※整理番号付イベント参加券等のご質問は各対象店舗へお問い合わせ下さい。

(その他お問い合わせ) ㈱バップ 音楽販促グループ TEL:03-3234-5110



ガルネリウス「ANGEL OF SALVATION」(10/10発売)の詳細発表!
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-entry-1016.html



〔MV〕ANGEL OF SALVATION - GALNERYUS 
NEW
http://youtu.be/nsi9HEmZl9Y

〔PV〕HUNTING FOR YOUR DREAM - GALNERYUS
http://youtu.be/6FhmyWT-_0U


韓国音楽専門ソウルライフレコード (楽天)
http://item.rakuten.co.jp/s4life/10028105/


GalnertuS - Carry On (Live in Seoul) New
Rolling Hall 2012 - 08 - 02
http://youtu.be/3v7iEID5TtM

GALNERYUS - A FAR-OFF DITANCE & DESTINY
(LIVE IN SEOUL 20120205)
http://youtu.be/jvS-u9_MApk

GalneryuS - destiny (live korea)
http://youtu.be/hNRnInIYkz0


【PV】絆 - GALNERYUS
http://youtu.be/6PBmGXTWjFk

絆(live) - Galneryus from indiesmusic.com
http://youtu.be/2h8XwAotUY0

激ロック・インタビュー GALNERYUS 新作『絆』について語る
http://gekirock.com/interview/2012/02/galneryus_2.php

Syuさんがミニアルバム「絆」の全曲解説をしています。
GALNERYUS | 激ロック動画メッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=OZEBMyO3Evs&feature=share


VAP屋
http://www.vap-shop.jp/shop/ProductDetail.do?pid=VPCC-81723

VAP ガルネリウス・プロモーション・ページ
http://www.vap.co.jp/galneryus

VAPオフィシャル
http://www.vap.co.jp/


ぱちんこ CR 蒼天の拳 オフィシャル
http://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/cr_souten2011/

HUNTER×HUNTER オフィシャル
http://www.ntv.co.jp/hunterhunter/

ハピネット(SWITCHBLADE)オフィシャル 小野正利
http://www.happinet-p.com/jp2/music/switchblade/index.html

ディスク・ユニオンHR/HM館 ガルネリウス
http://diskunion.net/metal/ct/list/0/1721


ガルネリウス・オフィシャル
http://galneryusyumacher.com/

小野正利オフィシャル
http://www.onomasatoshi.com/index.html

ALHAMBRA オフィシャル
http://www.alhambra.ws/



Syuさんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/syugalspinal

TAKAさんのブログ
http://tiproject.blog.shinobi.jp/

Takaさんの告知専用ブログ
http://ameblo.jp/tiproject/

小野正利スタッフブログ
http://blog.livedoor.jp/onostaff/


小野正利さんのFacebook
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002346527876

SyuさんのFacebook
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002534380361

YUHKIさんのFacebook
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002550788543

小野正利プロデュース ボーカルスクールビッセ公式Facebook
http://www.facebook.com/totalvoicetrainingbese



[ 小野正利/ガルネリウス ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-31.html

[ 小野正利 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-2.html

[ 小野正利/AKB 48 ] 記事一覧
http://hanahuurin.blog62.fc2.com/blog-category-45.html



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

えすえさん こんにちは!

小野さん、演技してる!って、私も真っ先に思いました(笑)
Syuさんのギターソロの表情とお顔にかかる髪もステキですね。
曲はガルネリウスの新境地にたどりついた感じがしますが、どうなんでしょう?
動画も曲も美しくて、すごくアピールできるMVですね♪
  • posted by SARAH 
  • URL 
  • 2012.09/21 09:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

小野さんのカジュアルディナーライブの次の日早朝から横浜で撮影したのってこれなんですかね~?
詳しい感想は自分のブログでそのうち(気が向いたら)書くとして、ガルネリウスは小野さんが入ってからが第二期だとは思うんですけど、絆あたりからここらへんが本格的な第二期の始まりかな~って気がしました。
  • posted by KEROPON 
  • URL 
  • 2012.09/21 20:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

>SARAHさん
このMVを撮影に行く時にFacebookに小野さんが、
今日は演技もするから・・・のようなコメントがあって、これ観て、なるほどと・・・。
この夏から、小野さん、急にまたFB活発化して来ましたよ♪

Syuさん、昨日は秘密のレコーディングで、長くなった髪を後で束ねていて、
なかなか、それも良いなと思いました。

ガルネリの新境地な感じがしますね~。
今度のアルバムがどういう感じになるのか?
心配でいて、楽しみでもあります♪



>KEROPONさん
私はカジュアルディナーには行っていないのですが、これですね~。
絆あたりからここらへんが本格的な第二期の始まりかな、と
KEROPONさんがおっしゃるように、私も全く同感です。
なので、心配でありながら、楽しみでもあります♪
心配と言えば、ニューアルバムが出て、わずか10日程で東京ライヴなので、
私は殆どアルバムを聴く時間がなさそう・・・って心配も・・・。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.09/22 00:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

>えすえさま

第二期ガルネリウス、古いファンがどれだけついてきてくれるのか、新しいファンをどれだけつかむ事が出来るのか、これからが正念場かな?
それにしても新曲、ポップな色合いとHM、歌謡曲っぽい節回しとクラシック、どこまでも天を目指すボーカルとネオクラシカルな音楽の融合がSyuの味付けで絶妙ですね。アニメの主題歌っぽいな、とか思いました。
  • posted by KEROPON 
  • URL 
  • 2012.09/22 09:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

>KEROPONさん
そうですね!新曲の感想、私も同じです。
多分新境地を開いた感じで、ファンは差し引き増えることになるのでは?
何しろ、今回かなり特徴がはっきりしてきたような感じしますので、
減っても増える!そう思われます。
個人的な好みは、また、ちょっと別としまして・・・。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.09/24 00:31分 
  • [Edit]

悶絶!! 

最高な曲で感動しました。ガルネリはFLAG3部作と呼ばれる3枚目のアルバムまでを音楽性的な第一期、それまでのネオクラ/メロスピ一辺倒路線から日本語詞導入やプログレ強調など幅が広がった「ONE FOR ALL-ALL FOR ONE」以降を第二期と言えると思います。当時の変換期にも賛否両論ありました。バンド内でも激しいやりとりがあったらしく、それがYAMA-B脱退の原因につながった様です。
小野さんが加入したRESURRECTIONからメンバー的な第三期に入りましたが、おっしゃる通り、音楽性的には絆から新機軸がはっきりしてきたと思います。
今回のPVの様な曲こそが、Syuがやりたかった事なのかもしれません。彼が影響を強く受けたと思われるクラッシックやYNGWIE、STRATOVARIUS、Xなどの音楽と日本人が親しみやすい歌謡曲の融合。天才ギタリストと紅白出場した一流歌手だからこそ実現できたある意味ガルネリウスの集大成だと思います。
確かに、求めているものによって賛否両論でるとは思いますが、新生ガルネリウス、私は応援していきます。小野さんにはいつまでも続けて欲しいです。(小野さんファンの方含めて)
  • posted by おでん 
  • URL 
  • 2012.09/24 03:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

>おでんさん
過去のことは詳しくない私ですが、今までの流れと、
今回の展開には目を見張るのがありますね!!
詳しいご説明、ありがとうございます。 

やはり、他のどこかのバンドがすでにやっているようなことではダメで、
今回のような新展開が、他との差別化と共に、
私もSyuさんが本来やってみたかった道の一つではないかと思っています。
今の良きメンバーと、Syuさんを燃え立たせるヴォーカリスト小野さんが居ることで、
このメンバーだったからこそ、成り立ったことなのでしょうね~♪
まだ、ニューアルバムを全部聴いてない段階なのですが・・・。

私の本来の音楽的好みはちょっと違うのですが、それは別として、
こういう方向性を取っているガルを絶賛したいと思います。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.09/26 02:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

>おでんさん

小野さんが入るまでの過去曲は、ライブで歌いそうな代表的っぽいものをさらっと聞いたのみなので、あまり知らなくてすいません。ウィキペディアを見ると、YU-TOさんの前にもベースが変わっていたり、いろいろと変遷があったんですね。
ガルネリウスを聴いていると、Syuさんのギターのすごさはもちろんなのですが、ボーカルの「声」という楽器を生かした作曲能力の高さをものすごく感じます。YAMA-Bさんの時は、やはりその声に一番合うような音域とメロディだったと思います。多分その頃に作った曲のストックもあったのか、RESURRECTIONを初めて聴いた時には、アルバムとして高いレベルではあるんですが、何曲かは音を下げてYAMA-Bさんが歌った方が「はまる」と感じるものもありましたし、「小野の声」という「新しい楽器」を、どこまで高い音が出るか、どこが一番響くか、どんなメロディがはまるか試し弾きしているような印象も受けました。そうやって新しい楽器の特徴を掴んで作られたPHOENIX RISINGはガルネリのそれまでの音楽と新しい楽器の集大成だったと思います。
多分今作からは、新しい楽器の持つポテンシャルとSyuさんの目指す方向性、技量を融合、発展させるという未知の領域に踏み込んでいくと思います。って新しいアルバム聴く前にハードル上げちゃったなあ。
ガルネリがずっと同じ形態ではないように、Syuさんの求めていくものも変わっていくと思いますし、小野さんの声もどこまで持つかはわかりませんが、とにかく、新しいGalneryusはまだ始まったばかりだと思います。

あ、残念ながら私の音楽的好みは全然違います。ごめんなさい。
人のブログに長文書いちゃってすいません。
  • posted by KEROPON 
  • URL 
  • 2012.09/26 22:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

>KEROPONさん

いろいろ講釈たれて申し訳ありませんでした。そして、「新しいファン」の方が音楽の趣味を超えてガルネリウスを応援してくださっているのを知る事ができ、とてもうれしく思います。
デビュー当初からSyuは、「ジャンルに捕われずにちょっとでも聴いてもらえれば一般の人でもこういう音楽を気に入る人は絶対いるはずだから、もっとメタルが自然と耳に入っていける状況を作って行きたい。」と言っていました。これは私自身もすごく感じている事です。メタルは現在残念ながら地下音楽であり、普段耳にする機会はほとんどありません。私はJ-POPも好きですし、メタルしか聴かない訳ではありませんが、自分が本当に好きな音楽をもっとたくさんの人にも聴いてもらいたいと思っています。でも、地下音楽としてのメタルを追求するがあまり、世間からどんどん離れていく人もいます。YAMA-Bはガルネリウス結成前から同人音楽というジャンルでメタルを追求していた生粋のメタラーでした。だから、ガルネリウスで日本語詞をやる事やキャッチーな曲を作る事に否定的だったそうです。SyuとYAMA-Bのどちらの考え方も間違ってないと思います。でも、私としては、小野さんを迎えた事でメタル以外の音楽を嗜好している方々にも聴いてもらえている今のガルネリウスの状況に満足しています。ガルネリウスをきっかけに、メタルを好きになってくれる人が少しでも増えてくれるといいと思います。えすえさんのブログに巡り会い、自分とは異なる観点でガルを熱く支持してくださっている方のご意見を聞くことができとてもうれしいです。これからも一緒にガルネリウスと小野正利を応援していきましょう!
  • posted by おでん 
  • URL 
  • 2012.09/27 03:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

>KEROPONさん
色々とありがとうございます。
本当に私もそう思いました。
今後も、どうガルネリが変わっていくか、非常に楽しみですね!!
小野さんの声は、余程の何かがない限り、続くと思いますよ!!
小野さんは、ああ見えても、さらりと努力されているので、
声は保たれて行くと思われます。



>おでんさん
色々ありがとうございます。
私は元々はJ-POPというよりは、ブルース系のロック(ハードロックやブルース)が好きで、
それを中心に聴いてきました。

小野さんがアマチュア時代にやっていたタイプのモノとはちょっと違いますし、
小野さんご自身のの嗜好とも私は違うな~と思いつつも
小野さんがソロ時代にやっていたPOPSも聴いてきた次第です。
小野さんの他に類を見ないヴォーカルに興味を持ったという訳です。

小野さんのソロ・オンリー時代の曲でも、どちらかと言うと、
ハードロック寄りの曲が好きだったタイプの人です。
メタルはあまり好きではありませんでしたが、
小野さんが加入したことで知ったガルネリの曲やメンバーは、
受け入れるに十分なバンドでした。

私の場合は、ブログでもお分かりになるように、
特に最近はジャンル分けは関係なく、色々好きなものがあるのですが・・・。

ガルネリの場合、曲やメンバーのことだけでなく、
最近の売り方にも興味があります。
これから、益々多くの人の目に触れて聴いて欲しいバンドの一つです。
おでんさんがおっしゃるように、共にガルネリを、小野さんを応援して行きましょう!!
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.09/28 01:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

えすえさん こんにちは(^^)

ミニライブ&握手会、超満員でものすごい熱気でしたよ!!
皆さん既に新譜のコーラスも覚えてしていました♪
最後にまさかの!(というか、皆期待していた~笑)「ANGEL OF SALVATION」フルバージョン演奏、
帰りはメンバー5人ズラッと並んでの握手。ファンには至福のひとときでした。

今回初めて前方で観たらメンバー全員とても美形でいらして驚きました~!
20日のライブは「ANGEL~」のコーラスぐらいは後方から参加したいですが...(笑)
  • posted by SARAH 
  • URL 
  • 2012.10/18 11:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

>SARAHさん
とても良かったみたいですね~!!
5人全員と握手出来たり、あの曲がフルで聴けたなんて~!!
凄すぎですね~♪

ここのところ色々忙しくて、このイベントも断念しました。
ブログも全然更新出来ないし、色々と重なり過ぎて・・・。

ガルネリメンバーも、ここのところリハ続きだったようですね!!
20日のライヴはいつものように遠くで観ることになりそうです。
楽しみにしています~♪
SARAHさんにもお会い出来ると良いのですが・・・。
  • posted by えすえ 
  • URL 
  • 2012.10/19 03:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

フリーエリア

海の底から アンサンブル・プラムベリー

フリーエリア

アンサンブル・プラムベリー 海の底から (歌詞入り)

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

旬の花時計

フリーエリア

海の底から 横浜混声合唱団

FC2カウンター

プロフィール

Author:えすえ
東京都在住
音楽や花、自然、街歩き、ママチャリでのサイクリングなどが大好きですが、突然の病気のため入院や自宅で病気療養。病気は一生お付き合いしなければならないものとなりましたが、現在は普通に生活しています。

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

ウェザーニュース天気予報

日めくりカレンダー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。